AIで消える仕事は、在宅勤務・テレワークで早期に消える仕事~働き方改革とは「会議が不要な仕組み。営業が不要な商品」を創る事

外出自粛は休日だけで失敗したコロナ第1波の教訓

コロナ第2波も、外出自粛は4連休(休日)だけで、平日の3密は放置。
コロナ第1波の失敗が全く活かされてなくて失望。

コロナ第1波の初期3月下旬、外出自粛は休日だけで「平日は3密でも仕事しろ」
と言わんばかりに「平日の3密は放置」され、コロナ感染は爆発した。

平日の3密(通勤電車、会議)抑制=非常事態宣言は、休日だけの外出自粛から
2週間後(コロナ爆発後)
だった第1波の失敗を又、繰り返すのでしょうか?

参考資料 【コロナ影響調査】外出自粛の影響。平日・休日別


外出自粛(3密の抑制)は休日より平日にこそ必要

外出自粛(3密の抑制)は休日より平日にこそ必要と、そろそろ正しい認識を持とう。
「平日の自粛は、仕事(経済)が回らない」って古い考えを改める認識の事です。

AIで消える仕事は、コロナ禍の在宅勤務・テレワーク導入で早期に消える」と
認識すればイイ。 AIで消える仕事は2013年、オックスフォード大学が「雇用の未来」で認定。

雇用の未来でオックスフォード大学が認定 2020年代前半に「消える職業、なくなる仕事」


AIで消える仕事の筆頭は「銀行等の融資」

AIで消える仕事の筆頭が「銀行等の融資」である理由から、AIで消える仕事の特性は
「会議(議会)・営業に時間と金を投資して、仕事をした錯覚に陥る」古い考え、と分かる。

融資の内容等の意思決定は、長時間の「会議はムダ」で、AIに任せた方が効果的。
融資先を探す「人海戦術的な営業はムダ」で、AIに任せた方が効果的。

そもそも、融資の内容は銀行毎に、差・個性が無く、銀行そのものが9割は消える
参考資料 銀行の9割、銀行員の99%は「消える」
換言すると、他社と差・個性が無く、営業が必要な商品に係る仕事・人は99%が不要


働き方改革とは、会議・営業が不要な仕組み・商品を創る事

個性的な商品を創れば、会議・営業しなくても(在宅勤務・テレワークで)売れる。
他社と差・個性が無い商品を保持したまま、在宅勤務・テレワークの導入は無理。

在宅勤務・テレワークの導入は、営業が不要な個性的な商品を創りが前提となる。
つまり、働き方改革とは「会議が不要な仕組み創り、営業が不要な商品創り」をいう。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

popa.jpg

コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方
(2012/10/01)
久繁 哲之介

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR