「天下り官僚を雇用しないと、認可を貰えない(創造性・自由を発揮できない)」天下りの弊害は、税金の浪費より、教育・人の劣化

 天下りの仕組みと弊害を、内田樹著『コモンの再生』からの引用で問題提起します。
同書129頁「小学1年生の道徳の教科書検定」は、日本の教育劣化を象徴する話。

 小学1年生の道徳教科書に「パン屋」が出てくるのを、役所から「我が国や郷土の
文化と生活に親しみ、愛着をもつ内容になっていない」と意見が付き、教科書会社が
「パン屋」を「和菓子屋」に変えたら検定を通ったということで問題になりました。


 これ、問題が多すぎ、かつ深刻すぎ。 以下は問題の一例です。
1) 小学1年生は「和菓子」という漢字を読めない。
2) パン屋は全国どの町にもあるが、和菓子屋は数が少なく、実物をイメージできない。
3) 事情通(天下り官僚)が「パン屋を和菓子屋に 変えたら検定に通る」と助言したら、
 検定に通る。 つまり、天下り官僚を雇用しないと「検定に通らない=認可をもらえない」!

 この天下りの仕組みを同書128頁で「天下りのマッチポンプ」と定義。

 役所は「暗号解読の専門家(天下り官僚)がいないと解読できない通達」や「事情通
(天下り官僚)がいないと申請の仕方が分からない助成金」を出し続けることで(中略)
「天下り」の雇用を創出している。


 マッチポンプとは、自らマッチで火をつけ、自らポンプで水を掛けて消す犯罪のように、
自分の利益獲得の為に、わざと自分で問題・犯罪を起こし、自ら解決すること。

 同書は「天下りを犯罪」と婉曲的に描写するが、これを私的に整理します。
天下りの弊害として、マスコミの指摘は「高給を貰いすぎ」という金の話ばかり。

だが、この例から「小学1年生が読めない漢字を使う、実物をイメージできない例を使う」
という「教育の劣化」など、天下りにより深刻な弊害が生じている


だから「日本の再生は、コモン(公務員・政治家など公職)の再生」から始まる!と説く
同書「コモンの再生」著者の内田樹氏に拍手をおくりたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コモンの再生 [ 内田 樹 ]
価格:1595円(税込、送料無料) (2021/6/25時点)




 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之に介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  
関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR