「千葉県民のためのエール」(船橋、八千代産クラフトビール)誕生~特産品を売る方法

船橋産の小松菜、八千代産のパクチーを使った「千葉県民のためのエール(ビール)」誕生!

クラフトビール(地ビール)は職人の手作りで、キリンなど大手メーカーの量産品と比べると
価格は高い。 これは地ビール以外の特産品すべてに共通する「売りにくい悩み」です。

特産品を売るコツは、開発に関わった人たちの「地域への想い」など物語・ストーリーを
商品と共に消費して頂くこと。 そこで、このビール開発に関わった話題の人を紹介します。

 まず、拙著『商店街再生の罠』に登場した岡直樹さん。 交流の拠点・居場所づくりで
船橋・千葉エリアを活性化した岡さん、今度は地ビールづくりに挑戦!

 次は大物ですよ。 元よしもと芸人「立川あゆみ」さん。八千代産のパクチーは
彼女が経営する「パクチーシスターズ」のもの。コロナ禍の昨年3月、立川あゆみさんの
イラストが描かれたパクチー自動販売機の設置は話題になりましたね。 

下記インタビューで「芸人人生で、ウケることの大変さを痛感」と語る立川あゆみさん
が関わる「千葉県民のためのエール(ビール)」巷で、ウケてますよ。 是非ご賞味ください。
 パクチー姉さんこと、立川あゆみさんインタビュー(自動販売機の写真あり)

funabasi.jpg


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら


関連記事

テーマ : 地方創生
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR