異彩を放つ「若者バカ者まちづくりネットワーク」メンバーとの交流で地域再生!

 「若者バカ者まちづくりネットワーク」参加者が早くも二桁に達しました。 

 あなたの会社・地域の商品・産品は、地元では埋もれていても、他地域では
宝物のように高く売れるかもしれない! あなたも場所を変えれば高く売れるかも!


「若者バカ者まちづくりネットワーク」には、各地で異彩を放つ若者バカ者が揃う。
 彼らと交流・連携すれば、あなたの商品や産品を他地域で販売できるし、
逆に他地域の産品を貴方の御店で売ることもできる!

本日は、異彩を放つ「若者バカ者まちづくりネットワーク」メンバーのうち3人を紹介します。
 皆さん、「若者バカ者まちづくりネットワーク」に参加して、
以下のような交流・連携を通して「商店街・地方都市の活性化」を実現しませんか?


人物ファイル1) 東京都八王子市の加藤さん 
 大学が多い「若者の街」八王子市は「百貨店(そごう)撤退後まちづくり」が迷走。
八王子市でアパレル業を営む加藤さんは、腰が曲がったお年寄り用のスラックス
(ほらっ、ポケットが脛部にある有名なアレですよ)を企画して大ヒット!

 でもオチがあってね。加藤さんは問い合わせのある高齢者施設を丁寧に巡回するなど
特許をとる暇がないほど多忙となり「最近、真似されて特許も取られた~」と。

 そんな高齢者に優しい加藤さんの商品は(若者のまち八王子よりも)
高齢化が進む地方都市では絶対に支持されるはず。
 衰退する地方都市商店街は、加藤さんの企画した高齢者向け商品を出品しては如何?


人物ファイル2) 和歌山県和歌山市の森下さん
 和歌山市の街づくり団体「孫市の会」会長の森下さんは、以下記事で紹介しました。
    脱「無縁社会」へ商店主の取組:第5話『和歌山市の森下幸生さん』

 鎧姿で孫市を演じる森下さんの評判は既に全国へ伝わり、各地の御祭やイベントに
招待出演して好評を博しています。
 集客に悩む地域の御祭やイベントに、森下さん達が出演すれば、大盛況するでしょう!


人物ファイル3) 福岡県久留米市の豆津橋さん
 B級グルメ界の顔と言われる豆津橋さんは、以下記事で紹介しました。
    スローフード・セミナー(3月8日、東京国際フォーラム)で司会します

 久留米市はB級グルメの聖地を標榜していますが、未だ食べていない市民も少なくない。
そこで豆津橋さんは「夜の社会科見学」など市民がB級グルメに親しむイベントを相次いで企画。
こういう地道な活動が市民の地域資源への認知と愛着を高めて、まちと市民は豊かになれます!
 衰退する地域の御祭やイベントに、豆津橋さんのノウハウを活かすと、活気づきますよ!



「若者バカ者まちづくりネットワーク」参加と交流に、お願いがあります。
 支援を一方的に要求しないで、同志と「連携する・助け合う」心
をもって参加・交流してください


 この心の大切さは、全てのビジネス書・成功本に必ず書かれています。つまり、
要求(take)ばかりの人は、誰からも相手にされず必ず失敗・衰退します
  (支援ばかり要求して、自らは努力も他者貢献も出来ない商店街は、その典型!)
成功したいなら、先ず相手(市民や他地域)に貢献(give)することを考えて行動しろ!と。

 「若者バカ者まちづくりネットワーク」は、そのプラットフォームになります。
参加と交流は http://www.facebook.com/wakamono.net から!


地域再生プランナー、「若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 久繁哲之介
地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?
(2010/07/07)
久繁 哲之介

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : 地域活性化のために
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR