「名ばかり百貨店と女性フィットネスクラブ」で商店街活性化~伊万里市を例に

 1月25日(火)に佐賀県伊万里市で開催した「伊万里まちづくりオープンセミナー」の報告です。

 参加者は地元の方を中心に、佐賀県唐津市、熊本県熊本市、長崎県諫早市など
かなり遠方から来てくれた方々もいました。
 遠方からの参加者(よそ者)が第二部の意見交換で、地元での取組の本音や苦労話を
紹介するなど活躍してくれて、地元の方々と私は非常に良い刺激を受けました。

 特に、西唐津商店街理事長の喜多島さんは、拙著『地域再生の罠』で主張する
「商店街は市民の出会い・交流の場」の共感者かつ実践者です。 
 喜多島さんは昨年、経営する化粧品店内に交流の場としてカウンター・バーを
DIY(Do It Yourself=日曜大工)で創りあげました。お客様に自家製のコーヒー等を
ふるまい交流することで、来客は増えるし、御客様のニーズを知ることもできるわけです。
 
 そんな喜多島さんから頂いた次の御指摘には、本当に共鳴します。
「商店街・商店主の殆どが、行政など他者に依存しすぎで、努力も全く足りない」
「化粧品店は、物(化粧品)を売るのではなく、顧客に美しさを売る」


注)喜多島さんの詳しい御話は以下記事で詳解します。
 脱「無縁社会」へ商店主の取組:第1話『佐賀県唐津市の喜多島さん』


 さて、伊万里市4商店街は約3分の1がシャッターを閉めています(写真1,2)。
地方都市にありがちなシャッター商店街ですが、
いすい通り(4商店街の一つで、伊万里駅から最も遠い)を楽しそうに歩く中高年女性達が
多いことに私は注目しました。シャッター商店街の一角だけど、活気と賑わいがあるのです。

 しばし観察していると、女性専用フィットネスクラブを利用し終わった女性達が連れだって、
至近にある地場百貨店の玉屋へ行く姿を見かけました。
 私は“女性達の行動と、2つの施設の関係”に活気の理由があると仮説をたて、
2つの施設を視察・調査しました(写真3)。
(女性専用フィットネスクラブの飛び込み視察は、勇気いるんですよ。詳細は後ほど!)

 視察結果、2つの施設では、それぞれ素晴らしい次の取組が昨年後半に実践されて、
わずか数カ月という短期間に活気を創出したことが解ります。

① 地場百貨店の玉屋が経営難でも撤退せず「名ばかり百貨店」として再生・存続。
② 玉屋に近い化粧品店主(33歳の若者)が「市民の公益、交流」の創出を目的に
 「女性専用フィットネスクラブ」へ転業。


 いすい通りから「百貨店」の玉屋に入ると、いきなり「生活用品コーナー」という幟があって
洗剤などを売っています。生活用品コーナーの先は「食品コーナー」で、スーパーで見るのと同じ
並列レジに会計を待つ顧客が並んでいます。

 百貨店とは名ばかりで、まるでスーパーの光景を見ているような錯覚に陥りますが、
レジの先には百貨店1階の定番「ブランド化粧品店」が見えます。

 2階は主に婦人服売り場ですが、やはり百貨店とは言い難い店舗・商品が並ぶ。
3階へ上がろうとしたら、エスカレターが閉鎖されています。
そう、5階建てのビルは2階までしか使われていないのです。

 以上のように玉屋は、百貨店というには業態的にも売場面積的にも中途半端で、
百貨店とは名ばかりで、中身はGMS・スーパーに限りなく近い。
 玉屋の現在売上は全盛時の3分の1、他の地場百貨店なら、とっくに撤退しているはず。

 地場百貨店の玉屋は、なぜ撤退せずに「名ばかり百貨店」として変身したのだろうか?

 市民と地域が存続を強く望んだから。玉屋は
「名ばかり百貨店」であれば、市民と地域のニーズに応えることができて、
売上は少なくても、利益を出せる
と判断したようです。

 市民、特に中高年女性は具体的には、次のようなニーズをもっている。
”中途半端でも良いから、GMSという利便性と、百貨店という華の双方が必要。”

 事実、地方都市の中高年女性から次のような話をよく聞く。
「普段は日用品が揃えば十分。しかし中元・歳暮など贈り物と、化粧品・衣服の一部は、
百貨店の包装紙とブランドに包まれたものが良い」と。

 
 地方都市で「百貨店の撤退」に悩む関係者の皆さん、伊万里市玉屋のように
「名ばかり百貨店」として再生・存続する途を是非、検討してみてください。

 「名ばかり百貨店」は、提供者目線から見ると
「非常に中途半端な冴えない施設」に見えてしまうでしょう。しかし、
地方中小都市の市民目線で見ると「絶対に必要=需要の高い施設」です。つまり、
「名ばかり百貨店」は、市民と地域から感謝されて、
百貨店の企業評価を高めることができて、利益も持続的に出せるのです。


 「名ばかり百貨店」として再生した伊万里玉屋の詳細は以下をご覧ください。
 http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1677754.article.html


 さて、拙著『地域再生の罠』の刊行時期は、玉屋が
「名ばかり百貨店」として再生した時期と同じ2010年7月上旬です。
 
 玉屋近くで化粧品店を経営する33歳の若者(以下、Aさんと言う)は、
再生した玉屋の賑わいと、『地域再生の罠』の提言2
”女性専用フィットネスクラブなど「交流を促すスポーツクラブを街中に創る」”に注目した。

 Aさんは早速、『地域再生の罠』110頁記載の「カーブス」について他都市視察など調査を行い、
女性専用フィットネスクラブは衰退した地方都市の再生に有効だと確信する。
Aさんはカーブス本部に出向いて出店契約を結び、12月に開店にこぎつけた。

 Aさんの行動力は賞賛に値する。カーブスの存在・価値を知ってから開店まで
僅か4ヶ月強という迅速さ、開業1ケ月で150人の会員を集めている。

 私は講演前、カーブス伊万里店に飛び込みで見学・取材を申し込んだ。
私が扉を開き入室すると、トレーニングしていた女性達の体がピタッと止まり、
”あらっ男が入ってきたわ”という視線を一身に浴びました(汗)。

 インストラクターの話では「会員さんの多くは玉屋さんへ行く、ついでに利用できる
便利さから入会して、同士と楽しく運動と交流できると言ってくれています」と言う。


 私は講演で以上の話を紹介し、「玉屋再生とカーブス開業という2つの取組により、
市民の街中への集客・滞留時間は向上した。他の商店主さんも若いAさんに続き、
市民の交流を創出する取組をしよう。特に、シャッター商店には
飲食店や若者店を誘致して”とにかく貸して公益に使い”ましょう」と提案しました。

 玉屋とAさんの取組背景には、伊万里駅前にあったダイエーが2002年に撤退して、実に
8年以上も廃墟ビルとして放置される問題があります。

 ダイエー撤退から8年以上経過した昨年10月、関係者は
ようやく大型施設誘致を断念して、土地の分割処分を決めて建物解体に着手した。
ただし、土地半分は未だ売却予定はない。 詳細は以下を御覧ください。
 http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1747516.article.html

 伊万里市がダイエー撤退後の廃墟ビルを8年以上も放置したのと同じ問題を
衰退し続ける地方都市の殆どが抱えています。つまり、地方都市が衰退する本質には
百貨店など大型商業施設への依存と、大型店撤退対応の拙さ・遅さがあります。
 

 具体的には先ず、撤退した大型店と同じような大型店の誘致ばかり考えることが問題。
同業店が撤退する市場(地域)に、ライバル店が出店する可能性は限りなくゼロに近い
「現実」を、まちづくり関係者・専門家の殆どが、未だに解っていない。

 彼らは更に、実現困難な大型店誘致や大規模開発に固執し何年も時間をかけすぎて、
廃墟ビル放置が長期化する「リスクと弊害」も、未だに解っていない。

 この地方都市における「現実」および「リスクと弊害」を
拙著『地域再生の罠』で解き明かしたのですが、一体いつになったら、
まちづくり関係者・専門家は、この「現実」に気がつくのだろうか?
 地方都市から大型商業施設が撤退を加速し始めてから、もう10年は過ぎた「現実」を。

 撤退した施設が「シャッター百貨店、廃墟ビル」として、もう何年も放置されたままの
地方都市がどんどん増えているのに彼らが、この「リスクと弊害」に気がつく日は来るのだろうか?


 私の提言、例えば「交流を促すスローフード飲食店やスポーツ施設を創る」は
まちづくり関係者・専門家の目線だと「効果は小さい」のかもしれない。しかし、
重要な論点は、地方都市が衰退し続けている「現実、リスクと弊害」に配慮した
実現性と持続性であり、その結果「市民が豊かになる」ことにある。

 こういう観点から、市民ニーズを重視した「名ばかり百貨店」として再生した玉屋と、
Aさんの「迅速かつ公益を重視する行動力」は、地方都市再生に有益な示唆を与えてくれる。


写真1 伊万里市駅通り商店街
伊万里駅通り

写真2 伊万里市仲町観音通り 
伊万里なかまち

写真3 伊万里市いすい通りのカーブスと、玉屋(つきあたりの5階建てビル)
伊万里カーブス


     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  


テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

商店街活性化をテーマに久繁哲之介の講演会 1/25~佐賀県伊万里市

 1月25日(火)19:00から21:00、佐賀県伊万里市の商工会館で
市内4商店街(注)の活性化を応援する講演会を開催します。

(注)4商店街は、JR伊万里駅から地場百貨店の玉屋を結ぶ4つの商店街(駅から近い順に)
①駅通り商店街 ②本町名店街 ③仲町観音通り ④いすい通り

 講演会の概要は次のとおりです。

第一部 19:00~20:30 久繁哲之介の講演 テーマ『商店街は誰の為に存在すべき?』
第二部 20:30~20:55 講演を活かして、商店街利用者と商店主の本音トーク
第三部 20:55~21:00 以上を踏まえて、商店主が活性化計画を語る

 この講演会「伊万里まちづくりオープンセミナー」は
「伊万里市4商店街(の活性化)を応援してくれる方」を無料で御招待します。
 応援方法は主に次の1~3を想定していますが、
皆さん独自(第4)の応援方法も歓迎します。

1)4商店街で今後「消費、商店主と交流」する
2)4商店街を今後「あなたのメディア(ブログ、クチコミ等)でPR」する
3)4商店街への「あなたの要望や活性化プランを講演会第二部で発表」する
4)4商店街を「あなた独自の方法で応援」する

 講演会参加希望者は事前申込(FAX)をお願いします。
A4用紙(様式自由1枚)に次事項を記載して、
伊万里駅通商店街振興組合FAX: 0955-23-5166)へFAXして下さい。     
 申込翌日(除く土日)、組合から講演会参加の礼状・案内状が届きます。

申込FAX記載事項
件名:伊万里まちづくりオープンセミナーに参加します
①御名前
②ご住所
③返信ご希望の FAX No か メールアドレス
④伊万里市4商店街「応援方法」を上記1~4のうち、1つ以上記載

(組合へ送信される個人情報は、伊万里4商店街の行事案内にのみ利用)


 最後に、久繁哲之介の個人的要望を申し添えます。

 講演テーマ『商店街は誰の為に存在すべき?』で示唆していますが、私の考える
商店街存在意義は「市民の出会い・交流」です。商店街は、その場を提供することで
市民から愛されて、持続利用される。その結果、商店街も豊かになれる。


 市民とは、伊万里市外の市民(よそ者)も対象で、講演会に歓迎します。
消費力の低い子供・ひきこもり青年(若者)を支援するNPO等の方も大歓迎です。

 よそ者や若者の「交流や社会体験」に、地元の市民・商店主が関与すると
「出会い・交流」の輪が更に広がり、皆の豊かさも更に深まるでしょう。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化のために
ジャンル : ビジネス

「草食男子が倍増」報道の罠 ~人の「願望と行動は一致しない」

 昨日の全国紙は、まるで各紙が申し合わせたように
「草食男子が倍増」という同じ見出しの記事を掲載した。

 これは、お役所(今回は厚生労働省)がプレス公表した調査結果を新聞社が
分析も批判もせず、そのまま垂れ流す「世論(の空気)づくり」の一例です。

 厚生労働省がこの調査(以下、調査①)でマスコミに強調(プレス)した点は次の通り。

「16歳から24歳の若い男性が、セックスに無関心とアンケートで回答した割合が
2年前の同調査に比べ倍増した。少子化に直結する問題で、対策が必要だ。」
 

 少子化対策が必要という「世論(の空気)」を先に作り、その後の
少子化対策事業予算を獲得しやすくする下手な戦略(下心)がミエミエです。

 問題の核心は、新聞社が、役所のミエミエな下心を解っているにも関わらず、
分析も批判もせず、役所の意図どおり報道する点にあります。

 では、マスコミの使命を私が担ってみましょう。
調査①を委託された日本家族計画協会は、似た調査(以下、調査②)もしています。
 
「高校3年生のセックス体験率」の調査で、こちらは次のように
文部科学省の予算獲得戦略に使われます。

「18歳男子のセックス体験率が3年で10%以上アップ。性体験低年齢化は問題であり、
携帯電話の所有・使用の規制や道徳教育の復活など対策が必要だ。」


 以下に調査①と②のデータを紹介します。

調査① セックスに関心がありますか? 
    選択肢「とてもある、ある程度ある、ない、嫌悪」のうち
   「ない、嫌悪」と回答した者の比率を、2008年と2010年で比較すると
 男子の16~19歳、20~24歳で倍増したと公表。

                2008年  → 2010年
16~19歳 の男子    17.5%  → 35.1%
20~24歳 の男子    11.8%  → 21.5%


調査② 東京都の高校3年生(18歳)男女のセックス体験率を公表。

              2005年  →  2008年
18歳 の男子     35.7%  → 47.3%
18歳 の女子     44.3%  → 46.5%


 18歳前後の男子は、セックスに無関心な者の比率が倍増しているという調査①と、
セックス体験率が急増しているという調査②の関係は、どのように読み解くべきか?

「矛盾した嘘」という視点から“嘘つきはどちらだ”と犯人探しをする者と、
「表裏の関係」という視点から“表と裏の両方を見ないと罠にはまる”教訓にする者に
分かれるでしょうが、私は後者の視点が大切だと講演でよく強調しています。

 調査①②は、本音を回答しているかという信頼性も問題だが
最も注目すべき視点は「①は心情調査、②は行動(事実)調査」という違いであり、
人の「心情と行動は一致しない」
ことが多いことです。

 役所(文科省、厚労省)はそれぞれ、嘘はついていません。ただ、心情か行動という
“表裏”のうち、自らに都合よい側面だけをマスコミへプレスしているのです。

 まちづくりや地域再生の計画策定で、よく「衰退した街中に欲しい施設を
市民にアンケートで問う“心情調査”を行います。
自治体は、その答え通りの施設を建設したが、
市民が利用・行動しない事例が非常に多い。その理由がここにあり、
『地域再生の罠』1章で詳解しています。


 自治体の皆さん、表裏の両方を見ない罠を脱却する手始めに、調査①②に見る
「若者男子の表裏(心情と行動)」を
「机上でアンケート結果だけ」を見て考えるのは止めて、
街を歩いて若者を観察して考えてみましょう!




     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

新住民と旧住民の融和に効果的な「日本版スローシティ」

 地域づくりに関わるNPOや自治体職員から、よく次の質問を受けます。

「新住民と旧住民の(新街区と旧街区の)意見がいつも衝突して、地域づくりや
商店街づくりが纏まらない。新旧住民の融和を図る方法・ヒントを教えてほしい」

 以下に具体例と、私の見解を整理します。

  都市名       新街区      旧街区  
①千葉県千葉市   海浜幕張駅   幕張駅
②北海道恵庭市   恵み野駅    恵庭駅


 いずれも新街区と旧街区は隣接していますが、駅前の光景は全く違います。
例えば、店舗の数・業種、人のファッション・年齢層は、同じ都市の
隣接する地域とは思えないほど違います。
 
 文化がこれほど違えば、意見も当然ながら違うでしょうね。
自治体職員は「同じ街だから、地域づくりも商店街づくりも同じであるべき」等と
お悩みのようですが、それぞれの文化を活かした「地域、商店街」を創るといい。
 その文化的な個性・独自性こそ、魅力ある「地域づくり、商店街づくり」の源です。

 新住民と旧住民の融和は、机上の会議・議論ではなくて
新住民も旧住民も共に愛する「地域固有の資源」を媒介に進めましょう。
 

拙著『日本版スローシティ』は「食、スポーツ、人、自然」資源に注目します。
『地域再生の罠』3つの提言は「食、スポーツ、人の交流」の活用です。


 ①千葉市の幕張地域は、プロ野球のロッテの本拠地です。
新住民も旧住民も、ロッテを愛する心は同じ。
 昨年の日本一優勝パレードでは、新住民も旧住民も街中へ集い
紙吹雪を舞わせて直後に清掃する「素晴らしい統一性」を発揮しました。
 地元スポーツ・チームを媒介に、新旧住民が見事に融和できていますね。
 

 ②恵庭市には昨年12月に講演で訪問して、すごく惹かれた都市です。
恵庭の魅力は沢山ありますが、特に素晴らしい地域資源は「自然と植栽」です。
 しかし残念ながら、この地域資源の認知度は、恵庭の内外で低いようです。

 埋もれる地域資源を見直して活用することで再生した地域は多い。 
恵庭はJRで札幌から20分強、新千歳空港から10分強と立地にも恵まれています。
 
 恵庭の皆さん、机上での議論や新旧住民が互いに非難するよりは
「自然と植栽」に目を向けた「街づくり、商店街づくり」に着手しましょう!
  (声をかけて頂ければ、喜んでお手伝いしますよ!)

 大都市に住む札幌市民や観光客を惹きつけて、恵庭の街・商店街は今より賑わい、
それが新旧住民の自信・誇りとなり、ひいては新旧住民の融和に繋がるでしょう。


 恵庭の「自然と植栽」は、昨年12月の滞在中に写真撮影したものを以下に紹介しますが、
季節的に見栄えは今一つなので、恵庭市の次サイトもご覧ください。
 http://www.eniwa.org/mizumidorihana/falls/

写真1 白扇の滝
恵庭遠滝

写真2 鮭の遡上が見られる漁川 
恵庭清流



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

久繁哲之介2011年の講演の枠組み

 あけまして、おめでとうございます。
皆様のご多幸を心より祈念申しあげます。

 さて、私の新年決意表明を兼ねて、
久繁哲之介の2011年「講演の枠組み」を示します。

「市民に愛される文化・物語を育む”xxづくり”」 です。
xx には次の6つを想定しています。


1) 街づくり  :街という「場所」の文化・物語づくり
   ↑
2) 商店街づくり:商店街という「場所」の文化・物語づくり
   ↑   
3) 店づくり  :お店という「場所」の文化・物語づくり
   ↑
4) 商品づくり :場所と人を繋ぐ「商品・食=スローフード」の文化・物語づくり
   ↑
5) 商店主づくり:提供者(商店主、自治体)という「人」の魅力・意欲づくり
   ↑      
6) 顧客づくり :消費者(顧客、市民)という「人」の魅力・消費と交流の意欲づくり


 上記の久繁理論(=日本版スローシティ)の本質は、6部門を
「下から、総合的かつ持続的に、繋げる」ことにあり、その構図は以下の通りです。

「6) 顧客や市民」と「5) 商店主や自治体」とを結びつける機能・媒体として
「4) 地域固有の商品や食」は最適。 
「3) 飲食店など店」「②店の集合体」「①まち」は、6と5が 4を媒介に出会い
 交流する場所と位置づけ、そこの賑わいは6,5,4の文化・物語との連携が肝要。


 衰退する都市の地域再生施策の問題点は、久繁理論の逆です。つまり「上から(目線)」で
「部分的(例えば、2の商店街の私益だけ)」な考えだから「繋がらない」ことにあります。


講演は依頼者様の属性・ニーズ等により、6分野の重点を絞りこみます。例えば、


1. 市民対象の街づくり講演は「1) 街づくり」を中心に据えます。

2. 商店経営者対象の講演は「2) 商店街(の文化、交流空間)づくり」を主に①⑤へ。

3. 商工会など経済団体向け講演は「3) 店(の文化、物語)づくり」を主に④⑤へ繋げます。

4. 食の街づくり講演は、「4) スローフード(な文化、まち)づくり」を中心に据えます。

5. 行政職員の意識改革研修は、「5) 人づくり」を主に全体との連携へ繋げます。


 その他、講演依頼者の実態と特性を踏まえたバリエーションを設定できます。
講演ご依頼は、次の要領にてお願いします。

1. 講演ご依頼は、下段の「コメント」をクリックして、必要事項を記入して送信下さい。
  ご記入頂いたメールアドレスへ、折り返しメールにて御連絡いたします
  (メールアドレスが間違っていて、せっかくの御依頼に、連絡できない事がありました)

2. 本文欄には「講演依頼の基本事項」を必ず書いて下さい。
   稀に、いきなり「講演依頼するとしたら、いくらですか」と、仮定の話で
  企画概要も示さず、ぶしつけに金額だけ聞く非常識な方がいますが、対応に窮します。

   なぜなら金額は、企画(講演の難易度や時間など)内容と相場を勘案して決まるから。
  そう言われても困る(自分で調べる意欲が無い)方は、以下を参照して下さい。

  講演依頼文の基本は、ネットで幾らでも検索できる。 例えば、コレ!

3. 講演ご依頼は日程が合えば、喜んでお受けします。 したがって、基本事項のうち、
   日程は複数候補をご提示頂ければ、講演日を確定して御返信いたします。



若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 久繁哲之介

地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?
(2010/07/07)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

テーマ : 地域活性化のために
ジャンル : ビジネス

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR