車優先で衰退する商店街を再生する為「大分県日田市長へ意見書」提出

 大分県日田市に「レトロな建造物・雰囲気」を売りに造られた観光地
「豆田」地域があります。豆田には「下町通り(別名:みゆき通り)」と「上町通り」
という2つの商店街が30m程の近さで南北に並行しています。
 先月、豆田の2つの商店街を散策して私が感じたことを紹介します。

① 土建屋の金と思惑が投下されて「造られた観光地」という印象。
② 歩道を確保しない「車優先」空間の為、歩くのは非常に危険で不愉快。
③ ①②の結果、土建工事に大金を投じた観光地・商店街に、客が来ない。


 豆田が「レトロな建造物・雰囲気」を売りに「観光地(商店街)造り」を
すすめた歴史と、そこに投下された土建工事を振り返ろう。

2004年 重要伝統的建造物郡保存地区(以下「伝統建物地区」と略す)に選定
2009年 上町通りの無電柱化(みゆき通りは2000年に無電柱化)事業が完了

 「テンプレート(モデル事業)と、ベストプラクティス(成功事例)」を探してきて、
自地域に、そのまま流用・猿真似する弊害を以下エントリで紹介したが、豆田も然りでした。
  
  http://hisa21k.blog2.fc2.com/blog-entry-73.html

 豆田を歩くと、大金を投じて造られた「器・箱物(建造物・道路)」は確かに立派に見える。
しかし、「人の心・営み」が情けなくなるほど蔑ろにされている
と痛切に感じる。
 拙著『地域再生の罠』第2章の以下項目で、この詳細を説明しています。

「箱物だけレトロ化しても商店は利用されない」 59頁~
「車優先空間が空き店舗をさらに増やす」    61頁~

 
 豆田で商売を営む人や歩く人の「心・営み」がどれほど蔑ろにされているか。
写真1は、車にクラクションを鳴らされて、塀ぎりぎりまで非難して歩かされる市民の光景です。
写真2は、レトロが売りの観光地に目立つのは「車、自販機」というシニカルな光景です。

 市民を気の毒に感じた私自身も、レトロ気分を体験しようと期待を込めて歩く途中、何度も
車から「塀ぎりぎりを歩け」と言わんばかりのクラクションを鳴らされ、実に不愉快でした。
 
 不愉快の対象は、運転手ではなく、車優先空間を造り・放置する行政です。
写真1・2で解るように、歩道は確保されていないし、車道と区別する線引さえ
していない。この結果、2つの商店街は車が猛スピードで走り抜けできる「車の抜け道」
として利用される「車優先の空間」となり果て、歩行者は危険で不快な思いをしています。
 
 危険で不快な商店街を歩く私に、また胸が痛くなる出来事が何度も生じます。
複数の商店主達が私に「車に気をつけて。休んでいきますか」等と
きさくに挨拶・声をかけてくれるのです。

 行政がテンプレートを流用しただけで仕事した気になり、車優先を放置する結果、
歩行者は不愉快で客が減ってしまい、商店主こそ一番の被害者です。しかし
豆田の商店主達は「観光客が来なくなっていく悪い環境下であっても、
シャッターを閉めず真面目に営業していて、客や歩行者に気遣い」ができる。

 豆田を歩く人・商売を営む人の現状を私は、なんとか改善したい。
そこで、現状と以下提案をブログに綴った後、同内容の意見書を
日田市長宛へ提出します。

 
 電線地中化やレトロ建築など土建工事で造られた空間が、車優先に使われて、
歩行者は不快で寄りつかず、商店街は閑散とする現状は上記で説明した通りです。

”器・箱物だけ立派で危険かつ不愉快な観光地には、もう二度と来ないぞ”と感じた
観光者の「マイナス(不快)なクチコミ」は、プラスのクチコミより早く強烈に伝播します。
 観光客も地元客も疎らな豆田は、現状を認識して解決に着手しないと
マイナスなクチコミが伝播して、更に閑散化(衰退)することを懸念します。
 そこで私は以下を提案します。

 下町通り(別名:みゆき通り)と上町通りは、南北を30mの近さで並行して通る。
この立地と交通量から「相互の一方通行」にしても全く支障は無い。むしろ
歩道幅を確保して観光客を誘致する戦術として「一方通行にする、あるいは時間をきめて
車両進入禁止」にするトランジットモール化は「まちづくり先進国(注)」の常識です。

「レトロを売り」にする観光地・商店街なのだから、日中だけは車両進入禁止にした
「レトロな雰囲気を醸成する戦略」は検討されて然るべきでしょう。
 車優先で閑散とした両商店街を、まずは「車両一方通行」の「人優先空間」に変えて、
人がゆったりと歩けて交流できる観光地・商店街に再生しましょう。

(注:出典『地域再生の罠』202~204頁) まちづくり先進国とは  
  「市民の心、ライフスタイルが先に尊重」されて、それに合う「器・制度が後から」
  創られる西欧諸国を言う。一方、「先に西欧などで成功した器・制度を
  技術的・表面的に見た土建学者」が、そのまま流用・猿真似して
  「市民が後から合わせることを強要される」日本は「まちづくり後進国」です。

 以下写真から、日本は「まちづくり後進国」である事実が垣間見えます。すなわち、
伝統建物地区などテンプレートに選定(認定)されると補助金がバンバン付いて、
電線地中化やレトロ建築など土建工事が推進されて表面的には立派な箱物が造られるが
市民の心・ライフスタイルは蔑ろされていて、市民は全く豊かになれていない。



写真1 車にクラクションを鳴らされて、塀ぎりぎりまで非難する歩行者
日田は車優先

写真2 これが伝統建物地区? 車と自販機が目立つレトロ観光地に、観光者の姿は無い
日田は危険



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  


テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

「私益より公益を優先する人が、報われる社会を創る」 ~テンプレートとベストプラクティスを猿真似する会社(地域)は衰退する

 前回エントリ 脱「無縁社会」へ商店主の取組:第3話『北海道恵庭市の山本和代さん』
で「恵庭市商店街を再生する戦略」を練っていて、
そのうち実践する予定だとお話しましたが、その舞台裏を明かします。

 恵庭市役所の商店街担当職員(以後「Bさん」と言う)に、私は
次提案のうち、提案①までを示して、準備と協力を求めました。

 恵庭商店街の再生コンセプト:山本さんの交流拠点的な音楽店と「花の街」の二つを
恵庭の戦略的な地域資源と位置づける。
 再生イメージ:恵庭は「花と屋外音楽」の相乗効果で愛される都市(商店街)になる。
そのための具体的な施策として、以下を提案する。

提案① 私のブログ等を使い、山本さんの御店の知名度・イメージをあげる。
提案② 商店街イベントとして、屋外(路上)コンサートを年に数回実施。
提案③ 商店街はイベント時以外も音楽を流して「音楽の商店街」というイメージを育てる。
提案④ 恵庭商店街の深刻な課題である「空き店舗」に、音楽愛好家が好み営む
    洒落た飲食店・雑貨店・ヘアサロン等を誘致

 施策実施後の効果を物語的に話すと、花を目当てに来た来訪者の「耳」に音楽が流れる。
同様に、屋外音楽を目当てに来た来訪者の「目」に花が見える。
音楽と花を観賞した来訪者は、恵庭商店街の飲食店で余韻を楽しむ。
 地元の若者は、集客力の高い屋外コンサートでの演奏に憧れて、
山本さんの御店1階で楽器を購入し、2階で練習に励む。
練習前後は、周辺の飲食店でメンバーとスローフードを媒介に情報交換を楽しむ。
あるいは音楽フリークが営む雑貨店・ヘアサロンで交流(消費)する。

注)屋外コンサートによる活性化事例は拙著『日本版スローシティ』で次の3つを紹介。
柏市はストリート・ミュージシャン、神戸市旧居留地と湯布院は屋外コンサート。

 私がBさんに①までしか提案しなかった理由は、いきなり全体像を示すと
「Bさんや商店街の男性陣に”反対あるいは尻込み”」されるから。

 私は他都市の講演で何度も同じような経験をしてきた。すなわち、
私益より公益を優先する御店を地域資源と位置づけて相乗効果を生む施策を提案した後、
「私の提案は、あくまでも参考で最後は、資源に何を選び、どう育て活用するかは
“自分達で考えてください”」と講演で話す。すると聴衆の男性陣の多くは
私(他人)の提案の粗を探すばかりで、自分の頭で何かを考えたり提案できず
次のように対案なき反対・不満の声をあげる。

「なぜ、その店だけが得する施策をやるのか、全く論理的でないし、不公平だ」

 この反対・不満の声に私は、いつもこう応える。

 私益より公益を優先する人が、報われる社会(地域)を創りたい。
これが私の地域再生ビジョンであり使命でもある。事実、
公益を優先する人が報われる地域は、他人や地域全体に配慮できる心の優しい市民が育ち、
街中に人が集まり、商店売上や雇用創出に繋がる。一方、
 衰退する地域ほど”私益ばかり追求する者が街中・商店街に居座って”
”私益より公益を優先して行動を起こす若者が不遇されて流出”している」


 さて、恵庭の話に戻ろう。Bさんに私は提案①まで話した翌日
Bさんから次主旨のメールを頂きました。

「コンサルから、空店舗対策事業の成功事例が信州にあると聞いた。3月に視察したいが
久繁先生の御意見は?」

 Bさんが陥る罠は、拙著『地域再生の罠』で詳解しています。この
「地域再生の罠」を昨年のベストセラー『ストーリーとしての競争戦略(東洋経済新報社2010)』
という500頁以上の分厚い本に、経営的に指摘した至言が“前書きⅧ頁”にあるので紹介しよう。

「一見して効き目がありそうな“テンプレートやベストプラクティス”を探してきて、
自社に流用するという発想は、むしろ戦略ストーリーを破壊してしまう」


この「会社経営戦略の罠」を「地域再生の罠」に置き換えると、次のようになります。

「一見して効き目がありそうな“専門家など権威が推奨するモデル事業や成功事例”を
他地域から探してきて、自地域に猿真似して流用する発想は、
自地域が誇るべき文化・資源を破壊してしまう」



 ベストプラクティスとは「成功事例」ですが、専門家が推奨する地域再生の
成功事例の殆どは一時的な成功にすぎないか、全く成功していません。

 テンプレートとは、「自分の頭で考えることを放棄する怠惰な者に提供される雛型」
のことで、地域再生では「補助金の付いたモデル事業」がその典型です。

 つまり、自分の頭で考えることを放棄した怠惰な会社幹部・地域再生担当者ほど、
よそで成功した「テンプレートやベストプラクティスを探してきて、
自社・自地域に流用・猿真似したがります。
 その怠惰な習性は、コンサルの餌食にされます。すなわち、経営コンサルは会社役員に、
土建屋コンサルは地方自治体に「テンプレートとベストプラクティス」を探してきて、
「これを真似すれば成功する」と(誰にでも同じような)提案で仕事を得ようとします。

 Bさん、地方公務員の皆さん、そして中小企業の商店主(社長)さん、
コンサルの餌食とならないよう、自店や自地域を破壊しないよう注意しましょう。
 あなたの御店・地域に、魅力的な資源が埋もれていないか見つめ直して下さい。

 その第一歩として、私が描いた恵庭市の「地域資源を育てて活用する戦略」を参考に、
自店・自地域の資源を育み活かす戦略を「ご自分の頭で考えて」ください。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

脱「無縁社会」へ商店主の取組:第3話『北海道恵庭市の山本和代さん』

 脱「無縁社会」へ商店主の取組 第3話は
北海道恵庭市で「楽器・音楽CDの販売、演奏スタジオ」の御店を営む山本和代さんです。

 私は昨年12月12日、講演で恵庭市を訪問しました。現地の方から、
山本さんの御店『音の博信堂』(写真1)を紹介して頂きました。

 山本さんの御店のビジネスは当初、物販(楽器・音楽CDの販売)だけで
利益が出ていました。しかし、楽器演奏者は激減し、
「音楽はネットのダウンロードで調達、あるいは買わずに借りる」時代となり、
山本さんのお店の販売額・利益は下降し続けます。

 山本さんはシャッターを閉めるか、ビジネス・モデルを変える必要に迫られます。
山本さんは後者を選びます。市民に「演奏を楽しむ場所(スタジオ)」を提供し、
音楽を楽しむ文化を育んだ(楽器演奏者を増やした)後、楽器を販売していく戦略です。

これは、かねてから私が提案している以下戦略の好例です。

  物を売りたいなら、それが必要とされる「文化、物語」の創出が先!

 山本さんは2008年、御店の半分(店舗2階)を「演奏スタジオ」に改造しました。
改造費に行政支援はありません。
 山本さんは「市民に演奏を楽しむ場所(スタジオ)を提供したい」という理念から、
スタジオ使用料は1時間500円に設定。更に会員になれば2割引きの1時間400円です。
 この安い料金体系は公共施設レベルで、はっきり言って「利益は出ない」。
この戦略も、私が提唱する以下戦略に相通じるものです。

 『地域や御店の全体的な豊かさ(利益)を創出する”戦略的赤字施設”を創ろう』
関連記事: 交流と賑わいを育む”戦略的赤字施設”鹿児島市「マルヤガーデンズ」

 私が講演で、「戦略的赤字施設を創ろう」と提案すると、
「それで全体の利益が出るのか? テンプレートとベストプラクティスを示せ」等と
”テンプレートとベストプラクティスに依存するオヤジ連中”から散々こきおろされます。でも

「スタジオ(戦略的赤字施設)」設置後、山本さんの店は売上・利益は「上向いて」います。

 女性ひとりで経営する小さな楽器店が、戦略的赤字施設を設置して、
お店全体の売上・利益は向上させた秘密を紹介しよう。
 皆さん、山本さんの示唆に富む次のお話から秘密を感じとってみて下さい。

「以前お客様から楽器を購入しても続かないという声を幾つも頂きました。
例えば、演奏の方法・練習の場所・上手くなった後のバンドを組む相手など、
楽器購入前の悩みは尽きません。
 そんなお客様の声(悩み)に応える為にも「練習場所、音楽フリークが出会い交流する場所」
としてのスタジオを開設して、演奏方法助言や演奏メンバー仲介もしています。
 物(楽器)の販売はネットや郊外大型店に価格では、とても敵わない(安くできない)が、
こういうお客様とのコミュニケーション・交流の相乗効果として、楽器販売は上向きです。」


 山本さんの「市民が演奏を楽しみ交流できる場所(スタジオ)を提供したい」という理念は
クチコミで広まり、スタジオ利用会員はスタジオ設置から2年余りで既に200人を超えた。
 
 このように「音楽を楽しむ文化を育んだ(楽器演奏者を増やした)」からこそ、
山本さんの御店は楽器販売が上向いている
のです。
 この重要な戦略を今一度、確認しておきましょう。

「物を売りたいなら、それが必要とされる“文化、物語の創出が先”!」


 山本さんが「育んだ文化、物語」の財産は、まだあります。
写真2は、山本さんのスタジオで演奏を楽しむ地元の高校一年生4人組です。
 楽しそうですね!

 この高校生4人組をはじめ200人以上の若い会員とその仲間達が、空店舗問題や集客低迷が
深刻な恵庭市の商店街の一角に「定期的かつ持続的に集まる」集客力は、
下手な商店街イベントより格段に集客持続力が高く、
恵庭の商店街・街にとっては、貴重な地域資源となります。
 
 一人の女性(山本さん)が、「私益より公益を優先する御店(場所)」の創出に挑んだ成果として、
恵庭市は新たに二つの魅力的な地域資源を手にしました。
①音楽を楽しむ文化
②衰退する商店街の一角(山本さんの御店)に、若者が集い交流する拠点

 恵庭市は、既に魅力的な地域資源を有しています。例えば、
街中に点在する大学と専門学校の学生:数千人。花と水の都。

 恵庭市はこれまで残念ながら、こういう資源を全く活用できていないから、
街も商店街も衰退しています。
 一方、山本さんの「スタジオ会員獲得→音楽文化を育む」戦略には、
「数千人の学生+高校生」という地域資源の活用が視野に入っていたと思います。

 恵庭市は、まちづくり・商店街づくりの発想を
「旧来型」から「地域資源を育成・活用型」へ切り替えれば、必ず再生できます。

 私は「私益より公益を優先する場所」の創出に挑んだ山本さんを応援したい。
なぜなら『地域再生の罠』7つのビジョンで真っ先に掲げたように
「私益より公益を優先する人が報われる社会(地域)を創る」ことは私の使命だから。

 そういう訳で、山本さんが育んだ地域資源と、元からある地域資源を連携して
活用する「恵庭市商店街を再生する戦略」を練っていて、そのうち実践する予定です。

 それを次のエントリ『私益より公益を優先する人が、報われる社会(地域)を創る』
~テンプレートとベストプラクティスを猿真似する会社(地域)は衰退する』
で紹介します。
  http://hisa21k.blog2.fc2.com/blog-entry-73.html


写真1 恵庭市商店街にある山本和代さんの御店「音の博信堂」
恵庭山本外観1

写真2 山本さんの御店2階のスタジオで演奏を楽しむ高校一年生4人組
恵庭山本スタジオ



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

脱「無縁社会」へ商店主の取組:第2話『千葉県木更津市の安田さん』

 脱「無縁社会」へ商店主の取組 第2話は
千葉県木更津市みまち通り商店街で「憩いの軽食屋さん?」を営む安田さんです。

 安田さんの御店(写真1)を、事情を何も知らない人が見たら
「店の実態と看板が不一致。この店、なに売ってるの? やる気あるのかな?」等と
否定的な印象を抱くことだろう。

 写真1の看板を見ての通り、安田さんの御店、元は玩具店でした。
しかし、時代は少子化が進み、トイザらスの日本進出や郊外大型店に押されて
零細おもちゃ屋さんの多くは淘汰され「シャッターを閉め」ました。

 でも、安田さんはシャッターを閉めず「袋物・カバン屋さん」に転身します。
しかし、物は飽和状態かつネット販売の攻勢もあり、零細物販業は苦戦を強いられ
シャッターを閉める零細物販店は今も増えています。
 それでも、安田さんはシャッターを閉めず「憩いの軽食屋さん?」に再生しました。

 全国シャッター商店主の皆さんは是非、安田さんを見習ってください。具体的には

① 郊外大型店進出など外部環境変化を理由に
 「シャッターを閉じたり、行政に支援を要求」しないで
 安田さんは「外部環境変化」に「自身が何回も適応・進化」した。

② 「売り手が、売りたい物を売る」のではなく、
  「時代や顧客が、望むことを提供する」
のが”商売の基本”である。


 木更津市みまち通り商店街の事情を説明しよう。
場所は、木更津そごう閉鎖後に躯体をそのまま利用した「アクア木更津」の直ぐ横にある。
そう、百貨店そごうが撤退する迄は、かなり賑わっていた街の一等地にある商店街だ。 

 東京湾アクアライン開通を当て込んで、木更津は不動産バブル(地上げ)が起こるが、
開通してみると、人は流入より流出が続き「商業地地価下落率4年連続日本一」を記録する。

 その傷跡が木更津街中のあちこちに見られる。
みまち通り商店街も土地買収により、片側は空地のまま(写真2)。
木更津駅前の1991年にダイエー撤退後のビルは1998年から廃墟ビルのまま(写真3)。
 写真は全て昨年9月14日に木更津商工会議所での講演前に撮影したもの。

 講演前に木更津の街中を徘徊したところ、驚くことに写真3のような
「落書き、破損されたシャッター商店」が他にも幾つかあり、街路上の看板も多くが
「落書き、破損」されていた。

 このような「シャッター商店・百貨店」と、そこに生じる落書き・破損行為とを
放置する地方都市は少なくないこと、その弊害は、以下を御覧ください。
  http://hisa21k.blog2.fc2.com/blog-entry-59.html

 昨夏は猛暑で、南房総の木更津は9月半ばなのに33度の暑さ。単独視察中、私は
疲れはてて、めまいがして「どこか涼しい場所で座って冷たいものを」と物色したが、
目に入るのは「シャッター商店と青空駐車場だらけ」の地方都市にありがちの光景。
 
 私は、ふと映画『木更津キャッツアイ』の舞台となった
「狭く曲がりくねった風情ある商店街」を思い出した。その
「みまち通り商店街」を探し辿り着き、眼にとまったのが
安田さんの御店の「氷」という幟と、涼しげな店内だった(写真1)。

 荒れはてた木更津街中で、他の店やビルもシャッターを閉じて、
更に街が衰退していく厳しい状況の中、安田さんの御店をはじめ、みまち商店街は
「シャッターを閉めず、時節や顧客が求めることを提供しようと店を開けている」ことに
私はすごく感激して、なんとか応援(宣伝)してあげたいと常に考えていた。そう、

顧客は「商店主の配慮、もてなしに感動」して、クチコミ等で応援(宣伝)してくれる!


写真1 木更津みまち通り商店街 安田さんの御店
yasuda木更津

写真2 木更津みまち通り商店街の全景 右手の中央に安田さんの御店の幟「氷」が見える
mimachi木更津

写真3 木更津駅前の廃墟ビル(2001年ダイエー撤退→2008年ラズモール撤退→廃墟ビル)
az木更津



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

自治体職員は必見 「軽トラ市」で地域再生

軽トラ市がブームで、某る講演会で
「その背景、活用方法」を聞かれ、次の提案をしました。

①軽トラ市は機動力を活かして、「買物難民」地域を巡回してほしい。
②各地の売場は小学校校庭を使い、「子供の社会体験学習」と結びつける。
③販売の時間・場所を決めて、地域住民が集まる「交流、コミュニティ」の形成に繋げる。

 販売者にとって「売上増加、消費者との交流」というメリットがある軽トラ市は
「買物難民の解消」「子供の職業体験」「無縁社会の解決」にも活用できる
ポテンシャルを秘めた地域再生の取組として私は注目しています。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地方再生
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR