顧客と場所を変えれば、失敗が成功に変わる地方移住の価値~顧客目線とは顧客を絞る事~公務員に顧客目線が欠如する原因は、嫌われる勇気が無い

 自治体から「公務員の顧客目線を習得・実践と、地方移住の推進の研修」を依頼され、
私が話した要旨を紹介します。

 公務員に顧客目線が欠如する最大の原因は「顧客を絞れない」ことにある。つまり、
顧客は誰が・どのように使うか、分からない(考えた事すらない)ので、売れる訳がない。

 公務員は、皆にイイ顔をしたい(八方美人だ)から「顧客を絞る」事が怖い。つまり、
嫌われる勇気が無い。 八方美人な人は、実は嫌われるし、誰からも愛さない。

公務員の八方美人な政策も同様に、嫌われない事を最優先したのに、実は嫌われるし、
誰からも愛されない(誰の役にも立たない)。 
 
 顧客目線の実践は「顧客を絞る=顧客は誰か考える」から始まる。
私の話は、民間の人なら当たり前すぎる話ですが、公務員は「目から鱗です」と私を絶賛。 

 以上から学ぶべき「ある人には当たり前で、価値が無いコトも、対象や場所を変えると、
価値を生み、起業・事業のネタになる」こと。 これを、地方移住の政策に活用しよう!

 つまり、大都市で失敗しても、地方に場所・顧客を変えると、成功に変わりうる!
以上の詳細は以下、雑誌の連載7話で御覧いただけます。
7話 顧客目線とは顧客を絞る事~嫌われる勇気が無いから、顧客目線になれない 


地域再生の指導歴 10年の知見を纏めた 連載12回分 を以下で読めます
 自治体経営と広報・シティセールスの成功と失敗 12の真実~編集者を募集

公務員研修の講師歴 10年の体験を纏めた 連載10回分 を以下で読めます
 自治体の研修or公務員の忖度・意識の改革を問う本を創る~編集者を募集



    若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら



コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方
(2012/10/01)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR