車優先から人優先へ革命を起こす~施策より理念が先

 人の生活空間(特に子供の通学路)が、自動車の抜け道と化して
我がもの顔で暴走する自動車は、人に危ない思いをさせ、
不幸にも死亡事故に至る事件が増えています。
 最近では、京都府亀岡市で4月23日に起きた凄惨な事件は、まさに
「人の生活空間(子供の通学路)を自動車が暴走」したことで起きています。

 事件から3週間。小手先の施策は議論されていますが
「車優先」社会を問い直す動向は殆ど見られません。
これでは事件は風化し、また同じような事件が起きることを懸念しています。

 懸念は他にもあります。「車優先空間と化した人の生活空間(街中)」に、
人は危ないから寄りつかなくなり、街中は衰退していきます。
 
 同様に、自動車の抜け道と化してしまった「商店街」が全国各地にあります。
こういう「車優先空間と化した商店街」に、人は危ないから寄りつかなくなり
衰退した商店街は枚挙に暇がありません。

 そこで私は「人の安全と、街中・商店街の再生」の為に
「人優先の社会を創る理念」を各地域で掲げることを提案
します!

ここで重要なのは「小手先の施策を講じる」前に「理念を掲げる」事です。 

 ダメな街中再生・商店街再生は、いつも理念が無いまま
いきなり他所の成功施策事例を探してきて、
1)そのまま導入するか
2)利害がぶつかって利害調整の挙句、骨抜き施策が導入されます。
いずれにしても、可視化・数値化できる施策を作ることに固執し、
その施策は小手先なテクニックにすぎないから、効果が出ない。


 今回の例で言えば「自動車優先から人優先の地域を創る理念」が無いまま
いきなり生活道路に次施策の導入を議論します。
①制限速度の厳格化+その区域を広範囲化
②一方通行化+(ガードレール設置を含む)歩行者空間を広く取る
③通学時間など時間をきめて「車両進入禁止」

 下の施策ほど自動車側に厳しいが、いくら厳しい施策を導入しても
それ以外の生活道路や時間帯では、自動車の暴走は止まらない。

 根本的な解決には「自動車優先から人優先の地域を創る理念」を掲げ、それを
ドライバーを含む地域全体で共有する仕組みを創ることが必要です。

 具体例を挙げましょう。
現在は、抜け道を通るドライバーが「いい抜け道を知っている」と得意げに話すと、
周囲の人は「良く知ってるね、すごいね」等と称賛する風潮があり
ます。
 一方、渋滞する幹線道路を利用するドライバーに同乗者は「抜け道知らないの?」と
生活道路への自動車浸入を促進する風潮も見られ
ます。

 この風潮を逆転させる空気・世論を、地域で戦略的に育みましょう。
すなわち、人の生活空間を抜け道として侵入するドライバーを見たら
「モラルと公益性に欠ける人」と軽蔑な眼差しを向け
ます。
 一方、渋滞していても幹線道路を利用するドライバーには賞賛の眼差しを向けます。

 こういう目に見えない理念を浸透させる地道な取組が
地域全体で行われる事こそ「まちづくりの本質」
です。


若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 地域再生プランナー 久繁哲之介

地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?
(2010/07/07)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR