「女を容姿で選ぶ男、男を金で選ぶ女」は離婚率が高い~金もちは男女平等で助け合う 『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』書評1

名著『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』 書評1回目。
お金持ちになる方法は、人口減少(結婚)政策にも役立つ意外な発見!


1億円を貯めるには「仕事、投資、配偶者」の選定 が重要

1億円を貯める・稼ぐ方法として本書は、次の要素に分けて解説している。
仕事・職業、投資、マインドセット、ライフスタイル、配偶者の選定

1億円を貯める・稼ぐ方法として「配偶者の選定」が重要って意外ですよね。
そこで「配偶者の選定」の方法と、役に立つ調査を本書から紹介します。


「女を容姿で選ぶ男、男を金で選ぶ女」は離婚率が高い

「お金もち」は離婚率が非常に低いvs「(お金もちでない)一般人」は離婚率が高い
という事実に着眼し、本書は調査を重ね、両者の「配偶者の選定基準」の差を明らかにした。

一般人が、配偶者の選定に最も重視する要素は「男は容姿、女は金」。 つまり、
一般の男は「女を容姿で選ぶ」 一般の女は「男を金(経済力)で選ぶ」


配偶者の選定は離婚減少→人口減少政策にも有効

離婚大国アメリカの「配偶者の選定基準」は、日本と同じで、日本も離婚率が急増し、
出生率(人口)急減の一因である。 つまり、配偶者選定は人口減少政策にもなる。

この話は、拙著『競わない地方創生~人口急減の真実』にて。 話を戻します。


リストラ増加→経済力が劣化する男の増加→離婚率上昇

男を金で選び、結婚した一般の女は、男の経済力が劣化すると、高い確率で、離婚する。
倒産やリストラの増加で、経済力が劣化する夫も増え、離婚率は上昇中。

だからアメリカでは、起業・転職支援など「男の経済力を高める仕事」が有望。
起業・転職支援は高収入に加え、離婚を減らす、人口減少政策からも評価される。

女を容姿で選び、結婚した一般の男は、女の容姿が劣化すると、高い確率で、離婚する。
だからアメリカでは、ヨガなど「女の容姿を磨く関係の仕事」が有望。 ヨガ人気、納得ですね!


お金もち(夫婦)は「男女平等で助け合う」マインドセット

お金持ちが、配偶者の選定に最も重視する要素は、男女とも「男女平等で助け合う」
マインドセット
と、他人を助けるのに必要な「仕事のスキルや知性」。

倒産等で、夫が経済力を失った時、一般の女は財産が減る前に、離婚する。一方、
お金もちの女は、夫の経済力再生に向けて、自分も働く等、夫を助ける

夫も、男女平等のマインドセットが有るので、妻が働くor妻との共同経営を快く実践して、
以前よりも高い経済力を実現して「1億円を貯める」に至る、という。


妻が助けてくれるから、失敗を恐れず、挑戦・成功できる

 両者の差は、非常に大きい。 
一般の女と結婚すると、夫は経済力を失う時、妻も失う。  再生は難しいから
失敗・リスクを恐れ、挑戦できない。

一方、お金もちマインドの女と結婚すれば、夫は経済力を失った時、妻が助けてくれる。
だから、失敗を恐れず、挑戦できて「仕事で成功しやすい(お金もちになりやすい)
」。

経済力(仕事の好不調)の波が激しい今、配偶者の選定こそ、お金もちになる秘訣!
と説く 名著 『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』は 面白くて役に立つ。





 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら


関連記事

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR