出生率9年連続減少の北欧が、新しい少子化対策「労働の在宅化」で、出生率1.35から1.46へ上昇

 少子化(出生率の低下)は日本だけでなく、世界的な課題!

日本が少子化対策の手本にしてきた北欧でも、出生率の下降は深刻。 
特に、フィンランドは出生率が2010年1.87から2019年1.35へ9年連続で減少。

フィンランドは2020年1月、新しい少子化対策として「労働の在宅化」を法制化した。
労働時間法で「労働時間の半分以上を自宅など好きな場所で働ける権利」を認めた。 

 少子化の原因(は複雑だが)として「女性の働きたい意欲の上昇」に注目して、
労働の在宅化(在宅勤務が基本の働き方改革)を少子化対策と位置付けた。

 在宅なら子育てと仕事を両立できる。 労働の在宅化により、
フィンランドの出生率は2年連続で上昇!

フィンランドの出生率の推移
 年度    2010   2019   2020   2021 
 出生率   1.87   1.35    1.37   1.46

 少子化の原因は、女性の「働きたい意識(働かざるをえない状況)」の上昇
にあり、労働の在宅化が少子化対策になる事を以下の本で学べます。
 日本も、労働の在宅化を推進して、少子化に歯止めをかけよう!



 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら
関連記事

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR