出生率の高さは、福祉の充実度に起因し、国民の幸福度も高める~ベーシック・インカムという少子化(人口減少)政策

ベーシック・インカムは次4つの大きな効果が期待できる、日本に必要な政策
である理由と導入方法を、前回ブログ(はコチラ) から連載しています。

1 政策の「不公平、不透明、癒着・裁量」行政を撲滅=行政改革
2 起業(挑戦)者が増える・ブラック企業を撲滅=働き方改革
3 消費が増える=コロナ恐慌、デフレ脱却政策
4 人口が増える=少子化(人口減少)政策


前回はベーシック・インカム(以下、BI)の概要と、1を紹介。 今回は2以降。 まず、
出生率の高さは、福祉の充実度に起因し、国民の幸福度も高める事実に注目
 
出生率の高い国(テンマークなど北欧)は、福祉が優れ、国民の幸福度も高い
出生率の低い国(日本、スペインなど南欧)は、福祉が劣悪、国民の幸福度も低い
 データ) 世界幸福度ランキング(huffingtonpost)  先進国の出生率(内閣府)

福祉を充実すれば、国民は幸福度を高め、安心して、消費や結婚(出産)を楽しむ
問題は、どの福祉政策が日本に最適・必要なのか?

出生率の低いスペインがコロナ恐慌を機に4月5日、BIの導入を宣言しました。
BIとは「最低所得保障」のことで、国民皆へ一律に同額の最低生活費を支給する
「公平、透明」な政策です。

一方、日本の政策がダメな原因は「不公平、不透明、癒着・裁量」行政だから、 
「国民が安心して生活(消費、出産など)できない」事に尽きる。

 例えば、子育て支援政策は、保育園の整備に膨大な時間と金をかけるが、
利用できない者が未だに多い。

 「保育園落ちた。日本死ね」に象徴されるように、利用できる・できない不公平感
をもつ人は非常に多い。結果「利用できないかも」と安心できないから、
出生者数は上がらない。むしろ、下がり続けている
 現在と将来に安心できないから、結婚・出産の願望をもてない(詳細は以下)。
2019年の出生数は86万人~少子化・人口急減の原因は、結婚願望の急減

 BIは日本の「不公平、不透明、癒着・裁量」行政を解消する最適な政策
だが、BIを導入する前例は無い。そこで、初めて導入するスペインの方法に注目。

BIを、コロナ恐慌対策としてのみ導入するには、あまりにも早すぎます。 多分、
前もって「福祉を充実して、国民の幸福度を高め、消費や結婚(出産)を喚起」する
政策として、BI導入を周到に準備していて、実践すべき時期を窺っていたのでしょう。

前例が無いBI導入という改革を、平時に実践しようとすれば、既得権者などに潰される。
そこで、周到に準備しておいて、危機が到来した時に、さっと実践したと思われます。

この「政策立案、仕事」の進め方は、すごく重要で、皆さんも実践しましょう。 つまり、
既得権者に潰されそうな改革は、平時に実践せず、周到に準備しておいて、
危機が到来した時に実践する!


これは応用できる範囲が広い。 例えば、異性や大物を口説きたいなら、平時では
見向きもされない可能性が高い。相手が悩む危機の時、一番のりでアプローチしよう!

 以上の「政策立案、仕事」の進め方は、以下の本で学べます。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら
関連記事

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR