地方創生の切り札「パラレルキャリア」を語る講演会~2月8日(日) 青森市

「金の力で、若者を地方に、縛ろうとする 地方創生 の愚策」(注) への対案を
久繁哲之介が自身の経験を含めて語る 公開「無料」講演会 の お知らせです。

 日時:  2月8日(日) 14:00~16:00
 場所:  青森県 青森市「BLACK HALL」 青森駅から徒歩3分、中三百貨店前

 演題:  青森と大都市で働く、楽しむ「パラレルキャリア」
 参加して頂きたい方: 働き方に悩む若者と、その関係者

2月8日(日) 働き方に悩む若者に向けた「パラレルキャリア」講演会の詳細は、こちら

 主催者「NPO あおもり若者プロジェクト クリエイト」の熱意により、200名以上
収容できる会場を用意
しています。 どなた様も、事前予約なく「無料」で参加できます!



注) 金の力で、若者を地方に縛る 地方創生 の愚策とは

 愚策の典型が 「地域おこし協力隊」 と 「地方で就職すれば奨学金減免」。
それぞれ、一般市民からの悪評ぶりを知りたい方は、次のサイトをご覧ください。
 「地域おこし協力隊」を募集する自治体Webって、コピペですか? 
 「地方で就職すれば奨学金を減免」って、小手先



問題の本質は シングルキャリア → 解決策は パラレルキャリア

 若者が「大都市、安定した役所・大企業」で働きたい理由は、よく
「地方には(安定した良い)仕事が無いから」と言われる。 

 一見もっともそうな理由だけど、物事の表面しか視てないよね。
留意すべきは、この理由は「シングルキャリア」を前提としている事。



間違った前提から導く施策は全て、間違った愚策になる

 問題が「根深い、なかなか解決しない」場合、前提が間違っている。
間違った前提から導く施策は全て「間違った愚策、補助金ばらまき浪費」になる。

 同時に「1つの仕事だけ、1社でのみ」働く「シングルキャリア」を前提としたまま
金の力だけで、若者を地方に縛りつけようとするから、うまくいかないのだ。



仕事も投資も、2箇所以上に、分散して初めて、リスクをとれる
 
 以上より、地方創生の切り札は「シングルキャリア」という古い前提に固執せず
「パラレルキャリア」という新しい前提を許容・推進すること!

 仕事も投資も、リスクをとるのに必要なのは「金や勇気」でなく「2箇所以上への分散」
「大都市、大企業、役所」で働きながら、地方でも働く「パラレルキャリア」って実は珍しくはない。

 パラレルキャリアは、経営の神様と言われるドラッカーが、1999年に提唱していて、
欧米では、既に当たり前に普及している。



成功者の制度を真似るより、ライフスタイルや前提に関心をもて!

 日本は、欧米の制度や箱物など器を作る真似は大好きなのに、欧米の優れた
ライフスタイルや前提には、無関心なのが実に不思議。 だから、衰退するんだよね。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

           講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)
                  
関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR