商店街活性化講座2「賑わう商店街5つの法則」

 連載企画「商店街活性化講座」第2弾です。

 今回の着眼点は、賑わう商店街から「共通項=法則」を抽出します。
ここでは、次の5つを挙げます。

1)商店街の全長が長い。=集積度が高い。

2)乗降者の多い駅、学校やオフィスが近くにある。
 =通勤・通学の途中に寄ってもらえる。ランチ需要をとりこめる。

3)自動車の進入排除(自転車も走行禁止なら尚良い)。
 =人が優先される安全な空間は、ゆっくり安心して滞在できる。

4A)所有者が経営を分離(放棄)して、高い集客力(家賃)を担保できるテナントを集める。
  =全国チェーンに席巻された商店街は「賑わうが、市民にあまり愛されていない。

4B)所有者が「自分と同じ市民(特に高齢者)の目線」から自ら経営する。
  =4Aより短期利益は劣るが、市民の交流に繋がり長期にわたり市民から愛される。

 

 この「賑わう商店街5つの法則」には、3つの注意点がある。

①法則1と2は、いわゆる「立地条件」であり、自助努力では改善できない。
 (しかし現実は、この法則で成功する事例の取組を、条件の違う商店街が猿真似してしまう)
 
②法則3以下は自助努力が可能で、難易度も高くはない。
 (しかし現実は、改善に努める商店街は非常に少ない)
 →法則1・2に恵まれない商店街は、まず法則3を導入してみませんか!

③4Aと4Bは、個店では二者択一だが、商店街では共存可能、共存が魅力を高める。
 (しかし現実は、個店は所有したままシャッターを閉めることが多い。
  商店街全体は「二者択一」になりやすく、共存させる商店街は少ない)
 →法則3導入後、4Aと4Bの共存施策を考えましょう!



 賑わう商店街5つの法則については次回、個別の商店街を紹介しながら考察する予定です。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

関連記事

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR