知事が地元の文化を知らない悲劇~スタバついに島根県へ進出

 昨日(9月14日)、スターバックスの地方進出ニュースを2つ発見しました。

1)スタバが島根県へ初出店を表明したが、島根県知事のコメントに驚きました。

 「松江はお茶どころ。コーヒー文化も広がるのでは」  (詳細は以下の毎日新聞)
スタバ、島根県に進出に、島根県知事の仰天コメント

 私が驚いた(呆れた)理由を『地域再生の罠』74~77頁より以下に抜粋します。

島根県は日本に残された最後の「個人経営者が支えるカフェ文化の聖地」
           ↓
だから、スタバなど外資系カフェは、島根と鳥取に出店したくても「できない」
           ↓
 両県の自治体は、個人経営カフェを支援して、地域再生に活かすべき。
そうしないと、外資系カフェに進出されて、大都市の喫茶店数が激減したように
両県の「個人経営カフェと、それを愛する文化」が消えてしまいますよ!



2)スターバックスは9月14日、青森県2店目を八戸市に開業しましたが、
 開店前に、なんと約100人の行列ができたそうです。(以下写真は八戸経済新聞)

八戸スタバ

 地元の文化、もっと大切にしたいですね!


若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 久繁哲之介

地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?
(2010/07/07)
久繁 哲之介

商品詳細を見る


関連記事

テーマ : 地方再生
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR