地域ブランドと、ぼったくりは紙一重~ぼったくりと顧客に思われる役所の自分目線な地域ブランド化の失敗例

 いつから日本は、社会主義=統制経済の国に変わったのか?
例を2つ挙げます。

携帯電話会社へ「利益率は6%が平均。 20%超は、儲け過ぎ。料金を下げろ」
クレジットカード会社へ「手数料5%超は、儲け過ぎ。3%へ下げろ」

値下げを、消費者は喜ぶが、企業で働く労働者には、給料ダウンやリストラに繋がる。
しかも値下げは、デフレを誘発する。 

つまり、値下げを要求する政策は、デフレ脱却の政策に逆行、
賃上げ政策にも逆行する「政策連携の欠如」を露呈。

この話は、視点を変えると次のように換言できる。
「高利を得る行為=ブランド化が、他人には、ぼったくり(儲け過ぎ)」に見える。

自治体の地域ブランド化はこの典型で、顧客には、ぼったくりに見えて失敗している。
その実態と、地域ブランドの基本を以下、連載記事32話で御覧ください。

32話 地域ブランドと、ぼったくりは紙一重~ぼったくりと顧客に思われないブランド化 

 
 公務員研修の講師歴 10年の体験を纏めた 連載10回分 を以下で読めます
自治体の研修or公務員の忖度・意識の改革を問う本を創る~編集者を募集

 地域再生の指導歴 10年の知見を纏めた 連載14回分 を以下で読めます
地方創生の指導を「中山間地・離島・観光地」毎に体系化~編集者を募集


    若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら



テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

店舗の閉鎖が続く原因は、ネット通販という手段ではなく、店舗に行かないライフスタイルの普及~政策は顧客を視て創る

 店舗に行かないライフスタイルが、若者を中心に普及し、店舗の閉鎖が進む。
物が必要なら「ネット通販、メルカリなど中古品の交換」を使い、店舗に行かない。

 飲食も、夜は「ホームパーティ、家飲み」で、やはり店舗に行かない。
仕事日の昼は「手作り弁当、自宅へ帰り家族と食事」で、店舗に行かない。

20~30歳代のランチを調査すると、全体の「45%が手作り弁当、9%が自宅へ帰る」。
このライフスタイル、店舗業にはデメリットだが、地方移住などにはメリットがある。

弁当男子は9年前、流行語大賞の候補だが、手作り弁当は流行に止まらず定着!
料理など家事が出来る男子が、モテる(手づくり弁当はその修行・アピールかも)?

ランチで帰宅できる職住近接が、地方移住を推進!
 
以上より、店舗の閉鎖が続く「原因は、ライフスタイル変化」であり、ネット通販は
原因ではなく「ライフスタイルを実現する手段」の1つにすぎない、と分かる。

政策が失敗する理由は「手段の1つを原因と勘違い、そもそも原因を考えていない」
場合が多い。店舗の活性化は、ライフスタイル(顧客ニーズ)への適合から始まる。

 上記の調査など詳細と、店舗の再生策は以下、雑誌の連載60話を御覧ください。
60話 過去の意識・働き方に基づく政策は通用しない~政策は顧客を視て創る 


 公務員研修の講師歴 10年の体験を纏めた 連載10回分 を以下で読めます
自治体の研修or公務員の忖度・意識の改革を問う本を創る~編集者を募集

 地域再生の指導歴 10年の知見を纏めた 連載14回分 を以下で読めます
地方創生の指導を「中山間地・離島・観光地」毎に体系化~編集者を募集


    若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら


コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方
(2012/10/01)
久繁 哲之介

商品詳細を見る


テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

住宅の空き家化 vs 店舗の空室化は「予測、代替、関係」で解決~関係人口が、まちを創る~回遊(させる)店舗づくり・まちづくりの終焉

 ネット通販やシェアの台頭により「店舗に行かないライフスタイル」が定着し、
店舗業の破産(店舗の閉鎖)が急増しています。

アメリカでは、店舗の閉鎖が進み、2015年迄に「商業施設13500万平方フィートが空室化、
資産税52800万ドルが減少」した(出典は以下、雑誌の連載59話)。

 今年もアメリカを代表する老舗の百貨店2社(ボントン、シアーズ)が破産。
日本で喩えると、三越伊勢丹と高島屋の破産に相当する。

 資産税は地方の主財源だし、店舗の閉鎖は大都市より地方が圧倒的に多く、
店舗の閉鎖が、地方を衰退させている。

これほど店舗業が苦境な折、日本は「消費税の大増税と軽減税率」導入って、
店舗業は壊滅的な被害を受けるよ。 地方の衰退が加速するよ。

店舗の閉鎖・空室化の解決策は、住宅の空き家化の解決策と同様、
「予測、代替、関係」で考える。

 詳細は以下、雑誌の連載59話を御覧ください。
59話 住宅の空き家化 vs 店舗の空室化は「予測、代替、関係」で解決できる 


 地域再生の指導歴 10年の知見を纏めた 連載14回分 を以下で読めます
地方創生の指導を「中山間地・離島・観光地」毎に体系化~編集者を募集

 公務員研修の講師歴 10年の体験を纏めた 連載10回分 を以下で読めます
自治体の研修or公務員の忖度・意識の改革を問う本を創る~編集者を募集


    若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

  

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

教育と地方創生は、失敗例の反省・学習こそ必要~成功例の猿真似は禁止、自分は実行できない綺麗事を他人へ押し付けも禁止

 いま話題の以下の写真、子どもの教育&地方創生に、すごく有効に活用できます。

話をする時は、しっかりと相手の顔を見ましょう。
しっかりと自分は行動できない人ほど「しっかりと、やる」って綺麗事が口癖。
カンニングペーパー見ながら綺麗事を話しても、誰からも信用されない。

 子どもの教育&地方創生は、体罰など失敗例の反省・学習こそ必要。
だが現実は、不祥事など失敗例は隠蔽。 失敗が、ばれたら他人が作った
綺麗事が書かれたカンニングペーパーを棒読み。 漢字を読めず恥の上塗り。

 自分は実行できない綺麗事の押し付けは禁止。 成功例の猿真似も禁止しよう。
詳細は以下、雑誌の連載で御覧ください。

公務員研修の講師歴 10年の体験を纏めた 連載10回分 を以下で読めます
 自治体の研修or公務員の忖度・意識の改革を問う本を創る~編集者を募集

地域再生の指導歴 10年の知見を纏めた 連載14回分 を以下で読めます
 地方創生の指導を「中山間地・離島・観光地」毎に体系化~編集者を募集

abe.jpg

    若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら



テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

ゆるキャラを使い、重い結論を、軽い言葉で市民に、お願いするな~公務員の情報発信と意識を改革する研修録

役所が、ゆるキャラと顔文字を使い、重い結論を、軽い言葉で市民に、お願いする
非常識さを例に、公務員に情報発信と意識を改革する研修を行った時の話です。

ある自治体が、公認ゆるキャラを、ゆるキャラ・グランプリに出場させた時、広報誌に
1日1回投票できるので、毎日投票をお願いします。\(○^ω^○)/」 と書いた。

毎日投票しろって、すごく重い依頼。 しかも、公正さが欠如する。 この重い依頼を
\(○^ω^○)/」って、軽い顔文字で、お願いする無神経さ、酷いですね?

役所が、ゆるキャラや顔文字を使う事は悪くない。 悪いのは、重い依頼をするのに
ゆるキャラや顔文字を使う「状況判断できない無神経さ、意識の低さ」。

 役所の「ゆるキャラ」政策の酷さは、まだ多くあり、その詳細と解決策は以下、
雑誌の連載12話を御覧ください。
12話 ゆるキャラを使い、重い結論を、軽い言葉で依頼するな~公務員研修録 


地域再生の指導歴 10年の知見を纏めた 連載12回分 を以下で読めます
 自治体経営と広報・シティセールスの成功と失敗 12の真実~編集者を募集

公務員研修の講師歴 10年の体験を纏めた 連載10回分 を以下で読めます
 自治体の研修or公務員の忖度・意識の改革を問う本を創る~編集者を募集


    若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら



テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR