相手(顧客)を変えたいなら、先ず自分が変われ!

 商店街活性化の御手伝いを幾つかの都市でしています。
そこで私が今、最も重視しているのが
「地元若者の生声を聞いて、彼らの不満とニーズを施策に活かす」ことです。

 先日、某都市で「地元の学生を集めてグループ・インタビュー」を実施しました。
最も私の心に刺さった学生のコメントを紹介します。


「そんなに買ってほしいなら、私たち学生に「商店街へ来い」と
相手の行動を変えようとする自分中心の態度は止めて

先ず自分たちが行動を起こすとか、態度を変えるべきでは?
 例えば、学校の前で熱心に弁当を売る人やチラシを配る人は沢山います。
商店街も本当に買って欲しいなら、お店を知ってほしいなら
彼らと同じように、学校の前で販売とかイベントをすればいいのに…」


 これと同じ過ちが、自治体がつくる中心市街地活性化計画にも見られます。
中心市街地衰退の理由を「郊外大型店進出、市民のライフスタイル変化」など
外部要因だけを指摘して「中心市街地活性化施策=外部要因是正施策」となりがち
です。

 つまり「大型店の郊外進出規制」と「市民のライフスタイルを郊外型から
街中コンパクト型へ変えること」を市民に求めます

 この奇妙な自治体の施策に、市民から次の声が続出します。

 いったい何故、中心市街地活性化商店街活性化の為に、
まず「市民のライフスタイルを変えろ!」という発想になれるのか?


 まちづくりもビジネスも対人関係も、基本原理は同じです。
相手(顧客)を変えたいなら、先ず自分が変われ!


若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 地域再生プランナー 久繁哲之介

地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?
(2010/07/07)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

tag : 中心市街地活性化 商店街活性化 郊外大型店 市民のライフスタイル

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR