「孫市の会」が和歌山市の地域再生に貢献!

 大阪市で講演後、和歌山市へ足を伸ばし「孫市の会」の皆さんと交流してきました。

 孫市とは、司馬遼太郎さんの著名小説『尻啖え孫市』の主役「雑賀孫市」のことです。
今でこそ、孫市は「和歌山市民が共有して誇りに思える歴史的な地域資源」と位置づけられます。
しかし10年前、孫市を知る市民は少なく、孫市を市民に伝え拡げるのは容易ではなかった。

 そこで 「孫市の会」会長の森下幸生さん(写真5左)は
ご自身が「雑賀孫市」になりきって、動く広告塔になる取組を始めます。
 どこへ行くにも甲冑姿の森下さんは、今でこそ和歌山市民の人気者ですが、
当初は相当「変わり者(バカ者)を見るような視線が注がれていた」ようです。

 地域の為に、バカ者になれる人が報われる社会を創りたいですね!
そう願う私は、森下さんの御気持ちを体感しようと
甲冑姿で「雑賀孫市」になりきって和歌山市駅前へ、いざ出陣!


写真1)和歌山市駅前で: 刀を振り回したせいか、和歌山市駅前から人が消えた?
20120509-04.jpg

写真2)孫市像の横で: 実は大勢の人が、セール中の百貨店に並び、怪訝な顔で私を見ていた
20120509-02.jpg

写真3)和歌山市駅前商店街で: 今度は鉄砲発射!
孫市1

写真4)和歌山市駅前商店街にある孫市城で: 孫市の会「まごりん」を宜しく!
孫市2

写真5)最後に、本物の孫市「森下さん親子」の勇姿を見よ!
森下親子

編集後記: 息子さん、男前だし演技力も高い。本当に何かを「斬った」と感じさせる
 迫力ある表情に注目。 それに比べ私は、カメラを向けられると、つい微笑んでしまい
 迫力が無い。 そんな私に「お兄さん、ホンマ格好ええわ」と声をかけてくれた商店街の
 おじさん・おばちゃん達「ホンマ、おおきに!」


若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 地域再生プランナー 久繁哲之介

地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?
(2010/07/07)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR