顔が見える関係で「高く売る。安全性を高める」法則を、バス事故対策に活用

バスツアーは、運転手の顔と経歴を見せて、販売しろ

 軽井沢スキーバス事故の後、私は次の解決策が閃いた。
バスツアーは、運転手の顔と経歴を見せて、募集・販売しろ!

 この解決策は、次ビジネスの基本から導いている。
顔が見える関係で「高く売る。安全性を高める」

 例を2つ挙げよう。 1)農家の顔が見える(生産者の名前を記す)野菜に、顧客は
「安全性を信用して、高い値段で買う」消費行動が定着した。

2)旅行ツアーには「カリスマ添乗員と行くxxツアー」という「添乗員の顔が見える」
 商品があり、添乗員が事前に分からないツアーより、価格は格段に高い。

 軽井沢スキーバス事故の悲劇は、事故が起きてから
「運転手は経験未熟な70歳近い、おじいちゃん」だったと分かったこと。

 事前に「このツアーの運転手は経験未熟な70歳近い、おじいちゃん」と
情報開示して募集すれば、顧客は「タダでも乗らない」って正しい判断が出来る!



政治家や役人の委員会では、まともな解決策は出ない

 軽井沢スキーバス事故の後、政治家や役人による委員会や対策プロジェクトが
組織化されたが「他人の不幸を、自分の為。 責任逃れの為」等と批判が続出。 
 例えば、このサイトのコメント欄

 事故・事件が起きると、委員会や対策プロジェクトが必ず組織化されるが、
「他人の不幸を、自分の為。 責任逃れの為」の組織が、役に立ったことはない。
 形式的な対策を導いて終わり。 また事故・事件が起きる。 この繰り返し。

 例えば、過去のバス事故対策は「運転手2人制、運転距離制限」だが、
皆さん、これで安全だと感じていましたか? これでは安全が何も見えない。
 むしろ、経験未熟な運転手を増やした愚策と言える。


解決策は、顧客目線で導こう!

 安全を見える化するには、生産者や運転手の顔と経歴を見せる。
これが顧客の最も知りたい情報。 あらゆる解決策は、顧客目線で導こう!



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

           講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)
                  

関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR