ジャージで街を歩く人が多い都市ほど、百貨店が撤退している!

「地域再生=市民の豊かさ向上」の施策として、拙著『地域再生の罠』で
趣味を活かして市民の交流を促進しよう”と提言しました。

 趣味は「ファッション、グルメ、スポーツ、芸術」等を想定します。これらの
趣味が地域に広がるには先ず「仲間の存在=コミュニティ」が必要です。
 いきなり箱物(ファッションビル、スタジアム、美術館)を建設しては、いけません。

 趣味は身近な仲間が「プレーヤーとして」楽しく演じている時、
仲間と一緒に参加できる時に触発されます。
 
 一方、手が届かないプロの作品・演技に触れると、感性は磨かれますが、
自分もやってみようとは、なかなか思えないものです。

 地方都市へ講演に行くと、街中を観察しますが、上記に関連して
気がついたことがあります。それは
若者がジャージで街を歩く地方都市ほど、百貨店・ファッションビルが撤退
している事です。
 
 例えば、地方都市の女子高生たちは以前、
寒い冬でも「生足にルーズソックス」で化粧してました。
 ファッションに「お金、気合い(気持ち)」をかけています。


 しかし、近年は「スカートの下にジャージ(しかも学校指定のジャージ)」姿で
ノー・メイクが目立ちます。 そういう地方都市の街中は
20歳以上の若者もジャージなどラフな服装な人が多く
ファッションを「プレーヤーとして」楽しむ意欲が目に見えて減退しています


 冒頭の理論どおり、こういう意欲は地域全体に強烈に伝播します。
こうして、地元市民が「ファッションに、お金・気持ちを使っていない」
地方都市ほど「百貨店・ファッションビルが撤退」していきます。
 

 さて、大型店撤退に悩む地方都市の地域再生施策は、どうなっているか?
大型商業施設の誘致に注力し続けています。彼らはその理由をこう説明します。
「大型商業施設が撤退したから、街中が衰退した。
だから、地域再生には類似の大型商業施設の建設・誘致こそ特効薬だ」

 因果関係と取組手順が逆です。正しい因果関係は
「洋服購入などオシャレを楽しむ市民の文化やライフスタイルが衰退した。
だから、高級衣服が主力商品である百貨店やファッションビルが撤退した」
のです。

 こういう地方都市の活性化施策は、どうすればよいのか?
以下レポートを、ご覧ください。

以下↓ をクリックすると、PDFファイルが開きます。
物を売りたいなら、それが必要な文化を先に創る


若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 地域再生プランナー 久繁哲之介

地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?
(2010/07/07)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 地方再生
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR