「ベストセラーの書き方」 に異議を唱えた 『地域再生の罠』が増刷 「9刷」御礼

 拙著『地域再生の罠』の増刷 「9刷」 が決まりました。
9刷まで到達できたのは、ひとえに読者の皆様のおかげです。 御礼申しあげます。

 8刷お礼の記事 『地域再生の罠』増刷 「8刷」 御礼に 「ロングセラーの秘密」を公開
に続き、今回は「ベストセラーの書き方」に異議を唱えたかった想いを告白します。

 ベストセラーを連発する大前研一さんは「ベストセラーの書き方は、簡単で誰でも書ける。
しかし、ベストセラーを書く者も、読む者も、自ら考えず、楽して成功したがる愚か者!

と、著書『知の衰退から いかに脱出するか?』1章で、次のように喝破します。

私が近年のベストセラー本の傾向を見て思うのは(中略) ”やさしい内容”の”すぐ役立ちそうな”本にしか人々の関心が向かなくなった(中略) そのベストセラー群は「自ら考えなくても」「ズバリ解答だけを提示してくれる」ものに安易に乗っかる日本人の姿を浮き彫りにしている。(中略) 「早く答を教えて」と請う態度が為政者を のさばらせる。(中略)
「大前さん、今は難しい政策集を出しても売れません。もっと、やさしく書いて下さい」と編集者に言われてしまう。
そればかりか、取材や講演でリクエストされるテーマも 「どうしたら勝ち組になれるか」「どうしたら儲かるか」という依頼ばかりになった。(中略) いかにして効率よく、もっと露骨に言えば、いかに楽をして成功できるか に、異常なほど人々の関心が高いのである。 したがって、この傾向が分かれば
誰でもベストセラーは書ける


 上記の赤字部は、私も「講演の主催者・参加者から要求」されます。 とりわけ多い要求は
いかに楽をして成功できるか「その方法と、成功事例」 です。

 こういう読者ニーズが高すぎると「これを真似すれば簡単に、成功できる」と謳う
成功事例集のような本が乱造されます。 これが、全く役に立たない。理由は主に2つ。

1. 本当に成功している事例は、少ない。 成功してる事例は、真似るのが非常に難しい。
 なぜなら、マネされない「仕組み、参入障壁」を「考えた、築いた」から成功できたのです。

2. したがって「実は成功していない問題だらけな事例を、不都合な点は全て隠蔽して、まるで
 バラ色のように美しい成功事例として紹介する」エセ専門家・エセ専門書が乱立します。

 この実態と弊害は 里山資本主義のウソ ~ 失敗を成功と粉飾 ~ これぞ『地域再生の罠』
そう、ベストセラーを幾ら多く読んでも成功できない。 むしろ弊害が多い!


 『地域再生の罠』 と 『商店街再生の罠』 (いずれも、ちくま新書)は   
前半で「楽をして、考えないで、成功したい」安易な姿勢とその弊害を指摘します。 

後半は(本としては売れない)難しい政策だけど、顧客の為に自分の資源と頭を使えば
成功できる仕組みを易しく提案・説明しています。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

関連記事

テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR