商店街活性化講座 3「賑わう商店街5つの法則」~さるくシティ403(佐世保市)編

 連載企画「商店街活性化講座」第3弾です。

長崎県佐世保市(人口約25万人)の「さるくシティ403」は、二つの商店街
(四ヶ町商店街、三ヶ町商店街)と地場百貨店(玉屋)の3者を合わせた名称です。

 3者を合わせる意図は、全長が「直線のアーケード商店街として日本一」の
960㍍に達するからだと言われる。
 賑わう商店街5つの法則の第一「商店街の全長が長い=集積度が高い」を検証するのに
さるくシティ403は格好の事例です。

 本題に入る前に、少しウンチク話です。
 商店街の「直線全長」の日本一は、大阪市「天神橋筋商店街」ですが、ここは
アーケードが道路で分断されています。
 商店街の「全長」の日本一は、香川県高松市「高松中央商店街」ですが、ここは
直線ではありません。 
 
 この「全長の長い」3つの商店街は、いずれも日本有数の「賑わう商店街」として有名で、
賑わう商店街5つの法則の第一「商店街の全長が長い=集積度が高い」を立証しています。

 各商店街が最も力を入れる取組にも「賑わう商店街5つの法則」を垣間見ることができます。

「高松中央商店街」は、再開発を機に「所有と経営の分離」(5つの法則:4A)を導入。
「天神橋筋商店街」は、「所有者と市民の協働まちづくり組織」(5つの法則:4B)を導入。
「さるくシティ403」は、「4A、4Bを共存」させた事例として私は注目しています。

 さるくシティ403は、所有と経営の分離を進め、全国チェーン店が全体の約3割を占めます。
写真1が示すように、まるで郊外ロードサイドと同じような光景(店舗群)が街中にあります。

 街中にオフィスや学校のある市民にとっては、「郊外ロードサイドと同質の商店街」に
通勤・通学の”ついでに”立ち寄ることできれば、週末に車で郊外ロードサイド店に行くより
「時間、ガソリン代、二酸化炭素排出」を抑制できます。

 さるくシティ403は、全国チェーン店の集客力を地元商店群が上手に利用して
「共存」しているように見えます。全国チェーン店の「全国どこでも、いつでも同じもの」を
入手できる魅力と、地元商店の「当店・当地域ならではの逸品、本日のオススメ」魅力とが
混在して、市民のニーズを「集積した多くの店のどこか」が満たしてくれそうな感じが漂う。

 写真2は、JR佐世保駅から遠い三ヶ町商店街の一角です。さるくシティ403の中で
立地条件の悪い場所なので、空き店舗も目立つ。こういう「需要の低い」場所は
「安い賃料で」収益を重視しない音楽教室など交流・文化施設を導入する。
 
 場所と需要に応じた「賃料設定、テナント選定」の仕組みにより、さるくシティ403は
市民にとって「単に物を買う場だけでなく、居心地の良い交流の場」としても機能しているようです。

 賑わう商店街5つの法則「1と2」=立地条件に恵まれない商店街は、この仕組みと
法則3「車排除=人優先」から導入してみませんか。 


写真1 四ヶ町商店街「全国チェーン店集積ゾーン?」
四ヶ町1

写真2 三ヶ町商店街「交流の場(空き店舗対策)ゾーン?」
三ヶ町2



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

関連記事

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR