人生の満足度を下げた趣味トップ3(ゲーム、ネットサーフィン、SNS)は Stay Home(ひきこもり)系~Stay Home 心のリスク

Stay Home(ひきこもり)長時間化は、人生の満足度を下げる、という調査を紹介。

人生の満足度調査によれば「ハマりすぎて人生の満足度を下げた趣味トップ3は、
ゲーム、ネットサーフィン、SNS」。 3つとも、ひきこもり系、画面にらめっこ系

一方、人生の満足度を高めた趣味1位の旅行は、2位のグルメをダブルスコアで離す
ダントツ首位。 旅行もグルメも、外出おでかけ系、金がかかる系

 起業で成功しやすい業態は「旅行・観光業、飲食業」と言われる所以が、ここにある。
旅行とグルメは、人生度の満足度を高めるべく、多くの人が、金を投資する趣味だから、
利益率を高く設定できる。

 さて、日本人は「外出で満足度が高まる vs Stay Home(ひきこもり)長時間化で
不満になる
」理由は何か? 国際比較から、次2つの理由があると考えます。

1) 住宅の狭さ: 家は寝に帰るだけのウサギ小屋(庭でも有れば、菜園を楽しめる)
2) 独身(単身世帯)率の高さ: 家では、ひとりぼっち(話し相手もいない)

 こう考えると、地方移住で「庭(畑)つき広い住宅に、家族と暮らす人」の多くが
Stay Homeを楽しむ話をする事に納得!

 一方、大都市では。外出自粛が長期化する昨今、他人を非難・攻撃する著名人の
SNS投稿が目立つ。 他人を非難・攻撃する人って、自分の満足度が低い。

自分が孤独(ひとり)で不幸だから、他人の小さな粗を許容できず、非難・攻撃する。
Stay Home(ひきこもり)が長時間化するほど、他人・社会に迷惑かける。

Stay Home〔ひきこもれ、家に居ろ〕要請の長時間化による「経済」リスクの指摘は多い。
経済リスクに加え、「心」のリスクも考慮が必要だろう。

 この問題の解決にも、地方移住と婚活を核とした人口減少対策は有効!
地方移住と婚活を核とした人口減少対策の詳細は、以下の本が詳しい。



 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

関連記事

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR