まちづくりの不都合な真実を語る 久繁哲之介の無料講演会 8月22日(金)

久繁哲之介の 無料公開 講演会 8月22日(金) 開催 

 久繁哲之介の 無料公開 講演会 お知らせ です。 この講演会は、以下の通り
私がアドバイザーを務める「NPO情報ステーション」設立10周年記念イベント の一環です。

         NPO情報ステーション設立10周年記念イベント 概要

日時: 2014年 8月22日(金)19:30~20:45
場所: 千葉県船橋市「きららホール」 東京駅から総武線で23分の船橋駅前

プログラム第1部: 18:30~ 19:15  NPO情報ステーション 活動報告会
プログラム第2部: 19:30~20:45 久繁哲之介の講演会

講演テーマ: 本には書けない「まちづくりの不都合な真実」を解き明かし、
         補助金に依存しない「まちづくり革命」 を提唱します!

         どなた様も「無料」で参加できます。  詳細は、こちら

 


クラウドファンディングは資金調達に加え、顧客づくりに使える

 NPO情報ステーションは、皆さまの御支援により、設立10周年を迎えることができました。
当NPOは、皆さまのご支援は頂いていますが、補助金には依存していません。
 参考記事: 「補助金依存・成功事例模倣」はダメ! 「他人の金・頭に依存」はダメ!

 では、どのような自立型の資金調達をしているか? 詳細は10周年記念イベント第1部で話す
予定ですが、ここでは クラウドファンディング (購入型) で資金調達した体験を紹介します。
 
 体験の感想を一言で要約すると、”クラウドファンディング(購入型)は、資金調達である
と同時に、「商店街の顧客づくり」「NPOの支援者づくり」を推進できる!
”と実感しました。



クラウドファンディングとは?  3種類あり、日本は購入型が主流

 クラウドファンディングとは「大衆(クラウド)からの、資金調達(ファンディング)」であり、
「1) 融資型・投資型  2) 寄付型  3) 購入型 」の3種類に大別できます。

 3つのシェアは世界的に見ると「31% 28% 41%」ですが、国別にどれが主流になるかは、
その国の文化・法規制等で大きく異なり、日本は圧倒的に購入型が多い。
 (出典:「The Crowdfunding Industry Report」マス・ソリューション社)

 日本は購入型が多い理由を私的に推測すると「1は金融商品なので金融商品取引法の
厳しい規制を受ける、2は寄付文化の乏しい日本には馴染みにくい」のだと思います。

 当NPOのクラウドファンディングは、こういう事情も考慮して、購入型を採用しました。
以下、クラウドファンディングという記述は全て「購入型」を指しています。



資金調達額=顧客の購入額は、顧客の共感度に比例する

 クラウドファンディングは「様々な価格帯のサービスを企画し、購入して頂く」ものです。 
当然の論理ですが、サービス価格が「安い、原価率が高い」と資金調達になりません。

 よって、価格は「高い、原価率が低い」サービスだけど、顧客が共感できる「工夫、志」が
必要です。 この「工夫、志」が、顧客づくり=大型店との差別化に繋がるのです!

 顧客づくりの基準を「価格の安さ、効率の良さ」ではなく「共感」に置く
クラウドファンディングの「資金調達額=顧客の購入額は、顧客の共感度に比例」します。 

 つまり、クラウドファンディングは、大衆=顧客に「店主の志、店の看板商品ストーリー」を
魅力的に語れないと、資金は集りません。  そして、資金調達額はネット上で可視化されます。



資金調達額の可視化で、店主は「真剣になる、顧客志向になる」

 ネットで可視化される資金調達額が少ないと、恥ずかしいから、店主は皆、真剣になります。
この「大衆=顧客に可視化される透明性」が、当事者の責任感を高めて、イイのです!

 したがって、クラウドファンディングは企画段階で「店主の志、店の看板商品ストーリー」を
顧客目線で根本から再考することになり
ます。 この顧客目線で「考える」ことが、イイのです!

「店主の志&店の看板商品」に魅力がないと、謙虚に自覚できれば「店主の志」を改めたり
「店の看板商品」を開発し直すことになります。

  この謙虚な顧客思考が「店の魅力を高める、店の顧客を創る」ことに直結します。
補助金ばらまきでは、店主に責任感&顧客志向は生まれず、補助金に依存し続けます。

 当NPOが企画したサービスの価格帯や資金調達の詳細は以下をご覧ください。
164万円強を資金調達した NPO情報ステーションの クラウドファンディング詳細



共感への御礼として、無料公開講演会を開催します

 クラウドファンディングは上述のように、共感を軸とした顧客との良好な関係で成立し、
「コミュニティが顧客を連れてくる」仕組みを活かす事で、効果が倍増する資金調達です。

 共感を軸とした顧客との良好な関係を維持・発展するには、共感を頂いたら、
倍返しの精神で「期待に応えたい=御礼したい」ですね。

 そこで当NPOは、クラウドファンディングで共感を頂いた御礼として、
無料で誰でも参加できる講演会を開催します。

 264名を収容できる大会場なので、事前申込は不要です。 
ふらっと気軽にお越しください。 

 8月22日(金)19:30~千葉県船橋市「きららホール」 で、お会いしましょう!
私と、ゆっくり話したい方、講演会後の懇親会21:00~ に ご参加ください。




     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

関連記事

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR