名著『両利きの経営』を、キャリア開発に使い、転職・リスキリングに成功

経営の教科書といえる名著『両利きの経営』は、キャリア開発にも使える!

両利きとは、現在の専門の「深化」と、新しい専門の「探索」を両立すること。
両立が必要な理由は、専門の価値が著しく短命化しているから。 

昔に比べ、企業の破綻が急増(企業が短命化)している理由も、専門の短命化にある。
解決策は「現在専門を深化」させつつ「新しい専門を探索」すること。

新しい専門の探索は、人のキャリアでいうと「学び直し(リスキニング)」と換言できる。
『両利きの経営』は「リスキリング(新しい専門の探索)の対象は、現在の専門とは
違うように見えるが、本質は同じ」ものが成功しやすい
、と説く。

事例として、私の古巣IBMが紹介されている。IBMはコンピューターという
物の価値・値段が著しく低下したので、物売りからコンサルティング会社へ進化した。

物を売る仕事(セールス)と、コンサルティング仕事は一見、全く違う仕事に見える。

だが、経営問題を解決する道具として、コンピューターを売っていた優秀な人は、
コンサル仕事の素養が高いから、少しのリスキリングで、立派なコンサルタントになれる。

一方、値引きや接待で物を売る人は、コンサルタントに向いていない。
売る物の対象を、コンピューターから違う商品に替えるリスキリングが良いだろう。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

popa.jpg

コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方
(2012/10/01)
久繁 哲之介

商品詳細を見る


テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR