龍ヶ崎市役所で4月、3人も自殺~マスゴミは「民間の不祥事は過剰に叩くvs官の不祥事は隠蔽に協力」

龍ヶ崎市役所で4月、3人が自殺していた、と本日、茨城新聞が報道(詳細はココをクリック)

「小さな市役所で1ヶ月に、3人も自殺」って、本来なら、衝撃的なニュースで、電通で1人が
自殺した時のように、大きな社会問題として報道されるはず。

しかし、報道は地元の、ローカル新聞だけが、自殺から10日以上も後に
「4月、3人が自殺していた」と、過ぎ去った出来事として報じるのみ。

なぜ全国区のテレビ新聞は「小さな市役所で1ヶ月に、3人も自殺」した大きな社会問題を
報道しないのか? 電通と龍ヶ崎市役所の差、つまり「官民の差」でしょうね。

 マスゴミは、電通など民間の不祥事は、忖度が不要で、過剰すぎるほど叩く。
過剰に叩くと、正義面できるし、視聴率が取れる1石2鳥の効果を得られる。

しかし、政治家・役所など官の不祥事は、遠慮・忖度して、隠蔽に協力する。

 権力者には忖度(媚を売る)、逆らえない者は叩く(弱い物いじめ)格好悪さ、
忖度する効果など詳細は、以下の本で学べます。
【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら
関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR