稼げる繁忙期を休業にして→優秀な人材を集め→稼げる旅館/商店へ創生する「働き方改革」~誰とも競わない地方創生は持続可能

 人材が集まらない人手不足を解決して、利益も急増した旅館の成功例を紹介します。
地方の旅館Aは、稼ぎ時の繁忙期(年末年始、GW、盆)20日/年を休業にした。

「皆が休暇を取りたい繁忙期が休業の当社なら、家族や友達と幸せな時間を
過ごせる」と求人し、おもてなし・接客が抜群に優れた人材の獲得に成功。

おもてなし・接客が劇的に向上した旅館Aは、顧客満足度が飛躍的に向上し、
価格を上げつつ、閑散期の客室稼働率が100%近くに向上した。

 この成功例、同業者は誰も真似できていない。だから、独り勝ち状態が続く。
理由は閑散期価格の2倍でも満室になる(稼げる)繁忙期を休業にするのは怖いから。

 この成功は、注目すべき点が3つある。
第一に、前例が有るマニュアル仕事は(AIに代替されて)消滅し、おもてなし・接客など
「前例どおりではない、臨機応変に対応する」仕事だけが残る未来に合致する事


第二に、労働者・顧客の目線に基づく「逆転の発想」から創造された事。つまり
「繁忙期を休業、優秀な人材を集める働き方改革→稼げる宿/店に創生」である。

第三に、旅館Aの政策は、誰も真似できないし、誰とも「競争していない」事
旅館Aの実名、この成功例の詳細は以下、雑誌の連載4話を御覧ください。

4話 地方が衰退する原因は弱いくせに、競争するから~競わない地方創生 


地域再生の指導歴 10年の知見を纏めた 連載12回分 を以下で読めます
 自治体経営と広報・シティセールスの成功と失敗 12の真実~編集者を募集

公務員研修の講師歴 10年の体験を纏めた 連載10回分 を以下で読めます
 自治体の研修or公務員の忖度・意識の改革を問う本を創る~編集者を募集


    若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら



関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR