元号変更→借金まみれの日本「円の暴落→デノミ」に備え、外貨へ分散投資

外貨にも投資すべき理由:日本の借金増、低金利、元号変更

 ボーナスの使途が決まっていない方、日本の低金利と借金増加に不満な方、
外貨へ分散投資(預金)は如何ですか?

 今、外貨へ分散投資すべき理由は、3つあります。
1)日本の借金増 2)低金利 3)元号変更(による、デノミの可能性) です。

 3つの理由は全て、関連しています。 日本の借金額は、増え続けて、
円の価値が下がる(円安になる)ほど、外貨の価値が高くなる。

 低金利政策を日本が続ける真の目的は、国が借金の返済額を抑える為であり、
増え続ける日本の借金を劇的に減らす方法は、デノミ(通貨価値の減少)しかない。


デノミをやる時期は、国債の暴落か、元号の変更

 デノミとは、通貨単位を変更する新通貨を発行して、現通貨の価値を減少させる事。
例えば、新通貨の価値は現通貨の10倍(現通貨1万円札は新通貨1000円札と同価値)の
通貨単位変更を行うと、現通貨の価値は 1/10 に減少する。

 預金を持つ国民は損するが、借金漬けの国は借金が1/10 に減少して得する。
つまり、デノミも低金利と同様「国の借金を、国民の預金で相殺」する政策。

 デノミをやる時期・理由は主に2つある。 1「国債の暴落で、しかたなく」行う
2「元号の変更時に、記念通貨を発行」等の名目で、祝い事を装って行う

 1(国債の暴落)が起きると言う専門家は多い。 だが、1は日本の国際的な評価が
地に落ちる。 政府がアホでなければ、1が起きそうなら、2の方法でスマートに
先手を打つ、と私は考えます。 
 
 今月、ついに「元号の変更が2019年5月に決定」しましたね。 元号の変更は通常なら
突然やってきますが、今回は計画的で国は、1年半後に向けて色々な準備ができる。

 国会でも「デノミの可能性、戦後に実施したデノミの意義」が議論されたことがある。
日本「円の暴落→デノミ」に備え、外貨へ分散投資の必要性が高まりましたよ!


『競わない地方創生~人口急減の真実』 目次

第1章 人口減少対策をビジネスの基本から導く
第2章 弱者(地方都市、中小企業)の経営は、強者とは正反対
第3章 弱者は競争するな。自分が1番になれる軸を創る
第4章 1番になる最良の方法は、協働という「働き方」
第5章 学習しない高給な公務員が、地方を滅ぼす
第6章 顧客価値は顧客目線な遊び心から創造される
第7章 現象でなく原因を考えると、人口急減の理由が分かる


       若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 1~人口減少対策編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 2~自治体経営&中小企業経営編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料3~働き方を改革する場所に人が集まる編

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR