「9月上旬は株価が暴落」アノマリーを知り、リスク回避(トク)しよう~今年のリスク:コロナ、中国の洪水危機、首相交代(による軍事挑発)

9月上旬は株価が暴落する事件がよく起きる。例を挙げます(カッコ内は年度)。

911テロ(2001)、リーマンショック(2008)、ギリシャ危機(2011)、中国危機(2015)、
北朝鮮の核実験(2017等:北朝鮮は、9月9日が建国記念日で、2017年に限らず
9月上旬に暴れる年が多い)

今年は、コロナ、中国の洪水危機、首相交代(による軍事挑発)等、リスクが多い。
特に、中国の洪水危機は日本で報道されないが、海外で危惧される記事はコチラ


皆さん、「9月上旬は株価が暴落」アノマリー知り、リスクを回避(トク)しましょう。

リスクを回避(トク)する具体例を挙げます。 このアノマリーは有名で、9月上旬前に
「株などリスク資産の比率を下げ、現金保有率を上げる」投資家が少なくない。
(この行動も、9月上旬に株価を下げる一要因)

彼らは9月上旬に株価が下がった時に、現金化しておいた資金で株を買いなおす。
9月末は、配当を出す企業が多く、配当もゲットして、利益の最大化を図る。

                以上、投資は自己責任で!


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

popa.jpg

コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方
(2012/10/01)
久繁 哲之介

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR