首長が言う「市民目線」の本音は、名刺に表れる

名刺に自分直通の連絡先=メルアドを記す市長は、1割以下

 全国の市長が一堂に会する「全国都市問題会議」に登壇しました。 多くの
市長と名刺を交換し、手元に残った市長の名刺をネタに「市民目線」の話をしたい。

 市長のうち、自分直通の連絡先=メルアドを名刺に記す市長は2人(全体の1割以下)。 
9割以上の市長は、名刺にxx市長という肩書と名前だけを大きく書いて「ドヤッ」って感じ。

 肩書と名前だけ大きく書かれた下に、市役所の代表電話を申し訳程度の小さい字で書くって
「連絡するな」「連絡するなら、受付(代表電話)と秘書という関所を2回も通れ」って事ですよね?

 この「連絡するな」って名刺は、2つの損失が発生する。
まず、建前な情報だけを部下が上げて、本音の情報が入らなくなる。

 次に、首長さんが、自治体のWebやらで「市民目線で」って建前を言っても
「市民と直接(直通で)対話する気はない」って本音が、バレる。


市長の崇高な意識と目線は、名刺に表れる

 名刺に自分のメルアドを名刺に記す2人の市長とは
岡山県真庭市の太田昇市長と、長野県須坂市の三木正夫市長。

 お二人の話は面白く有益で、名刺交換後も話が弾んだ。 お二人とも、
地域を良くしたい意識は高い一方、目線は市民目線で低い、立派な方。

 立派な意識と目線は「名刺に自分専用のメルアドと顔写真」を載せる行動に表れている。
「意見があれば、市長の私が責任をもって直接きく」と、名刺で宣言する意識が、素晴らしい!


写真)ポストイット部分に自分のメルアドを記す、太田昇市長と、三木正夫市長 の名刺
meisi.jpg



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

           講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)
                  
 
関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR