40歳までに労働は引退し 人生を楽しむFIRE運動が再燃する米国 vs 70歳まで働かされる年金危機の日本

アメリカは【働き方】改革 vs 日本は【働かせ方】改革

【40歳までに労働から引退し 人生を楽しむFIRE運動】が、アメリカで再燃してブームです。
一方、日本は年金・財源の危機を理由に【70歳まで働け】という世論が作られています。

アメリカは【働き方】改革だが、日本は【働かせ方】改革である差に着眼し、考察したい。
【40歳までに労働から引退し 人生を楽しむFIRE運動】は、1980年代のアメリカで始まる。

代表例が、IBM等IT企業で、昼休みなのにハンバーガーを食べながら自席で働く姿。
実は私、1986年に入社した日本IBMで【40歳までに労働から引退するFIRE運動】を知る。

FIREは、Financial Independence Retire Earlyの略で「経済的に自立し早期引退」の事。
出典:40歳で引退「FIRE」運動 米の若者で拡大~19/1/26日経新聞


金利が高いと、社員は早期退職でき、会社は人件費抑制できる

IBMの先輩たちは次のように話し、50歳前後で早期退職する者が少なくなかった。
「利息収入が年400万円もらえる貯金5000万円に到達したら、会社を辞めて人生を楽しむ」

早期引退できる鍵は1980年代の「金利(貯金の利子)の高さ」にあった。例えば
「ビッグ」や「ワイド」という貯蓄商品は、利回りが8%もあった(しかも、非課税)!

その上、IBMは給与天引きで貯蓄する社員に、利子を上乗せ補給する制度があった。
また、早期退職する社員に、退職金を割り増す制度もあり、50歳前後で引退は可能だった!

会社(IBM)側のメリットも大きい。 50歳で退職する社員が多いと、人件費を抑制できるし、
若者にポストを用意できる。 つまり、FIREは高齢社員、若者社員、会社の3者が得する!


金利が高いと、年金は利息収入だけで安泰、消費増税は不要

 だが、現在はゼロ金利だから、利息収入では生活できない。 年金も将来、危ない。
年金危機の原因は、少子高齢化ばかり喧伝されるが、ゼロ金利による運用難が大きい。

 年金の積立残高は今、150兆円強。 金利8%なら運用益は、約12兆円/年。
消費税の税収は1%あたり、2兆円/年。 金利が正常なら、消費税の大増税は不要。


株で年金を運用した役所が3カ月で1割=15兆円も損した

年金の積立残高、実は3カ月前165兆円強だった。 ゼロ金利だから、株で運用して
15兆円も損している。 私たちの大切な年金を、役所が株に手を出すな、金利を上げろ!
 年金運用損失14.8兆円~19/2/1毎日新聞

 そもそも、国が金利を下げた分、国民は利息収入を喪失した上、増税を強いられた。
国は逆に、1000兆円を超える借金の返済利息を、数十兆円/年も削減できている。

 要は、国が「借金返済、更なる借金」する目的で、国民は「利息収入を喪失、増税、
70歳まで労働」を強いられた。 事実、国は【70歳まで働け】と言い始めた。 

 日本は、国民の為の【働き方】改革ではなく、国の為の【働かせ方】改革ですね!
国の安易な借金癖・税金浪費を改めさせる為にも、金利の正常化が必須!


不労所得や複収入を得やすい【シェア経済】x【働き方】改革

一方、アメリカで【40歳までに労働から引退し 人生を楽しむFIRE運動】が盛り上がる背景には
高金利もあるが、不労所得や複収入を得やすい【シェア経済】x【働き方】改革の定着が大きい。

【シェア経済】x【働き方】改革は、次の組み合わせで、無限の可能性が広がる。
「空いている有形資産(車、不動産等) + 空いている無形資産(時間、ノウハウ等)」

例1 有形資産(不動産)を貸す:Airbnb等
例2 空き時間に、空き有形資産(車)を使う労働:uber等
例3 空き時間に、空き無形資産(ノウハウ)を使う労働:クラウドソーシング等

結論:日本の国民が「お金、働き方」で、幸せになる為には次の2つが必要!
1) アメリカ国債3%並みの高金利の復活 (実現しないと、お金が海外へ流出)
2) 【シェア経済】x【働き方】改革の実現 (実現しないと、働く人が海外へ流出)

 【シェア経済】x【働き方】改革の具体化は以下ご覧ください。
自治体政策の失敗例と解決策「政策集=政策データベース」 


    若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら


日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり
(2008/04)
久繁 哲之介

商品詳細を見る
関連記事

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR