コミュニティを「しがらみ」から「価値」へ変える地方創生~講演会2月5日(日)鹿嶋市

久繁哲之介の公開「無料」講演会 お知らせ

 日時: 2月5日(日) 14:15~16:00 (注)
 場所: 茨城県鹿嶋市 大野公民館(Jリーグ王者アントラーズ・スタジアムの近く
 演題: コミュニティを「しがらみ」から「価値」へ変える

 私の講演は「鹿嶋市まちづくり市民大会」というイベントの中で、基調講演という
位置づけですが、どなたでも無料で参加できるイベント&講演会 です。

注)イベントは13時に開催。 私の講演は14:15開始予定。
イベント=講演と場所の詳細は、鹿嶋市Webで確認して下さい(ここをクリック)



コミュニティを「しがらみ」から「価値」へ変えると地方創生

 講演会お知らせを兼ねて、演題『コミュニティを「しがらみ」から「価値」へ変える』
の主旨を説明しよう。 コミュニティは、濃薄どちらでも、表裏一体な二面性を有する。

 地方の濃いコミュニティは「しがらみ(短所)vs価値(長所)」という表裏一体な二面性。
大都市の薄いコミュニティは「孤立(短所)vs自由(長所)」という表裏一体な二面性。

 しかし、まちづくりの専門家やマスコミの多くが、片側しか見ない。 すなわち
「地方の濃いコミュニティは素晴らしい価値vs大都市の薄いコミュニティは孤独死など
孤立を生むからダメ」というステレオタイプな偏見で、地方への移住を煽る。

 これは、ウソ。 なぜなら、逆の方が圧倒的に多いから。 すなわち、
「地方の濃いコミュニティを、しがらみと感じてvs大都市の薄いコミュニティの自由に憧れ」
地方の若者は大都市へ流出する。 これが、不都合な真実。

 地方創生の方向性は、地方の濃いコミュニティを「しがらみ」から「価値」に変える!
これを詳解する拙著『競わない地方創生~人口急減の真実』から一例を以下に紹介。


コミュニティ 短所   長所     長所に基づく人の行動    まちの姿      
濃い   しがらみ  絆=価値  共感する(仲間)から買う  皆が豊かな協働社会
薄い   孤立   自由=効率  低価格(便利)だから買う  強者が勝つ競争社会



『競わない地方創生~人口急減の真実』 目次

第1章 人口減少対策をビジネスの基本から導く
第2章 弱者(地方都市、中小企業)の経営は、強者とは正反対
第3章 弱者は競争するな。自分が1番になれる軸を創る
第4章 1番になる最良の方法は、協働という「働き方」
第5章 学習しない高給な公務員が、地方を滅ぼす
第6章 顧客価値は顧客目線な遊び心から創造される
第7章 現象でなく原因を考えると、人口急減の理由が分かる


       若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 1~人口減少対策編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 2~自治体経営&中小企業経営編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料3~働き方を改革する場所に人が集まる編
関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR