地方創生=弱者生存 の本質を示した 『商店街再生の罠』 増刷 御礼

商店街再生の罠』の 増刷 が 、新春に決まりました。 昨年末に決まった
地域再生の罠』の増刷と併せて、読者の皆さまへ、お礼申しあげます。



地方創生と商店街再生の本質は同じ! ”強者と「競争しない」”

『商店街再生の罠』で最も強調した論点は、弱者の「商店街、零細企業、地方都市」は
強者の「大型店、大企業、大都市」と 同じ土俵 で 「戦ってはいけない」
というコト。

 強者は「モノ」に価値を置く。 モノの「価格の安さ、品質の高さ、効率の良さ」という
3つの土俵のどれか、あるいは全てで「競争して勝つ」戦略を企てる。

 強者が得意とする「価格、品質、効率」という3つの「数値化できる土俵」では
数値で勝つ「競争の戦略」が必要となり、勝てるのは一部の強者に限られる。



強者は、モノに価値を置く vs 弱者は、ヒトに価値を置く

 だから、弱者は「ヒト」に価値を置く!  ヒトと「交流する楽しさ、集う場の心地よさ」等
数値化できない土俵は「競争が起きない」&「大量生産できない」
から 大企業には不利。

『商店街再生の罠』の副題 「売りたいモノから、顧客がしたいコトへ」には、上記で示した
弱者は「モノではなく、ヒトに価値」を置いて「競争しない」本質と想いを込めている。



弱者は「売りたいモノから、顧客がしたいコトへ」

 男は「戦略」って言葉を多用し、やたら「競争したがる」けど、勝てるのは一部の強者だけ。
弱者=敗者が多く生まれるが、敗者の再生策も、また「競争する戦略」って、具の骨頂。

『商店街再生の罠』は、弱者である「商店街、零細企業、地方都市」再生の指南書です。
先日、11刷が決まった『商店街再生の罠』と併せて読むとイイ!


     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

           講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)
                  
関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR