スローフード・セミナー(3月8日、東京国際フォーラム)で司会&講演します

 3月8日(火)15:25~17:15、東京国際フォーラム D-5ホール にて開催する
『食のまちづくり~市民のニーズはスローフードにあり』セミナー
コーディネーター(司会)を務めます。

 地域再生に”脱オヤジ思考”を唱える久繁哲之介は、
コーディネーターとして、パネラーに女性2名と、男性1名は若手(?40歳代)をお招きして
それぞれ、次2つの視点から「スローフードな食まちづくり」を論じて頂く予定です。

  パネラー氏名   業界の顔   地域の顔  
  豆津橋渡さん   B級グルメ    久留米
  野田文子さん   野菜直売所   内子
  河崎妙子さん   伝統料理    鳥取

 
 話題の「B級グルメ」と「野菜直売所」の動向については、拙著
『地域再生の罠』で詳解していますが、当セミナーでは各業界の顔と言われる
「愛Bリーグ副会長 豆津橋渡さん」と「観光カリスマ 野田文子さん」が登壇する
B級グルメと野菜直売所の関係者は必見のセミナーです。

 どなたでも無料で参加できますが、先着400名で以下サイトより事前申込が必要です。
http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/6_gyomu/jissen/h23gyo_jissen_forum_h22_00.htm

 申込書下段に質問記入欄があります。是非あなたの質問・関心事をご記入ください。
私は全てのコメントに目を通して、セミナー運営に反映致します。


 さて、B級グルメと言えば二日前、日本テレビ出演の収録にて
「B級グルメの落とし穴」を語りました。その論点の一つを紹介しましょう。

 B級グルメを「観光客を呼び込む町おこしの手段」と誤解
している方が非常に多いのですが、B級グルメの本質・意義は
「地元客が楽しく・ゆったりと交流する為の媒介」です。
 
 B級グルメ等の郷土食には、飲食店主を含む市民を繋げて、観光者も巻き込む力がある。
そう、観光者は地元に浸透する交流・文化・生活と直に「繋がり」たくて
わざわざ遠方から来てくれるのです。東京など大都市には、すぐ模倣店が造られるので
「食べるだけ」なら、わざわざ現地へは行きません。
つまり、地元客に愛されない郷土食は、観光資源にはならないのです。

 B級グルメ取組も、商店街取組も、提供者側が自店の利益ばかり考えて
「人の繋がり」を軽視しすぎる傾向が強く、ここに落とし穴があります。

 豆津橋渡さんは、このような活動を地元で地道に続けています。
B級グルメ関係者の皆さん、それを彼のブログから学んでください。
  B級グルメの聖地久留米研究所weblog

 最後に、当セミナー会場「東京国際フォーラム」は、東京駅の近くです。
私と直接お話したい方、この機会に当セミナーの会場「前列に着席」されて、
閉会後すぐ壇上の私に「久繁さん、こっち来て」等と声をかけてください。
 降壇して、あなたの元に伺います。


     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  


関連記事

テーマ : 雑誌掲載&取材
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

3月8日

私も、「豆さん、こっち来て」等と声をかけてください。
 降壇して、あなたの元に伺います。
お気軽に・・・
プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR