小さな町の創生へコミュニティと市民の活躍を説く講演会4月17日(月)江府町

久繁哲之介の公開「無料」講演会 お知らせ

 日時: 4月17日(月) 19:00~20:30
 場所: 鳥取県江府町の防災情報センター
 テーマ:人口減少が続く小さな町の創生へ、コミュニティの質と、市民活躍の質量を高める

 人口が最も少ない都道府県の鳥取県で、最も小さな町の江府町で、コミュニティの質と
 市民活躍の質量を高める方法論を私と江府町民で語り合います。 江府町民は勿論
 どなたさまも無料で参加できます。是非お越しください! 
  講演会の詳細「江府町Web」は、ここをクリック!



よそ者目線=顧客目線を、コミュニティづくり、市民活躍に活かす

 コミュニティの質と、市民活躍の質量を高める方法の一つに、地域資源の活用がある。
地域資源の活用で最も留意すべきは、ビジネスと同様、よそ者目線=顧客目線を意識すること。

 地域資源の場合、地元市民は毎日みてるから価値を感じなかったり、逆に過剰に愛しすぎたり
して、よそ者=顧客の目線と、ズレが生じやすい。

 江府町の場合、中国地方の最高峰である大山の真南に立地する。 山は見る場所によって
景色が異なり、江府町から見る大山は実に綺麗な「右肩あがり直線」を描く。

 右肩あがり直線を好む・目指す企業は多く、江府町から見る大山の景色は幾つかの企業が
決算報告書の表紙に採用している。 この「よそ者目線は、江府町まちづくりに活かす」チャンス!


久繁の講演は、その町に適した観光や商品開発の方法も提案

 例えば「江府町へ移住・観光すれば、あなたの人生は右肩あがり!」というコピーの
移住体験ツアーや観光ツアーを売り出す。 

 更に、江府町から見る大山の景色にこの様なコピーを付した「お守り、特産品パッケージ」等
関連商品を開発する。 例えば「業績が右肩あがりクッキー」とか、お土産にイイですよね。

 こういうアイデアを「真面目にやれ」と怒るか、「イノベーション=地域活性化には
遊び心が必須
」と柔軟に解釈できるかが、地方創生やビジネスの成否を分ける。

 アイデアは連携も大切。 特産品にクッキーを選んだ理由は、江府町の地域おこし協力隊が
美味しいクッキーを開発して、これを売り出したい!という市民の声に基づく。 

 このように、市民の小さな活躍に、役所が応えて官民連携すると、市民はより活躍できる。
更に、クッキーなら、右肩あがりな形に加工するのも簡単。 つまり、製造工程との連携。

 4月17日の江府町での講演会は以上のように、観光や商品開発の方法論も提案し、
江府町民や役場と討議して、地方創生を確実に進める場となるでしょう。


大山


顧客価値の創り方が分かる『競わない地方創生~人口急減の真実』 目次

第1章 人口減少対策をビジネスの基本から導く
第2章 弱者(地方都市、中小企業)の経営は、強者とは正反対
第3章 弱者は競争するな。自分が1番になれる軸を創る
第4章 1番になる最良の方法は、協働という「働き方」
第5章 学習しない高給な公務員が、地方を滅ぼす
第6章 顧客価値は顧客目線な遊び心から創造される
第7章 現象でなく原因を考えると、人口急減の理由が分かる


       若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 1~人口減少対策編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 2~自治体経営&中小企業経営編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料3~働き方を改革する場所に人が集まる編

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR