インフレ(物価高)へ個人の対応策は3つ~1)支出を減らす 2)仕事の収入を増やす 3)運用で増やす

インフレ(物価高)抑制は今、世界の最重要課題で、どの国も政策金利を上げ続けている。
アルゼンチンの97%は極端だが、米国の5.25%が今の目安。

目安とは、政策金利が米国より低いと、通貨安になり、インフレ(物価高)に拍車がかかる。
日本はマイナス金利という愚策により、通貨安とインフレ(物価高)が止まらない。 

しかも、電気料金や健康保険料など「節約できない公的負担を上げ」て、
日本国民の生活は苦しくなっている。

個人の対応策は次3つがあり、組み合わせることが望ましい。
1)支出を減らす 2)仕事の収入を増やす 3)運用で増やす

日本を捨てる海外移住が、若者・女性を中心に増えている。これは2)です。
海外移住しない(できない)人は、お金だけ海外移転という3)がイイ。

海外の政策金利上昇という時流から、3)海外へ運用配分を増やす方法は従来より
ローリスク・ハイリターンになっている。 オススメは、ドル建MMF。

実は今、米国の銀行危機を機に、世界のマネーはMMFへ集中し、MMF運用額は
過去最高の5兆2000億ドルに達している。MMFの利回りは、各社の運用成績により
変動します。

例えば、私が利用しているゴールドマン・サックスのドル建MMFは現在、4.6%
この数値は、米国政策金利5.25%だから実現できる (参考:米国政策金利が
0.5%の昨年は利回り0.4%位でした。 投資は自己責任で)。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら


テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR