公務員と議員の(給与・人数を削減する)リストラを行う方法~よい政治家は、首を覚悟して、ムダな支出・既得権を切る

明日7月4日は都議選。 【よい政治家を選ぶ基準と、
公務員と議員の(給与・人数を削減する)リストラを行う方法】とは? 


ムダな支出・既得権は票田。よい政治家はコレを切る

よい政治家は、首を覚悟して、ムダな支出・既得権を切ると公約できる。
ムダな支出・既得権は票田だから、首を覚悟しないと公約できません。

ダメな政治家は、この逆。自分が政治家になることが目的だから「票田である
ムダな支出・既得権を肥大化する為の綺麗事」を公約にします。

財政破綻の危機にある京都市が「職員・議員のリストラ、敬老パスの廃止」を
行う政策は「首を覚悟して、ムダな支出・既得権を切る」好例です。
京都市「財政破綻」の危機~高い職員給与・手厚い敬老パス:読売新聞5.26


公務員と議員の(給与・人数を削減する)リストラを行う方法

公務員と議員の(給与・人数を削減する)リストラと、手厚すぎる高齢者福祉の見直しは、
コロナ禍と人口減少で税収が減る今、最も必要な政策と言われる。

だが、政治家にとって「高齢者は票田、公務員と議員は協力者」だから、リストラは難しい。
その難しいリストラを公約した京都市長は(立派な訳ではなく)、首を覚悟しただけの様です。

京都市長は今70歳の高齢で、市長歴13年。 「京都市が財政破綻の危機に陥った原因は、
京都市長の13年におよぶダメな政策にある」との報道・投稿が増えた結果
「職員・議員のリストラ、敬老パスの廃止」の公約を迫られたのでしょう。

 参考: YAHOOで「門川大作」と検索すると、予測変換の筆頭が「辞めろ」です。
京都市「財政破綻」危機の経緯等は、こちらでご確認ください。

この例は、無能な政治家が襟を正すには、私たち市民の投稿とマスコミ報道が効くことを
示唆します。 皆さん、政治家が襟を正すような情報発信をして、日本を再生しよう!


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら


関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR