千葉市役所の「連絡はメールかチャット(電話禁止令)」政策が高評価~電話は日本の生産性が低い元凶

電話禁止令が日本の生産性を高める

 千葉市役所が3月22日、職員に「連絡はメールかチャット(電話禁止令)」通知を発出。
千葉市の「電話禁止令」政策は今、日本の生産性を高める、という観点から話題です。

 以下サイトで、通知文(公文書)と政策の狙いを見ることができます。
電話の取り次ぎは無駄?千葉市役所が「チャットファースト」にかじを切ったワケ
 
 この記事で注目すべきは、通知を発出した千葉市CIO補佐監による次の発言ですね。
電話の取り次ぎが無駄となり、電話のやりとりそのものが課題となった」

 この主旨を、2チャンネル創設者ひろゆき氏が以下サイトで分かりやすく解説しています。
ひろゆき氏“電話不要論” 立場が強くて無能な人ほど使いたがる、仕事してる人には邪魔

 この記事の中で、ひろゆき氏による次の発言に、私は共感します。
立場が強くて、無能な人ほど(電話を)使いたがるんですよね。文章にまとめる
のって、頭の中で、まとめる能力を使って、説明文を書いたりしないといけないので。
それすらできない頭の悪い人が、相手に電話をかけて口頭で思いついた順に伝える
結果として、どこかに記録が残った方が仕事としてはうまく進むんですよ。でも、
そういうのに気が回らない無能で立場の上の人が使いたがるので、
若い人が嫌がるのは当然


電話は大切な人と感情を共有するツール、仕事に不向き

 電話は「プライベートで、家族や恋人など仲が良いヒト同志が、感情を共有・確認しあう」
時に使うツール。 仕事では、相手の時間・生産性・モチベーションを奪うので使用禁止。 

最近の失敗例で言えば、ワクチン接種の予約を電話させる(結果、混乱を予想できない)とか
「気が回らない無能で立場の上の人が使いたがる」典型ですね。


若者が電話を嫌う理由~電話は時間とモチベーションを奪う


「電話の取り次ぎが無駄」と「若い人が電話を嫌がる」はセットで考えると分かりやすい。
メルアドは個人毎だが、電話番号は組織に1つ。電話を使うのは、立場・年齢が高い者なのに、
電話に出る(取り次ぎ)という無駄な作業は、役職・年齢が低い者に押し付けられる。

 取り次ぐ相手が席にいれば、取り次ぎ時間は5秒で、被害は生産性が落ちるだけで済む。
だが、立場・年齢が高い者は気が回らないから、電話をかけて「大至急、折り返して」と
先方に言っておきながら、平然と離席する。

 こんな電話に出るのは厄介だ。先方は「大至急、折り返して。と言うから直ぐ電話したのに
離席するって失礼だろ」等と怒るから、謝罪を含め、取り次ぎ時間は1分ほど要する。
双方の管理職が気が回らないと、取り次ぎの往復が続く「電話の鬼ごっこ」が起きる。

 若い人は「時間とモチベーションを奪われる電話」を嫌がるのは当然で、
「電話をかけるなら双方が、組織の電話は使わず、個人の電話を使え」と思っていますよ。

 
 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり
(2008/04)
久繁 哲之介

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR