地方創生&中小企業再生を語る講演会~福島の公務員限定 7月7日(木)

久繁哲之介の講演会「福島県内の公務員限定」 お知らせ

 1人の地方公務員(女性)の熱意により、福島県内の公務員(公社、商工会等を含む)が
無料で参加できる「公務員の意識改革&地方創生を実現する為の」講演会が企画されました。

日時: 7月7日(木)13:30~16:00
場所: ふくしま自治研修センター 大講義室 (福島市荒井字地蔵原乙15-1)
     詳細確認と申込は、こちら

  上記は、福島の公務員限定オトク情報。 下記は全ての方に有益な情報。


自治体職員研修の多くが、講師名を言わずに募集する謎

 自治体職員研修の講師を任される機会が多いが、理解不能な謎が沢山ある。
最大の謎は、自治体職員研修の多くが、講師名を言わずに参加者を告示・募集する事。

 よくあるパターンは、研修の名前(例えば、地方創生政策立案研修)と内容や対象者は
詳しく明示されるが、講師名は人名ではなく「外部講師」としか書かれていない。

 皆さんは、研修や講演会に参加するか否かを決断する最大の判断材料は何ですか?
講師名ですよね。 自治体職員=研修主催者は、参加者の目線=顧客目線が欠如している。

恐ろしい事に「講師名を言わずに募集する理由=顧客目線の欠如」に、自治体職員は無自覚。
理由は、講師のドタキャンに備え、講師を交換可能な状態で、参加者の頭数だけ先に確保したい
自己都合にある。 事実、講師をドタキャンした大学教授の代打として、私は何度か登壇した。

 顧客目線=市民目線が欠如する自治体職員は、どうすればよいか?
『競わない地方創生~人口急減の真実』を読むと良い。


『競わない地方創生~人口急減の真実』 目次

第1章 人口減少対策をビジネスの基本から導く
第2章 弱者(地方都市、中小企業)の経営は、強者とは正反対
第3章 弱者は競争するな。自分が1番になれる軸を創る
第4章 1番になる最良の方法は、協働という「働き方」
第5章 学習しない高給な公務員が、地方を滅ぼす
第6章 顧客価値は顧客目線な遊び心から創造される
第7章 現象でなく原因を考えると、人口急減の理由が分かる



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 1~人口減少対策編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 2~自治体経営&中小企業経営編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料3~働き方を改革する場所に人が集まる編

関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR