箱根駅伝に出場する大学の多くが合宿で使う聖地:大島で走る→滞在→移住

「関係人口⇔交流人口⇔定住人口」を活かす地方創生

 関係人口が地方創生の新しいキーワードとして注目・乱用されています。 
関係人口の意味は「関係人口⇔交流人口⇔定住人口」で考えると、分かりやすい。

 右(定住人口)ほど、人口の獲得が難しい。左ほど、人口の獲得が容易。だから、まず
関係人口を獲得して、交流人口→定住人口へ進化させたい、と地方都市は考える。

 でも、うまくいかない。理由に「関係人口と交流人口の定義が不明確、混在」がある。
そこで私は以下のように定義する。

定住人口は「住む」機能に着眼した「人口数」。統計は1人単位で正確に分かる。
交流人口は「労働、観光」機能に着眼した「就労者数、観光者数」。統計は概算。
関係人口は「自分で楽しむ、仲間を応援する」人の数。統計しにくい。


 関係人口は、マラソンに喩えると、分かりやすい。
自分で楽しむ人は「プレイヤー、ランナー」であり、趣味人口として把握できる。
仲間を応援する人は「沿道の応援者、運営者などボランティア」で、大会時に出現する。

 以上より「関係人口は、地元の人は定住人口を兼ねる、よそ者は交流人口を兼ねる。
マラソン大会の開催では、交流人口は一時的に増えるが、定住人口は増えない」と分かる。

 定住人口を増やすには、関係人口は「1回だけのマラソン大会(イベント)依存ではなく、
学生の合宿など毎年恒例の定期的な訪問」を誘う戦略的な獲得が求められる。

 そこで以下に、マラソンの定期的な訪問と、後継者不足の解決策とを、連携した
関係人口を活用する地方創生の実例を示します。



関係人口を趣味人口に喩え、趣味のツボを押す、地方創生

 マラソン・ジョギングが趣味の人へ、箱根駅伝に出場する大学の多くが合宿で利用する
大島(東京から高速船で100分の離島)で、あなたも滞在(合宿)して、走ってみよう?

 大島のマラソン・コースは、海風を受け、起伏に富むので、箱根駅伝の練習に最適。 
富士山と海を望む絶景コースだから、気持ち良く走る内に、タイムが良くなる(のかも)。

 マラソン・ジョギングが趣味なのに、こんな素晴らしいコースを体験しないなんて、
もったいない。 宿と温泉も素晴らしいので、ぜひ大島に滞在して走ろう!

 来月4月7日(土)、このコースを走る「大島ウルトラマラソン」は誰でも参加できます。
大島ウルトラマラソンの詳細は、ココをクリック 3/18申込〆切

写真1) 箱根駅伝の出場校が合宿で使う、大島の「サンセットパームライン」
oosima5.jpg

写真2)大島の「サンセットパームライン」は、富士山と海を望む絶景
oosima6.jpg



関係人口(趣味人口)と連携した、後継者さがし

 大島サンセットパームラインの近くにある、トリップアドバイザー受賞施設(2014年)の
ペンション「すばる」は、おもてなしと食事が素晴らしく、おススメです。

 食事が美味しい証を紹介します。 下田さん夫妻が開発した「椿花びらジャム」(写真4右)は、
美味で話題となり、東京の1流ホテル「椿山荘」が供給を受けて販売(写真4左)。

 オーナーの下田さん夫妻は、ご高齢ゆえ、事業継承者(後継者)を探しています。
合宿や観光のニーズが高く、経営的には良好な様です。
マラソンや釣りが趣味の人なら、趣味を堪能できる抜群の環境です。

 ペンション経営を企画中の人、ペンション「すばる」へ旅行を兼ねて行ってみよう。
ペンション「すばる」の公式Web・連絡先は、ココをクリック

写真3)大島のペンション「すばる」前で、オーナーご夫妻の下田昭彦さん・八重子さん と私
oosima2.jpg

写真4)下田さん夫妻が商品開発した「椿花びらジャム」(写真4右)は、美味で話題となり、これは
東京の1流ホテル「椿山荘」が供給を受けて販売(写真4左)
oosima3.jpg

写真5)すばる特製ランチョンマットの上に、トリップアドバイザー受賞式の写真と認証
oosima4.jpg

写真6) 大島には、日本で唯一の砂漠があり、観光も楽しめる!
大島1


   若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰 地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

           講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

  

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

「米が来月、北に厳しい対応も」と防衛相に言わせた意図、開戦等のリスク

 10月10日(日本は衆院選挙公示日、北は朝鮮労働党創建記念日)、防衛相が
「米が来月、北に厳しい対応も」と語ったテレビ・ニュースが話題です。

 ソース:「米が来月、北に厳しい対応も~小野寺防衛相」日テレNEWS
この手の形式的な話で着眼すべきは、発言内容ではなく、発言者(と発言日)。
通常は逆に、誰が言ったか(発言者)ではなく、何を言ったか(発言内容)に着眼

論点1: 厳しい対応の解釈は、発言者が総理や外務相であれば「経済制裁」だが、
防衛相であれば「軍事制裁」の可能性が高い。

論点2: 発言日は衆院選挙公示日で、日本国民へ次のメッセージ・かけひきを発信。
「衆院解散の大義が無いと言われるが、来月に開戦リスクが高く、国はそれに備える。
国民の皆さん、覚悟しておいてね」

論点3: 発言者の防衛相は決められた事しか言わない(から失言は無い)堅実派ゆえ、
言わせられたと解釈。言わせた胴元は、たぶんトランプさん

論点4: 発言日(朝鮮労働党創建記念日)から、北へトランプさんの「かけひき」と解釈。

論点5: 真の発言者、トランプさんは(相手が怒る・びびる)かけひきカードを何枚も
切りながら、落としどころを探る世界基準のビジネスマン。

以上から導く普遍論: 以上(特に論点5)のように把握できない人は、相手が
「かけひきカードを切る度に、怒る・びびる」。

 逆に、かけひきと把握できる人は、クールに(冷静に、賢く)対応する。
クールに対応できないと、怒り(びびり)すぎて、病気や争い(戦争)に陥りますよ。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 1~人口減少対策編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 2~自治体経営&中小企業経営編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料3~働き方を改革する場所に人が集まる編



『競わない地方創生~人口急減の真実』 amazon紹介文
【間違った前提で考えない。現場視点の現実的な方策】

● 「子育て世代が格安な価格で入居できる公営住宅」で人口を急増させ、「成功事例」とされた自治体の人口はその後急減した。「人口を金で買う」より有効な方策がある。 【→解決法は第1章】

●大企業の地方移転を政策化しても投資対効果は非常に低い。本社を移転しても、
採用枠は非常に狭い。最大の問題は、普通の若者に実現しない期待を抱かせる罪深さにある。 【→解決法は第4章】

● 「地域おこし協力隊」は定住率48%。起業率4%。「大きな成果を上げている」というのはタテマエで、でっちあげられた偽りの「成功事例」だ。 【→解決法は第1章】

● 役所の3悪は「計画に金と時間を浪費」「大きな事業が大好き」「真似ばかり」。 【→解決法は第2章】

● 「協働」がうまくいかない3つの理由。① 主役の座と手柄を協働者に譲らないで、自治体が欲しがる。 ② 協働者である市民にタダ働きを強いる。  ③自治体はコストとリスクを取っていない。 【→解決法は第4章】

●役所の中小企業支援策は「再生、創生」のネーミングとは裏腹に、存続が困難な企業の寿命を少しだけ先送りする「延命策」にすぎない。 【→解決法は第2章】

●自治体が何か文書化(制度化)するときれいごとやタテマエばかり並べて、形骸化して全く機能しないことが多い。 【→解決法は第5章】

●① 「地方に仕事はない(仕事の東京一極集中)」論のウソ  ② 「地方の若者は大都市へ流出(仕事の東京一極集中)」論のウソ ③ 「東京の出生率は低いから、地方に移住させれば出生率は上がる」論のウソ 【→解決法は第7章】

● B級ご当地グルメブームはなぜ終焉したのか。問題は? 【→解決法は第6章】

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

爆買終焉、観光と商業の政策は見直し必至~中国が訪日団体観光を制限

円安に依存した海外観光客誘致策=インバウンドのリスク露呈

 中国が訪日団体旅行を制限し始めた。 爆買は低迷する中、いよいよ終焉へ向かう。 
事実、先週の株式市場は上昇基調の中、爆買の恩恵が大きい百貨店やドンキは暴落。

 爆買に依存した観光・商業の政策は、見直し必至ですよ。
中国の狙いは何か? 昨日の東京新聞より読み解こう。
 中国、訪日団体旅行を制限~東京新聞9月16日

 東京新聞は、中国が訪日団体旅行を制限する目的として、次2点を挙げる。
1)海外での爆買は、資本流出と自国通貨安を引き起こすので、為替政策
2)韓国に同じ措置をしているので、北朝鮮にミサイル乱発への制裁を牽制

 余談だが、東京新聞はこのように、全国紙が書けない内容を、わかりやすく書く。
その為、政府の情報隠蔽的な記者会見に、東京新聞は的確な質問を浴びせる。
 例 加計疑惑めぐる安倍官邸の抗議に東京新聞の望月記者が反論

 政府の広報誌にすぎない、全国紙(特にY新聞)やテレビ(特にNHK)では
分からない事実を知りたい方は、東京新聞オススメ! 購読料も格安!
 新聞定期購読料金の比較~東京新聞2623円/月:朝刊のみ

 実は、私へのインタビュー依頼は東京新聞が多い。  隠蔽される事実を報道したい
って記者の姿勢は好感もてる。 この姿勢、本来マスコミの基本だけど、他社は?
 新聞テレビの「タダで取材、発言一部だけ切り取る情報操作」お断り宣言



『競わない地方創生~人口急減の真実』 目次

第1章 人口減少対策をビジネスの基本から導く
第2章 弱者(地方都市、中小企業)の経営は、強者とは正反対
第3章 弱者は競争するな。自分が1番になれる軸を創る
第4章 1番になる最良の方法は、協働という「働き方」
第5章 学習しない高給な公務員が、地方を滅ぼす
第6章 顧客価値は顧客目線な遊び心から創造される
第7章 現象でなく原因を考えると、人口急減の理由が分かる


       若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 1~人口減少対策編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料 2~自治体経営&中小企業経営編

『競わない地方創生~人口急減の真実』 講演資料3~働き方を改革する場所に人が集まる編

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

マスコミ腐敗を数字で検証~朝日43.7%、毎日26.1%、産経20.7%、読売2.6%

 朝日43.7%、毎日26.1%、産経20.7%、読売2.6%
この数字、全国紙(テレビ局)各社の特性を的確に表すが、意味わかりますか?

 NHKクローズアップ現代やらせ等に関するBPO(放送倫理・番組向上機構)意見書の内容を
報じる11月7日の朝刊記事のうち、政府与党の対応を批判する記述の字数割合 です。

 BPO意見書の論点は以下3点。
1) NHKのやらせを 「重大な放送倫理違反」という批判
2) 総務相の行政指導を 「放送法が保障する『自律』を侵害する行為」という批判
3) 自民党の呼び出し行為を 「政権党による圧力」という批判
 詳細はコチラ BPOの政府与党批判 紙面の扱いに大きな差~全国紙検証

 3点のうち、2点が「政府与党の対応を批判する記述」だから、字数割合の正常値は
政府に遠慮しても、50%前後になるはず。 正常に書いたのは、朝日(43.7%)だけ。

 そもそも、政府を批判しているのはBPOであり、新聞社ではない。 だから、新聞社は
政府に遠慮する必要はない。 でも、朝日以外の新聞社は政府に遠慮する。

 これが「マスコミ(と政府の癒着)」の実態。 特に、読売の2.6%は酷い。
「政府の応援団」&「霞が関の広報誌」と揶揄される読売は、本性を露呈している。

 でも、発行部数の多さは、読売がダントツ日本一。 以上より私たち読者が学ぶべきは
1) 見るべき新聞と番組は厳選する(なるべく見ない)
2) (もし見るなら)新聞テレビは疑ってみる



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

           講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)
                  
 

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

商店(街) の活性化に 「新聞社の政経懇話会」型 コミュニティを使おう

 商店(街)の活性化に「コミュニティを活かしたい」という要望が増えています。

 そこで、本日は 「新聞社の政経懇話会」型 コミュニティを、商店(街)活性化に使う
新しい手法を紹介します。

 なぜ商店(街)活性化の事例に、異業種である「新聞社の政経懇話会」を使うのか?
私は『商店街再生の罠』『コミュニティが顧客を連れてくる』で、次のコトを強調しています。

 成功したいなら、学ぶべきは 「同業で成功する事例の表面」ではなく
「異業種で成功する事例の本質」



 さて、政経懇話会とは、地方新聞社が、地元の政経(政治・経済)界の
名士を会員化して、会員に「情報収集と交流の場を提供する地域コミュニティ」です。

「情報収集と交流の場」として、新聞社(店主)は毎月、著名人を招いた講演会を開きます。
「講演会の前後に、懇親会がセット」されますが、この懇親会=コミュニティがポイントです。 

 政経懇話会の会員になる「特典=メリット」は、次2点に集約できます。
1) 学習: 著名講師の講演を聴講して、学習できる。
2) 交流: 著名講師や会員同士と、食事をしながら、交流できる。

 この特典を得る「対価=会費は、年間10万5千円(税込)」が相場です。 →ケースB
「講演会1回あたりの参加費は9千円弱」と換算できます。           →ケースA
 
ここからが本題で、ケーススタディ形式で、顧客視点と販売者視点に分けて説明します。

ケースA) 久繁哲之介の講演会 1回(懇親会付き)が「参加費9千円」とします。
 あなたは、この「商品の価格 9千円」を、高いと感じていませんか?
 

ケースB) 地元の政経界の名士を会員化する地域コミュニティ(年会費10万5千円)に
 あなたは参加を承認されて、年12回ある講演会の1回が、久繁哲之介の講演とします。
 あなたは、この「商品=サービスの価格」を納得して、喜んで購入するのでは?


 以上、顧客視点の説明で、私の言いたいコト、もう分かって頂けたと思いますが、
以下に、販売者視点から説明
するので、商店街関係者は心して読んでください。

 ケースAのように、講演会という「商品=販売者が売りたいモノ」だけを売るのは、すごく難しい
商品の価格9千円は、顧客に割高感が強いから、売る為の戦術は「価格競争」に限られます

 価格競争という土俵では、商店街が、大型店やネット通販に勝てません。
(参考: 価格競争の王者、ヤマダ電機さえ今では、赤字に喘ぐ理由を解説する記事
 商店街が利益を出すには、価格とは違う土俵で、ネット通販等との差別化が必要です。

 ケースBのように「コミュニティ=顧客のしたいコト」と商品の一体化 は、差別化の好例です。
これが 拙著『商店街再生の罠~売りたいモノから、顧客がしたいコト』 の本質です。


政経懇話会がビジネスモデルとして優れている秘密が、もう一つあります。
講演会という商品が、翌日の新聞記事という別商品に、原価ゼロで活用できるのです。

 以下をクリックすると、伊勢新聞 政経懇話会で私が講演した記事をご覧頂けます。
伊勢新聞 政経懇話会 久繁哲之介の講演 記事

 ここにも個店・商店街が学ぶべきことを見いだせます。
つまり、講演会など「1つの取組」から「複数の効果を得る仕組みを創る」ことです。


 最後に、すごく重要な 注意事項 です。 上記のような
成功事例を見聞した時、くれぐれも「表面だけを見ない=猿真似しない」こと! 

 上記事例を表面的に見ると、年会費の高さなど「ボトルネック(マネする困難度)」にばかり
目を奪われてしまい「マネが簡単な事例を探して、猿真似する」悪習慣を断ち切れません


 大切なコトなので換言します。最初は、ボトルネック(マネする困難度)は見ない。
本質(上記の場合、定期的に集まり学習・交流を楽しめるコミュニティ創り)を見る
のです。

 以上の「仕組み創り」と「コミュニティ=顧客のしたいコトと商品の一体化」のノウハウは
『コミュニティが顧客を連れてくる』と『商店街再生の罠』で 詳解しています。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  


テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR