定年後ライフシフト(1)海外へ移住という選択肢をもち、広い視野で定年後を考える

 私は1962年生まれ。同級生の多くが今週末(3月末)で「定年(退職)」を迎える。
彼らから「おまえはどうする?」に始まり「定年後の相談・連絡」が最近ほぼ毎日ある。

 それをネタに「定年(退職)後の生活・お金、ライフシフト」の話を体系(連載)化します。
まず「おまえ(久繁)はどうする?」に答えておきます。 もう少し今の仕事を続けてます。

 専門の「まちづくり、地方創生」に、皆が関心をもつ「定年(退職)後の生活・お金、
ライフシフト」を加味して「定年後の移住・まちづくり」をテーマの一つにします。


さて、初回ブログ記事は
海外へ移住という選択肢も持ち、広い視野で定年後をライフシフトする」話。

「定年後の相談」をする同級生の多くは「日本で暮らし続ける」という前提をもっています。
この前提、昔は当然。 だが、日本が住みにくい国になった、今後は前提を変えるべき。

つまり「海外に移住(滞在・2地域居住を含む)」という選択肢も持ち、日本を考えてみる。
海外には日本より「収入・幸福度が高まる国、生活費が下がる国」が多くある。

お金が心配な人は、生活費が下がる国に移住(滞在・2地域居住)という選択肢をもつ。
収入・やりがいが欲しい人は、それが可能な国に移住という選択肢をもち定年後を考える。

事実、海外へ移住する人は増えています。海外在留邦人数調査統計2022で移住先を見ると
「収入・幸福度を高まる国、生活費が下がる国」の人気が高い、と分かります。

 海外への移住者(海外在留邦人)数が多いベスト5
1位 アメリカ     41.9万人
2位 中国       10.2万人
3位 オーストラリア  9.5万人
4位 タイ        7.8万人
5位 カナダ      7.4万人

 海外への移住者(海外在留邦人)数が多い都市ベスト5
1位 ロサンゼルス都市圏(アメリカ) 6.5万人
2位 バンコク(タイ)            5.6万人
3位 ニューヨーク都市圏(アメリカ)  3.8万人
4位 上海(中国)             3.7万人
5位 大ロンドン市(英国)        3.3万人


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

popa.jpg

コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方
(2012/10/01)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR