2019年の出生数は86万人? 少子化・人口急減の原因は、結婚願望の急減~結婚できない、より深刻な、結婚したくない若者の急増

出生数が4年で14%も減少、2019年の出生数は86万人の見込

2019年の出生数見込は86万人(算定方法は 注1)。
国が僅か2年前に策定した人口推計より、急激な人口減少が進む(推計の詳細は 注2)。

注1)人口動態統計1月~7月の出生数が前年同期比5.9%減の51.8万人。
 昨年の出生数91.8万人が5.9%減と想定すると、今年の出生数は86.3万人。
 出生数の推移(単位:万人)は次のように、人口減少が急激に進んでいると分かる。

年         2015   2016   2017   2018  2019(見込)
出生数(万人)    100.5   97.6   94.6   91.8   86.3(見込)

注2) 国が僅か2年前の2017年に策定した人口推計の出生数見込は
 2019年が92.1万人、2021年が88.6万人。


出生数(人口)急減の原因は、結婚願望の急減
~解決策は、子育て支援の前に、結婚したい政策が必要

出生数(人口)が急減する原因は、拙著『競わない地方創生~人口急減の真実』で詳解した
ように、若者が、「1)結婚できない状況、2)結婚したくない意識」が人口急減の原因。

留意すべきは、1と2は全く次元の違う 状況 or 意識 で、解決策=政策も全く違うこと。

1)結婚願望はあるけど「結婚できない状況」の若者が多い場合、政策は子育て支援
 若者の収入を増やす、婚活パーティで出会いを後押しする等、今の政策で正解。

2)しかし「結婚願望が無い=結婚したくない意識」の若者が急増する現在、
 今の政策は的外れ。

「結婚願望が無い=結婚したくない」意識の若者が急増する危機な動向を
明治安田総研が3年に1度実施する「20~40の恋愛と結婚」調査 で説明します。


結婚願望の程度を問うと、20歳代の男女では次のように、結婚願望が急減しています。

                  2013年 → 2016年
男性で、結婚願望が少しはある割合   67% → 39%
女性で、結婚願望が少しはある割合   82% → 59%


結婚願望の急減理由:お金と時間を自分の為だけに使いたい

 若者の結婚願望が急減した理由は、お金と時間を自分の為だけに使いたい、意識の変化!
自分へのご褒美に集中する消費を、ビジネス・起業に活かす方法は別の機会に論じますが、
子供や配偶者に、お金と時間を使いたくない意識の変化は、国として絶対に解決すべき。

 解決策=政策は、働く時間・方法を自分で自由に選べる「働き方改革」となりますが、
結婚したいという意識の醸成が最も重要で、解決策は以下の拙著をご覧ください。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら



関連記事

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR