個人のインフレ対策は豪10年国債4.1%投資~国は世界標準の「借金依存しない体制、金利政策」へ改革

「円安→インフレ→値上げ」が加速して、生活費が上昇しています。
インフレ対策の投資・預金に豪10年国債:利回り4.1%は如何?

 米国の3.2%、カナダ3.3%も魅力! 日本の0.2%は論外。これでは
日本への投資・預金は減り続け、円安が加速するよね。
 10年国債の利回り推移は以下のとおり(少数2桁は切捨)。

    今年6月17日  2020年4月  2018年4月
日本  0.2%      △0.2%     0.0%
米国  3.2%       0.5%     3.2%
豪州  4.1%       1.0%     2.7%

国債など金利・利回りの世界標準は、コロナ禍など不景気の時だけ低金利にして
景気の浮揚を図る。 景気が良くなれば、金利は元の高い水準に戻す。

日本だけが、世界標準でなく、低金利を超越したゼロ金利という愚策を続ける。
理由は、国債(国の借金)額が異常に多く、金利を上げると返済できないから。

ゼロ金利(に近い低金利)を続ける日本は「円安→インフレ→値上げ」が続く。
個人の対応策は、海外移住か、お金だけ海外移転(例えば、豪10年国債に投資)。

その結果「円安→インフレ→値上げ」が更に加速する悪循環に陥っている。
根本的な解決策は、国が世界標準の「借金依存しない体制、金利政策」へ改革!


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

関連記事

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR