地方都市再生=中心市街地活性化の鍵は「女性の居場所を創る」~久留米市

 『地域再生の罠』読者から、福岡県久留米市の記述について
次の御意見を頂きました。

  久繁さんは『地域再生の罠』にて、久留米市を絶賛しているが
①久留米市の街中も他都市と同じように酷く衰退しているはず、
②では何故、どういう点で久留米市が良いのか?

 まず御意見①、その通りです。
写真1は、久留米市を代表する商店街「一番街」ですが、
歩行者数や空舗数といった目に見える「姿、数字」だけで判断
するならば、酷く衰退しています。

 ②では何故、どういう点で久留米市が良いのか?
この商店街で私が注目したのは、空店舗を利用したギャラリーです。
写真2がそれです。私が訪問した2010年1月19日(火)は
市民絵画サークルが、このギャラリーを借りて「絵画展」を開催していた。

 私こう見えても(私の外見は『地域再生の罠』裏表紙を見てね)
絵画鑑賞が大好きで、この絵画展に立ち寄りました。
 絵画鑑賞後、受付をしていた出品者(つまり、サークルメンバー)
4人の中高年女性(以下、市民と言う)と次のような世間話をしました。

私:地場百貨店の井筒屋が撤退した廃墟ビルに、市の中高年男性は
  また同じような大型商業施設を求める声が強いが、どう感じますか?
市民:廃墟のまま・何も無いよりは、何か施設があった方が良い。でも
  百貨店利用は月に1~2回だし、博多まで30分で行けるから、
  中途半端な百貨店つくっても利用されなくて同じことの繰り返し。
  それよりは、こうやって仲間と集えたり発表できる場が増えるといいね。
私:このギャラリー以外に、そういう場があれば教えてください。
市民:この先の商店街「二番街」は、いい感じ。ベンチが多くて
  その横に市民が植栽をつくり、そこに友達の名前が書いてある。
  友達も私も植栽が気になり、商店街に行ってはベンチで会話している。

 写真3,4がそれです。
これは『地域再生の罠』9章で私が提案する「物語消費」の一例です。
 久留米街中は、絵画や植栽など市民の物語作品を展示する場が幾つかあり、
その場が市民交流を促している。その交流空間の目前に、中高年いわく
「いい感じのお店」もあって、買い物や飲食の消費に繋がる。

 この交流空間で出会った久留米の中高年女性達の表情は皆
とても活き活きとしていた。他の地方都市では
あまり体感できない「心温かい」時間と空間だった。

            写真1
久留米4

            写真2
kuru3.jpg

            写真3、4
kuru1.jpg
kuru2.jpg



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

公務員と議員が読むべき本 第6回 藻谷浩介『ニッポンの地域力』書評

実測!ニッポンの地域力実測!ニッポンの地域力
(2007/09)
藻谷 浩介

商品詳細を見る


 独立行政法人から民営化された日本政策投資銀行の職員、藻谷浩介さんの本です。
藻谷さんの講演と書籍のスタイルは、私的に言えば「ID野球の地域づくり版」です。

 ID野球と言えば、ヤクルトや阪神の監督だった野村克也さんです。
野村監督と藻谷さんは、顔や体型など外見も似ていますね。

 野村さんのID野球の逸話を一つ。
野村さんがヤクルト監督時代の池山選手は、ぶんぶん丸と異名があるほど
長打もあるが変化球にからきし弱くて空振りが非常に多い荒削りな打者でした。
 野村監督は池山評を本人に伝わるのを承知でマスコミへ次のように「ぼやく」のです。

「池山は時速150㎞の速球に目を奪われて、速球待っては変化球を空振りしよる。
 データを見れば変化球が多く、速球は見せ球のボールなんや」と。

 まちづくり関係者は、「データを考えない、目立つことに目を奪われる池山選手」に
喩えることができます。他都市の施策を実情を考えないで
真似をしては空振り続きの地域づくり関係者の前に、野村監督に外見と思考が良く似た
藻谷さんが講演で現れる。藻谷さんは、こう言う。

「皆さんは、目立つことに目を奪われて妄信しているが、データ的にそれは正しくなく、
事実はこうです」と。

 銀行員である藻谷さんの「データの収集と分析」は、ID野球よりも緻密です。
本質やデータを考えもしなかった「まちづくり関係者」は池山選手と同じように
「目から鱗です」と言う。
 両者の言うことは同じでも、行動は全く違います。

池山選手は、聞きっぱなしにせず実行に移した(その結果、成績を上げた)。
まちづくり関係者の殆どは、聞きっぱなし。


藻谷さんは「パーソナル・ブランディング」の達人?


 藻谷さんは講演で「私は年間400回以上の講演を全国でこなしている者」
「講演は累積3000回以上」「訪問都市は全国市町村の99%を制覇」と
自己紹介(自慢?)しています。

 著書でも、やはり上記と全く同じ文言で自慢しています。
この自慢を、講演で聞かされた地域づくり関係者から次のような話を伺った。

「年間400回、累積3000回、99%制覇」と数字で自身を誇る様は、まるで
「付き合った女性の数を自慢」している感じ。
でも、その数字は凄すぎる。私(の地域)だけが、
藻谷さんの講演を聞いていない(訪問してもらえていない)と、他に後れをとる。


 そう、地域づくり関係者は横並び意識が非常に強い。
私が思うに、藻谷さんが繰り返し数字を強調して自慢(自己紹介)する本当の意図は、
戦略的な「パーソナル・ブランディング」ではないだろうか?

「年間400回、累積3000回、99%制覇」と言えば、
「付き合った女性の数を自慢」しているような嫌悪感を与えることもある。
しかし、この数字は誰の目にも「偉業」と映る。
嫌悪感など簡単に吹き飛ばす破壊力がある。
 
 このような戦略的な「パーソナル・ブランディング」は、
観光地など地域づくりにも有効です。すなわち、嫌悪感を吹き飛ばすような
「お国自慢」を全国へ発信しよう。そして
ご当地の魅力を、私だけが知らないと遅れをとると感じさせよう。


 さて、「年間400回、累積3000回」を誇る藻谷さんの講演を
私は聞いたことが無い。 一方、何度も聞いた方もいて、その方曰く
「毎回、佐世保の商店街を、成功事例として紹介しているが、
藻谷さんの講演を聞いて、活性化に成功した地域を聞いたことはない」と。

(これを詳細に考察するサイトがある 藻谷理論の批判的検討


 これは重要な問題提起だ。
 殆どの地域が藻谷さんの講演を聞いたことがあるのに、
活性化した地域は殆どないのは何故だろうか? 
理由は2つ考えられる。

①講演を「聞きっぱなし」、何も行動にうつさない。これが圧倒的に多い。

②助言を行動にうつしたいが、具体的にどうしていいか解らない。
 つまり、「データ的に変化球が多いから、速球に惑わされず変化球を狙いましょう」
 と助言されても、どの球種に絞って、どのように打つべきか解らない。
 具体には、球種を地域資源に置き換え、打つ方法を活用方法に置き換えると
 良さそうだとは解る。そこで、同じ地域資源を活用する
 前例を探して上辺を真似するが、失敗する。

 この②については、拙著『地域再生の罠』で指摘しています。

①については次回、勝間和代さんの本を例に考察する予定です。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

公務員と議員が読むべき本 第5回 齋藤一成『100円商店街の魔法』書評

100円商店街の魔法100円商店街の魔法
(2010/04/08)
齋藤 一成

商品詳細を見る


 著者の斎藤一成さんは地方公務員(山形県新庄市職員)ですが、本書は随所に斎藤さんの
「人との交流を大切にする人間的な温かさ」が溢れていて、とても共感できます。
 
 そう、衰退した新庄商店街が(少しは)活性化した本質は、「交流」にあります
客の少ない商店街が、月に一度のイベント時に「100円商品」を置くと、話題性と安さから
「一時的に集客」できますが、これだけでは「100円ショップ」と何も変わりません。
 むしろ、安売が利益を圧迫したり、後に定価では売れなくなるリスク
を秘めています。
 
 斎藤さんは商店主に「当イベントを機に、顧客と”会話・交流”しよう」と訴えています。
すなわち”100円商品は顧客と商店主の間に「交流を創出」する魔法”と言いたいのですが、
読者(特に商店街のオヤジ)の多くは、この主張本質を理解できないと私は危惧します。
つまり「うちの商店街も100円商品を置けば成功する」と誤解しないか心配しています。

 本書は他にも読み所が多い。本日は参院選翌日なので、地方公務員である斎藤一成さん
「ご自身の失敗談」と、「国への苦言」に注目して紹介したい。

1)ご自身の失敗談 

 本書は、ご自身の失敗談から始まります。
1章:齋藤さんが新庄市の活性化施策として、最初に取り組んだ「ミニFM局」です。
 事業の「立ち上げ、起業」は僅か3人で、会議の場所も無いから公共施設の休憩場を利用して
会合を重ねた苦労話に脱帽です。
 軌道に乗り世間から注目されると、金も人も集まる。人が集まりメンバーが増えると、
当初目的から逸脱した行為が生まれる。
 逸脱者(つまり、軌道に乗ってから加入した新メンバー)が多勢を占めると、
苦労した立ち上げメンバーは次のように告げられた。

15頁:齋藤さんは、別の団体としてやってもらったほうがイイんじゃないですか?
 
 この失敗談は地域再生の団体設立にも、会社設立にも、よくある話ですね。

2)国への苦言

①40頁:まちづくりを考える際に、しばしば行われる安直な「先進事例の報告を聞く」
「先行事例の現場を視察する」という、あのウンザリするほど陳腐な手法を
 彼らは経験したことがない。そして自分で考えることをやめた人々によって広がる
「猿真似まちづくり」を密かに冷笑しているのかもしれない。

②194頁:議員の先生方をはじめ、商工会議所、商工会、商店街の方々などなど、優に
百を超える数の視察団体を受け入れた。面白いのは、今述べた順番が後ろに来れば来るほど、
 地元に帰った後に100円商店街が起動する率が高いということだ。(中略)
 単なる出張予算の消化のための、はなから事業に取り組む気持ちのない「視察(観光?)」
申し込みは、そろそろご遠慮いただきたいところだ。

③92頁:100円商店街を考案するにあたり、日本各地の商店街活性化事業を調べたが、
 まったく使い物にならなかった。従来の活性化事業の根底に流れる考え方は、
 六十年前からまったく進化していなからだ。

④93頁:商店街にただ人を集まるためだけに、行政から大量の補助金を受け取って、
 さまざまなソフト事業に投下しているのが全国各地の商店街活性化事業の姿である。
 「もったいない」を通り超して、もはや「無駄」と言わざるをえない。

⑤225頁:机上で「中心市街地の活性化に関する法律(中活法)」などというシロモノを
 つくったところで、商店街は活性化しない。


 引用①と②は、地域再生の弊害「成功事例模倣」の温床である
「視察の無為性」を主張している。
 引用③~⑤は、中心市街地活性化や商店街活性化における
「補助金事業の無為性」を語っている。

 以上5つのコメントには、何も目新しいことはない。
もう誰もが知っていることを地方公務員が正直に言っただけ。
この真実を地方公務員が言うこと、商店街活性化を司る経済産業省関連のアドバイザーである
斎藤氏が言うことに意義がある。

 参院選で国民は、消費税増税にNoをつきつけた。
みんなの党のメッセージ「消費税増税の前に、やることは沢山あるだろ」
に国民は共感した。やることの一つが
「無為な補助金事業」の大胆な見直しです。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

公務員と議員が読むべき本 第4回 木村俊昭『「できない」を「できる!」に変える』書評

「できない」を「できる!」に変える「できない」を「できる!」に変える
(2010/01/13)
木村俊昭

商品詳細を見る


 今回から3回連続で、公務員および公益法人職員の本を紹介します。
本日は、農林水産省の職員「木村俊昭」さんの本を紹介します。

『「できない」を「できる!」に変える』って木村さんのビジョン、素晴らしいですね!

 拙著『地域再生の罠』は、「できること(簡単に模倣できる成功事例)」を探して
一生懸命に模倣する地域ほど衰退する罠を描き、地域再生に必要なビジョンを示しました。
 木村さんと私のビジョンは、使う言葉が違うだけで、本質は同じなので共感します。 

 また、私が講演でよく言うことがあり、それと同じことを木村さんが
『「できない」を「できる!」に変える』150頁で次のように言っている点にも共感します。

 人口5万人で2万世帯のまちなのに、わずか10社程度の会社のために、
まちをあげて特産品を売ったところで、まち全体が潤うわけがありません。
 
 
 私の講演では、会社を商店街と置き換えて説明しています。
東京の江東区が僅か20世帯にすぎない商店街のレトロ化事業に
なんと3億円弱の補助金(つまり税金)を使うという話があります。
 
 木村さんの言葉を借りれば、江東区の人口は約42万人で
世帯数は20万強の街なのに、その1万分の1の僅か20世帯の
商店街のために、約3億円の税金を使ったところで、まちに住む
99.9%の市民は全く豊かになれません。
 
 しかも、この商店街活性化の目的を区役所に尋ねたところ
「観光化して、観光客を呼び込む」ことだそうです。地元市民が
日常の買い物や交流の拠点としようとは全く考えていないのです。

 計画策定の手順を聞いてみると、土建屋コンサルタントに調査を依頼して、
レトロ化というコンセプトを作る。
 その成功事例で有名な大分県の豊後高田へ施設へ行き、
成功事例に模倣をする…

 このような「地元市民のことを考えないで、土建屋の言うことを聞き
遠くにある成功事例を模倣する地域づくり」の弊害を
『地域再生の罠』で指摘しています。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

公務員と議員が読むべき本 第3回 後藤哲也さん『黒川温泉観光経営講座』書評

黒川温泉 観光経営講座 (光文社新書)黒川温泉 観光経営講座 (光文社新書)
(2005/02/16)
後藤 哲也松田 忠徳

商品詳細を見る


 かつてデイズニーランドの幹部研修に、黒川温泉の後藤哲也さんの宿へ行き、
顧客がなぜ、どのように癒されているかを感じとるものがあった。

 後藤哲也さんは露天風呂作りの達人です。彼は自分の宿だけ素晴らしい露天風呂を武器に
集客しようとはしなかった。黒川温泉の全ての宿に、露天風呂を作る支援をした。

 つまり、私益を求めず、公益(地域全体の利益)を重視した結果、
黒川温泉は全国有数の温泉地になったのです。

入湯手形の本質は「地域全体の利益と発展」

 黒川温泉が1986年に導入した入湯手形の本質も「公益(地域全体の利益)」を重視してのこと。
黒川温泉の全宿に素晴らしい露天風呂を作ろうとしたが、立地の制約から
宿ごとに露天風呂の質は異なるし、露天風呂を作れない宿もあった。
入湯手形は全ての宿に宿泊客が来るように考えた結果の施策です。

 入湯手形は今では全国の温泉地が模倣するビジネスモデルになった。
だが、その本質を理解しない上辺な模倣が目立つ。
「地域全体の利益と発展」の仕組みは次の通りです。

1200円で入湯手形を買うと、三軒の旅館の風呂に入れる。
手形の有効期限は6カ月、期間内に15軒利用すると、宿泊補助券など賞品を出すことでリピートを促す。

 本書では、入湯手形を導入した本質(経緯)を次のように語る。

14頁:当時はまだ、露天風呂のない宿がいくらかあったからです。

15頁:入湯手形を実施してみると、お客さんが泊まった宿だけでなく、
  よその風呂にも行くようになるわけですな。そうなると比較されるわけです。
  風呂だけでなく、フロントや廊下や接客態度も見られる。あっちの風呂が
  よかったとか、こっちの接客がよかったということになる。だから結果的に、
  お互いが切磋琢磨することになります。

203頁:つまり県の考え方、自治体の考え方は、まったくお客さんという存在を
  考えとらんということ。(中略)「隣の町で造ったから、うちも造らにゃ」という動機で始めて、
  経営不振になるといつの間にか福祉施設にすり替える。自治体で温泉を経営して、
  それがお客さんに受けるはずがなかです。それはそもそもの考え方が、
  ただ風呂さえ造ればいい、  景色のいいところに造ればいい、
  そんな考え方でしかなくて、温泉の在り方など奥深く考えとらんからです。



 後藤哲也さんは、全国の温泉地から呼ばれ、講演と露天風呂作り指導に奔走する。
後藤さんがそこで一番感じるのは「自治体のダメさ・やる気のなさ」です。

 自治体のダメさ・やる気のなさは、古くから至るところで語られてきたテーマです。
自治体改革を論じる本も多く出版されていますが、地方自治は未だに変わっていません。
 
 なぜでしょうか?
拙著『地域再生の罠』は、それを解き明かし、地域再生の途を示しています。


 
     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR