顧客満足度の高め方~イオン銀行は女性に共感されて、顧客満足度1位

イオン銀行は、まず女性に絞って顧客満足度を高めた

 日経新聞グループが毎年実施する「金融機関の顧客満足度調査(以下、調査)」で
イオン銀行が初めて総合1位に輝いた。 
 
 商店街や観光政策の顧客満足度を高める方法を、イオン銀行に学ぼう。
イオン銀行は2006年に開業。4年後の2010年の調査で早くも、女性顧客から1位。

 一方、男性顧客からは支持されず、ランキング圏外。
2010年の調査結果: 女性は1位 vs 男性はランキング圏外

 イオン銀行が2010年頃、女性顧客からは共感されるが vs 男性顧客からは支持されない
理由は主に「イオングループの商業施設で、お買い物をする顧客=女性」の満足度を高める
ことに顧客対象を絞ったことにある。

 例えば、1)イオングループ商業施設にあるATMでの預入・引出の手数料が、いつでも無料。
2)提携銀行(メガバンク等)ATMでの預入・引出の手数料が、平日日中は無料(コレ便利!)。
3)お買い物の度にポイントが貯まる。 4)月に数日あるサービスデーのお買い物は5%引き。

 これらのメリットに、お買い物をしない男性顧客は、あまり共感しなかった。
では、男性顧客は2010年以降、イオン銀行のどんな政策に共感したのか?


普通預金の金利をメガバンクの120倍→男性顧客も満足

 イオン銀行は、普通預金の金利をメガバンクの120倍:0.12%に上げた。
普通預金の金利ランキング

 その後、イオン銀行は男性から支持され、2017年の調査で顧客満足度総合1位に輝く。
2017年の調査結果: 総合1位

 120倍といっても、預金100万円で1年間の利子の差は、1190円(税抜)にすぎない。
しかし、これに男性顧客は反応し、イオン銀行は顧客満足度と口座数を劇的に高めた。

       普通預金の金利  預金100万円で1年間の利子  
メガバンク   0.001%         10円(税抜)
イオン銀行    0.12%       1200円(税抜)


イオン(商業施設)の人気は、銀行との連携&顧客の絞込

 イオン(商業施設)の人気は、安さばかりが強調されるが「グループ銀行との
連携、顧客の絞込」が奏功している。

 具体的に言えば、本ブログを見ても、イオン(商業施設、銀行)グループに
富裕層は共感しにくいが、庶民は共感するだろう。 
 
 逆に、預入金額が多いほど、金利や手数料を優遇する金融機関に
富裕層は共感するが、庶民は共感しにくい。 
 
 いずれにしても、顧客を絞り込み、その顧客からは共感される。
どっちつかずな横並びでは、誰からも共感されない。

 イオンは、庶民に顧客を絞った上、まず女性から共感される政策を打つ。
男性向けの政策は、女性から1位になる目標達成後、であることに注目したい。

 結論: 金融機関は、金利もサービスも、ほぼ横並び。 皆が横並びだと
メガバンク=大手が強い。 弱者や新規参入者が勝つには、脱横並びで、顧客を絞る。

 商店街再生や観光政策も同じ。 横並びで、無個性だと、弱者は勝てない。
弱者は、もっと顧客を絞り込んで、個性的になろう!

 

   若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰 地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

           講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)
                  


関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR