地方都市再生(中心市街地活性化)に必要な施設、仕組み~日光市を例に

 栃木県日光市を例に、拙著『地域再生の罠』で提唱した地方都市再生論の一部を紹介します。

市民の交流を促す施設として「スローフード店とスポーツクラブ」を創ること
その施設は「中高年女性」が集いやすい仕組みがあること

中高年女性が集いやすい仕組みの一つに、日常の「買い物ついで」に行ける ことがあります。

 
 先週23日、講演で栃木県日光市に行きましたが、ショッピングプラザ日光は
私の提案に近い「施設、仕組み」が以下のように出来ていました。

 地方都市の再生に必要な施設          日光市の場合       
食料品店の集積 or 量販店        かましん(食料品中心の量販店)
衣料品店の集積 or 量販店        サンキ(衣料品中心の量販店)
女性が集いやすい「スローフード店」   量販店内フードコート
女性が集いやすい「スポーツクラブ」   カーブス


 
写真1) ショッピングプラザ日光
日光SC外

写真2) ショッピングプラザ日光フードコート
日光SC中

 
 量販店内のフードコートは、スローフード店の要件すべてを満たしてはいません。しかし、
日光市など地方中小都市の街中には「女性が気軽に集えるスローフード店」は非常に少なく、
フードコートを代替利用せざるをえないのが実情です。

 日光には、素晴らしい名所が沢山あり、観光者の飲食店利用も想定できます。
日光の街中は、フードコート以外にスローフード店を創出・集積すれば「市民の満足度と、
観光客の満足度」が上がり、街が活性化するでしょう。


 以下写真は、奥日光三名瀑のうち「湯滝、竜頭の滝」です。

写真3) 湯滝
湯滝の下

写真4) 竜頭の滝 (上から、中禅寺湖が見える)
湯滝の上

写真5) 竜頭の滝 (下から、モデルが邪魔で滝が見えない)
竜頭滝

若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 久繁哲之介

日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり
(2008/04)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

テーマ : 地方再生
ジャンル : 政治・経済

久繁哲之介の「無料」講演会~10/23(火)栃木県日光市

 久繁哲之介の「無料」講演会 お知らせです。

日時: 10月23日(火)17時~
場所: 栃木県日光市「今市文化会館」大ホール
イベント名: 日光市小倉町周辺まちづくり委員会シンポジウム
       (栃木県まちなか元気会議出前研修会)
  
 どなたでも無料で参加できます。 事前お申込みも不要です。

 事前申込が不要な理由は、講演会場の
「今市文化会館」大ホール が1000人以上収容できる巨大施設だから。
 
 10月23日の日光は例年、紅葉の見頃です。
日光での紅葉散策を兼ねて、久繁哲之介の無料講演会へ是非お越しください。

 講演会の詳細は以下、日光市Webを御覧ください。
10/23(火)17時~久繁哲之介の講演会~日光市役所Web


若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 久繁哲之介

地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?
(2010/07/07)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

テーマ : 地方再生
ジャンル : 政治・経済

『コミュニティが顧客を連れてくる』は好評で在庫切れ。読者交流会(10/15in東京都小平市)で拙著販売します

 1週間前の10月1日に刊行した『コミュニティが顧客を連れてくる』は、好評で
書店の多くで「在庫切れ」となっています。

 例えば、アマゾンは本書を「2~4週間以内に発送」と表示していて
読者の多くから「増刷が完了する2~4週間も待てない」との声を頂いています。

 そこで、読者へ感謝と謝罪の気持ちを込めて、在庫のある書店から本書を集めて
10月15日に開催する『コミュニティが顧客を連れてくる』読者交流会で拙著を販売します

 読者交流イベントの会場は、本書の編集者である三浦慶太さんの地元、東京都小平市です。
当イベントは、地元「ミュージシャン演奏、商店街の逸品」もお楽しみ頂けます。

 『コミュニティが顧客を連れてくる』読者交流イベントにより、
商店街活性化・人材活性化に繋がれば!と考えています。

 『コミュニティが顧客を連れてくる』読者交流イベントの詳細は、以下を御覧ください。

kodairaa.jpg


若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 久繁哲之介

コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方
(2012/10/01)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』本日発売

 
 拙著 『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』 が本日発売です。

どんな本か、文章で説明するより、書店で使うPOPを見て頂いた方が、わかりやすい!

popa.jpg


 このPOPは、本書に登場する女性店主のひとり「馬道浩美(うまみち・ひろみ)さん」が
つくってくれました。

 馬道浩美さんはカフェを経営する傍ら、POPライターとしても活躍しています。
馬道さんのPOPは見栄えも素敵ですが、コピー(文章)も秀逸で、著者の私が
主張したい本質を見事に表現しています。

 私の主張とは「 地域再生も商いも、成功には、女性の参加・活躍が絶対に必要 」です。
本書は、その仕組みづくりを、豊富な事例を交えて詳解しています。


若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 久繁哲之介

コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方
(2012/10/01)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

テーマ : 地方再生
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR