NHKの「市民ボランティア」定義では、地方もNPOも衰退する

 NHKクローズアップ現代が予告通りの内容『B級グルメ絶賛記』を放映した。
番組内容は大筋で間違っていないが、NHKが強調した
「B級グルメは”市民ボランティア”の活動であり、それが成功の秘訣」
にだけは異議を呈しておきたい。

”市民ボランティア”の定義については、今月13日のNHKインタビュー時も
大きくすれ違った。ブログでNHKとの件を話題にする本日を最後に舞台裏を語ろう。


 まず大前提として、B1ブランプリ出場を含む「B級グルメ活動の担い手」の殆どは
”飲食店など業界者、自治体や商工会議所の実務職員”です。
 
 NHKが番組で報道した”市民ボランティア”とは、
業界者や実務職員の、実務時間外に無報酬の実務活動(B級グルメ活動)のことです。

 このNHKの”市民ボランティア定義”に私は13日、次の異議を示した。


「組織団体の営利や私益を目的に、休日に無報酬で実務(B級グルメ活動)に励む
業界者と実務職員は確かに立派だ。しかし、組織団体の営利や私益を意図とした実務行為は、
無報酬であろうが全く”ボランティア”とは言えない。更には、
そのような下心をもった行為主体を”市民”と混同してはいけない。

”市民ボランティア”の定義は、組織団体の営利や私益という下心の無い市民が
地域を愛して純粋に”公益”の為に活動するもので、報酬はあっても良い。いや
NPO活動に報酬はあるべきで、これこそ地方の雇用創出や活性化に繋がる。
私の言う”市民ボランティア定義”は、まさに”NPOの定義・存在意義”と同じだ。

 この”市民ボランティア活動=公益活動=NPO活動”は、かなり誤認されていて、
”町おこしを大義名分の業界おこし”等に利用(悪用)されやすい。これこそ論点だ。」

 
 私は上記が「地域再生、NPO」の為に最重要だとNHKへ主張して譲らなかった。
しかし、私の”市民ボランティア”定義では、NHKが狙う『B級グルメ絶賛記』は成立しない。
 
NHKは”ボランティア”の定義を「無報酬」という唯一つの物差しで計っているのか、
それとも私の定義に同意はするが「世論をつくる」ために曲解しているのか。
 いずれにしても、地域再生や町おこしを語る(報道する)資格はない。
そういう主体、特にマスコミが「間違った地域再生」を語るとどうなるか?

 今ネットを見ると、NHK『B級グルメ絶賛記』と出演者に視聴者は高い関心を寄せている。
こんなことは容易に予想できた。恥ずかしながら私も少しは私欲があるから
「長いものに巻かれて(NHKの意図に話を合わせ出演して)」自身の評価を上げる選択肢が
NHKのインタビュー時に脳裏を過ったが…

 NHKクローズアップ現代に限らず「影(欠陥)の部分は隠蔽した成功事例の絶賛記」は、
とにかく受けが良くて、疲弊する地方都市の表面的な模倣を誘発する。
 こういう「地域再生の罠」の結果、市民と地方は豊かになれないのです。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

関連記事

テーマ : 雑誌掲載&取材
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR