受験生必見~なぜ日本の「商品づくり&まちづくり」は、成功事例の模倣が多いのか?

 受験本番まで、わずかですね。 本日は、受験生を応援する話題です。

 先日、飲食店で私達が注文していない物を、店員が持ってきました。
その後の店員を観察していると、その物を違うテーブルに持っていきました。

 私はピン!ときて、双方のテーブルナンバーを確認しました。 1番と7番です。 
1と7を区別して書き分けられない人、多いですよね。

 この飲食店で生じるミスは、注文入力がシステム化されていない「手書き」の店で、
注文を受ける店員がテーブル番号「1、7」を区別できるように書かない時に起こります

しかし「数字を書いた店員と、顧客は」会話で確認できるから、すぐに解決できます。

 一方、受験の場合「数字を書いた受験生と、採点者は」、1と7 どちらなの?と
会話=確認してくれることは絶対にありません
。 この場合、どういうことが起きるか? 

 記事タイトルに「受験生必見」という言葉を含めた意図が、ここにあります。

 私は数年前、愚息の中学受験に備え、学校説明会に何校か足を運びました。
ある男子校で、次の話を聞きました。

「毎年、受験生(小6男子)の2~3割が、1と7を区別できない書き方をします。
かわいそうですが、区別できない字は全て、正解とみなしません


 帰宅後、さっそく愚息に数字を書かせてみました。 区別てきてない…
私は次のアドバイスをしました。
 7の縦線は、角度をつけて斜めに書く。1の縦線は直っすぐ下ろす

 ちなみに、私が前いたIBMのアメリカ人は、7の縦線に短い横線を入れていました。
この習慣は、2とzを区別する為、zの斜線部に短い横線を入れる発想と同じです。


 似たものは徹底的に区別したがるアメリカ人と、そうでない日本人を比較すると、
日本の商品づくり&まちづくりが成功事例のマネが多い理由
に辿りつきます。

 アメリカ人は、似たモノを徹底的に区別(差別)する意識が非常に強い。だから
「人も個性こそ重要」で「他人のマネは愚か」だと、子供時代から徹底的に教育
されます。

 日本の商品づくり・まちづくりが、個性と魅力をもつには、まず
似たモノとは徹底的に区別(差別)化する意識が大切です!


若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 久繁哲之介

地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?
(2010/07/07)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

テーマ : 自分自身で切り開く生き方
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR