「注視する」という何もしない言い訳~要職の言い訳に問題提起しないNHK

 今日は、地域再生とは縁の薄い話をします。
私はかれこれ自宅で10年以上、NHKテレビを見ていません。
今晩、その理由を象徴する出来事(NHK番組)に遭遇しました。

 晩飯を食べた飲食店のテレビは、NHK19時ニュースを流していました。
本日のメイン・ニュースは「急速に進む円高」です。
素材(ネタ)的には、メイン・ニュースとすることに異論はないのですが、
報道の視点・方法が、以下の如く円高の都度おなじことの繰り返しで「呆れて」しまいました。

総理大臣が静養先の軽井沢から、円高の進展を「注視しろ」と指示した。
日銀総裁が、円高の進展を「注意深く見守りたい」と談話を発表した。

??? 「注視する」も、「注意深く見守る」も、実は何もしてないやん!

 このセリフは、学会の論文発表で「締めの言葉」として多用されます。例えば
「地方都市の衰退を今後、注意深く見守りたい」と、当事者意識の無さを露呈する。
学者はこれでも通用するみたいだけど、政治家
(しかも一国のリーダー)が当事者に欠ける
このセリフを多用するのは問題だよね。

 この問題が表面化しない理由は、NHKが毎度「実は何もしていない」政治家の対応を
何も指摘もできず、むしろ「注視したい」セリフを、あたかも立派な対応のように
報道し続けるからではないでしょうか。

 円高ニュースの後は、スポーツ・ニュース。
素材(ネタ)は、相撲、高校野球、メジャーリーグ。
NHKが独占放映権を握っているものばかり。
 これは「ニュース」ではない、「自社番組のお知らせ=広告」ですね。

 話を「一国のリーダー」発言に戻します。
政治家が多用する言葉で、やはり疑問なのが「しっかりとxxする」です。
私はこのセリフを聞く度に心の中で、こう思う。

??? どこが「しっかり」してんねん!

 ここで提案:NHKの政治家へのインタビュー・ニュースを
お笑い芸人に担当してもらいましょう。
 政治家が、円高の進展を「注意深く見守りたい」と
当事者意識に欠けるセリフを言おうものなら、漫才師はすかさず

「見守るゆうて、アンタ何もしてないやん」と、”つっこみ”を入れるでしょう。

「つっこみ」は、お笑いだけでなく、日本再生にも必要なようです。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  
関連記事

テーマ : 日々の中で・・
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR