就職→転職→起業のキャリア開発で、中小企業(が多い地方)も成長する地方創生~安売りしない(高い価格で売る)方法の名著『100億マニュアル』書評1

ブログ『久繁哲之介の[地域力、経営力]向上塾』10周年企画第2弾は、2019年8月刊行
就職→転職→起業のキャリアを商品開発で築いた梅澤伸嘉著『100億マニュアル』
書評の連載です。

素晴らしい名著ですが、21450円という価格の高さからか、あまり読まれていない様で残念!
刊行から1年ほど経過したので、ネタバレ的な解説を含む書評の連載を始めます。

初回は著者、梅澤 伸嘉 (うめざわ のぶよし)氏の「キャリア・実績づくり」と「安売りしない・
高い価格で売る商品開発、ブランディング」を、21450円の本をもとに解説します。


『100億マニュアル』著者、梅澤 伸嘉さんの王道キャリア

梅澤氏は戦前の1940年(昭和15年)生まれ。今年で80歳。 本を刊行したのが
79歳 という点に、まず感服します。
キャリア・アップに定年・限界は無く、成長し続けたいですね!

梅澤氏の学歴は、愛知学院大学で経営学博士を取得。
職歴は先ず、サンスターに 就職。サンスターで成功し、日用品業界で世界一の
ジョンソン・エンド・ジョンソン(以下、ジョンソン)へ転職。
ジョンソンで成功した後、1984年に44歳で独立、商品企画エンジン㈱を起業。

「就職→転職→起業のキャリア・パス」は欧米では、王道(デファクトスタンダード)! 
ジョンソンやグーグルなど業界で世界一の企業に、未経験者=新卒では入社できない


就職→転職→起業のキャリアで、中小企業(が多い地方)も成長

中小企業で、若くして仕事を任され、実績を創った有能な人だけが、大企業に入社できる。 
だから、中小企業(が立地する地方)も成長する! 地方創生の観点からも重要な話。

要は、大企業は中途採用が中心で、新卒は中小企業へキャリアを創りに行く。
日本も意図せずとも、こうなるよ。
なぜなら、AIで事務仕事は消滅し、創造的な仕事ができる人材が欲しい。

高学歴な新卒は、事務仕事は得意だが、創造的な仕事は???
創造的な仕事ができる否かは、実績で判断する(学歴不要論)!


学歴と最初の就職は重要でなく、就職後の実績で、起業に成功

キャリア・パスの王道を別の視点から説明します。 誤解を恐れずに言うと、
梅澤氏の学歴と最初の就職先(当時のサンスター)は一流とは言い難い。

最初の就職先で成功できた結果、その業界で世界一の大企業からスカウトされた。
世界一の大企業でも成功し続けた結果、独立・起業しても仕事の依頼が絶えない。

巷の「独立・起業を奨励する本」は「誰でも、いつでも独立・起業はできる」と、正しくない
誇張が多い。起業後に直ぐ仕事を得るには、小さくても良いから成功しておく必要がある。

独立・起業(キャリアづくり)の基本を、梅澤氏の経歴から学びたいですね。
次は「安売りしない(高い価格で売る)商品開発、ブランディング」を、
本の価格設定を例に説明します。


本の価格設定は、1頁3~10円が掟vs梅澤氏の本は1頁44円

本は、値引き禁止、本の種類で次のように価格設定する等の掟があります。 
新書や文庫本:1頁3~4円。 単行本:1頁5~8円。 専門書:1頁10円。

拙著『日本版スローシティ』は250頁を書き上げた後、私は2000円以下を希望しましたが、
この掟から2500円という価格に決まりました。このように
専門書は「頁250以上と分厚い、価格2500円以上と高い」が多く、あまり売れません。
分厚い本、読むには気力いるよね。 高い本、買うのは躊躇するよね。

そんな中、梅澤伸嘉著『100億マニュアル』は、486頁で21450円(1頁44円)。
これほど「分厚い本、価格が高い本」は、世の中にない常識やぶりな商品、と言えます。

この「常識やぶり(業界の掟やぶり)」な高い価格の理由を、私は以下のように推測します。
梅澤氏は著書で「まだ世の中にない商品を創り、高い価格で売れ」と主張します。


「世の中にない商品を創り、高い価格で売れ」を有言実行した本

自分の主張を『100億マニュアル』の内容と価格で実践した「有言実行」が素晴らしい。
一方、巷には「安売りするな」と主張しつつ、自分の本は安く売る「有口無行」な本が多い。

あなたは、どちらの本(著者)に「ブランド=商品価値」を感じますか?
もちろん「有言実行な本(梅澤氏)」ですよね!


ブランド(商品価値)づくりの肝は、有言実行な姿勢

両者の比較から「ブランド(商品価値)づくりの肝は、有言実行な姿勢にある」と分かる。
綺麗事を言うだけで、それが実行されていない商品・政治家は、いつか淘汰される。

逆に、有言実行な商品・人は、ブランド(商品価値)が長く持続する。 この成功例として
79歳で名著『100億マニュアル』を刊行し、80歳の今も活躍する梅澤氏に敬意を表したい。

皆さんのキャリアは、有口無行な安売り本を何冊も読むより、梅澤氏の『100億マニュアル』を
精読した方が、効果は100倍以上ありますよ。




 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

popa.jpg

コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方
(2012/10/01)
久繁 哲之介

商品詳細を見る


テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

パラダイム・シフトとは~ベストセラー『7つの習慣』500頁の要点を1分で読む

 世界的なベストセラー『7つの習慣』 導入部 20頁に、次のテストがあります。

以下の絵に、女性が見えますか? 彼女は何歳くらいですか?
damas.jpg

 
答えは 「二人の女性が見えます。 一人は、ゆうに70過ぎの老婆、
もう一人は、20代の八頭身(顔が小さい)美女」 だそうです。

 著者いわく「ほとんどの人は、どちらか一方しか見えない。なぜなら、
”女性が見えますか? 彼女は何歳くらいですか?”と聞かれたら、
答えは一つと決めつけて、一人の女性を探し、一人をみつけた時点で、
もう別の見方(視点)を持てなくなってしまう
(中略) 私たちは、物事を
あるがままに見ているつもりでも実は、ある種のレンズを通して見ている」と言う。

 ベストセラー『7つの習慣』は、自分の「レンズ(視点、パラダイム)」を理解し、
それを転換させる方法と習慣を、500頁の分量で解説しています。

 上の絵を見ても、どちらか一方しか見えない方へ「視点を転換する」ヒントです。
若い女性しか見えない方は「耳を目に、ネックレスを口」に視点を転換しましょう。
老婆しか見えない方は逆に「老婆の目を、若い女性の耳に」に視点を換えましょう。


若者バカ者まちづくりネットワーク」主宰 久繁哲之介

地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?
(2010/07/07)
久繁 哲之介

商品詳細を見る


テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

公務員と議員が読むべき本 第11回 D・カーネギー「人を動かす」書評

人を動かす 新装版人を動かす 新装版
(1999/10/31)
デール カーネギーDale Carnegie

商品詳細を見る


 これは私が若い時に一番、感銘して影響を受けた本です。
1937年に初版刊行以来、1500万部以上いまも売れ筋のロングセラー名著です。
今も昔も、人は皆「人を動かしたい」と強い願望をもっているんですね。

 本書は第1~6部の6部構成です。第1部で「人を動かす原則」を示し、
第2部以降のタイトルは「xxする法」つまり、具体的なテクニック集です。
 本書への書評は既に多くの方がネット上で公開されています。
お勧めはアルファブロガー聖幸さんのブログ「俺と100冊の成功本」です。

 聖幸さんはブログ開設時まっさきに本書を何回かにわたり書評されています。
本書の詳細は、聖幸さんのブログを見て頂くとして、 
私は「地域再生」と関係づけて話を進めます。

 私は「人を動かす原則」にフォーカスをあてます。
本書は「人を動かす3つの原則」を次のように示しています。

①盗人にも五分の理をみとめる
②重要感をもたせる
③人の立場に身を置く

 「人(相手)を動かす3つの原則」を私的に次のように要約します。

相手の立場から、相手の気持ちを配慮し、相手に重要感をもたせる。

本書19頁には、私の要約に近い次の記述があります。

「人を動かすには、相手の欲しているものを与えるのが、唯一の方法である」

 そう、人(相手)を動かす本質は「視点を相手に置く」という実にシンプルなもの。
でも、現実はそれをなかなか実行できない。すなわち、
多くの人が、多くの場面で「自分を視点に置いて」いるんです。

 例をあげましょう。私は商工会議所・商店街など商業業関係者への講演が多い。
彼ら商業関係者の話を伺うと、ほぼ全員が
「なぜ売れないか」という視点から考えて、施策を導こうとしています。
これは、まさに「自分を視点に置く」発想です。

 この「自分を視点に置く」発想から出てくるのは、
「売れない理由、言い訳」のオンパレード。
 例えば、近くに大型店が出来た、行政が何もしてくれない等
恐ろしいかな「相手(顧客)の気持ちも、相手が欲しているものも」全く考えていない。

 私は「視点を相手に置くことができない商業関係者」へ、いつも次の言葉を投げかけます。

「なぜ売れないか」と考えるな! 
「なぜ相手(顧客)は買わないか」と考えろ!


 「なぜ売れないか」と”自分を視点に置く”発想からは「売れない理由、言い訳」しか生まれない。
一方、「なぜ相手(顧客)は買わないか」と”相手を視点に置く”発想は
「相手(顧客)の不満」に”気がつく”ことができます。

 地域再生もビジネスも、そして人生も、成功できないのは
大切な基本が「気がつけない、目に見えない」場合が非常に多い。
 その原因が”自分を視点に置く”発想に囚われて、大切なこと
「相手の気持ち、相手が欲しているもの」に気がつけないことにあります。

 こうした大切なことに「気がつける」ようになることこそ
地域再生やビジネスにおいて、最も重要な基本です。
 本書『人を動かす』を読み返す度に、それを痛感します。 



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

公務員と議員が読むべき本:10 W・チャン・キム等『ブルー・オーシャン戦略』書評

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)
(2005/06/21)
W・チャン・キムレネ・モボルニュ

商品詳細を見る


 多くのライバルの中から、いかに自分の「地域、街、商店街」を選んでもらうか?

 この差別化(競争)戦略を、観光地や商店街の地域再生は多いに活用すべきです。
ところが、観光地や商店街など地域再生関係者の多くは、ライバルと競争しているという
意識すら無く、競争戦略を考えてもいないのが実情です。

 先ずは、商店街が大型店などライバルへの規制を行政に求める依存心と
温泉地が「スーパー銭湯」をライバルだと思ってもいない慢心とを改めることが必要です。
 
 拙著『地域再生の罠』において、商店街再生には「位置づけ」という言葉を多用しました。
「位置づけ」とは後述する「ポジショニング」と同義です。

 つまり、商店街はライバルとの「位置づけ(ポジショニング)」を意識して、
ライバルと差別化できる戦略を策定すれば「商店街活性化」が実現できるのです。

 さて、「ブルー・オーシャン戦略」という見慣れない横文字を見ると、多くの人は
「新しい理論や手法?」と思い込むことでしょう。

でも、実は「ブルー・オーシャン戦略」は、フィリップ・コトラーが提唱して有名な
「ポジショニング戦略」を言葉と事例を変えて理屈づけたものにすぎないのです。
 
 他人の理論を後付け理屈により、新たな理論の名称をつけて、
さも自分が考えた理論や手法だと主張する学者は少なくありません。

 学会とは、まるで先人の理論・偉業を後付け理屈により、
さも自分が考え出した新たな理論や手法だと主張しあう場のようです。

 他人の理論を模倣して自分の理論に置き換える手法は、視点を相手に置くか
あるいは、自分に置くかで評価は正反対に分かれます。


1)視点(目的)が自分の私益にある。

  つまり、自分の出世など私益を満たすだけの「卑怯な手法」です。
 他人の理論を後付け理論ですり替えて、さも自分が考えた新たな理論や手法だと主張する行為は
 自分以外の者には、百害あって一利なしです。

2)視点が相手にある。

  つまり、相手の理解を促進する「他者の為になる有益な手法」です。
 相手に説明する言葉や例えを変えることで、理解できなかった相手が
 腑に落ちることは多々あります。

  
 本書『ブルー・オーシャン戦略」は、2の典型です。
62~65頁の「戦略キャンバス」図表を見てください。

 ブルー・オーシャン戦略はポジショニング戦略と同じ戦略理論を、
違う図表を使うことで解りやすくしています。具体的に言えば、
価値(機能)を横軸にとって、それぞれの価値がライバルとどう違うかを示しています。
 
 では、ライバルとの「価値」差別化をどのように実践すればよいのか。このノウハウは
58~60頁の「アクション・マトリクス」図表に示されています。


 価値(機能)について、4つのアクションを総合的に考えます。
① 今ある価値を「増やす」
② 今ある価値を「減らす」
③ 今ある価値を「取り除く(なくす)」
④ 新たな価値を「付け加える(創造する)」

 価値(機能)の増加・追加は、コストの増加とほぼ比例します。
すなわち、価値(機能)の増加・追加だけでは、コストも増加して利益を圧迫します。

 そこで、4つのアクションを総合的に考えることで、顧客が望む価値を
重点的に増加・追加しつつ、全体コストは維持あるいは削除できるように
今ある価値を減少・削除します。


「誰もがxxできる街づくり」は、誰も豊かになれない! 

 土建工学者や自治体の地域再生計画は「誰もがxxできる街づくり」を標榜しがちです。
この欲張りで八方美人な学者や自治体の発想が、実は地域を著しく衰退させているのです。

「誰もがxxできる」為には、多くの価値を満たそうとします。
コストとの兼ね合いから、全ての価値が中途半端で魅力に欠けるものとなります。
結局、誰も満足できない街が造られます。

 そう、「誰もがxxできる街づくり」という美しい学者の机上理論は
「誰も満足できない、皆が豊かになれない街」を造りだしています。

 この「地域再生の罠」に嵌らないために、
ブルー・オーシャン戦略は極めて有益な示唆を与えてくれます。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

公務員と議員が読むべき本:9 小阪裕司『買いたい!のスイッチを押す方法』書評

「買いたい!」のスイッチを押す方法  消費者の心と行動を読み解く (角川oneテーマ21)「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く (角川oneテーマ21)
(2009/11/10)
小阪 裕司

商品詳細を見る



 私は講演先で、よく次の質問をします。
「これまでで一番、有益・面白い講演をした講師は誰ですか?」

 この質問の意図は、私が今以上に「有益、面白い」講演をしたいので
ユーザーより一番評価されるカリスマに学びたいからです。
 
 この質問の答えは、商工会議所や商店街など「商業関係者」の声に限定すると
小阪裕司さんの人気が際だって高い。 そんな小阪さんは商業関係者から
「ワクワク系マーケティングの小阪裕司先生」と冠をつけて呼ばれます。

 小阪先生に学ぶ①地域の評価を高める冠をつける
 
 私も「スローシティの久繁哲之介」と冠をつけて御紹介頂くこともあり、
講演講師の冠は「著書の評価」と直結するようです。

 人気の高い地域・観光地にも「xxの街」と冠が付与され、その冠は
ブランドとなり、人気は更に高まります。

 そう、地域再生も、地域の評価を高めるような冠をつけるのは有効な手法です。
このことは拙著『地域再生の罠』第1章の出だしでも語っています。

 小阪先生に学ぶ②地域固有の「エピソード、物語」を創る

 小阪先生は20冊以上の御著書をおもちで、私は半分ほど読みました。
小阪先生の本は「エピソード」の使い方が非常に巧い。

 読み手が感動するであろうエピソードを選び、そのエピソードから
読み手が学ぶべき本質を鋭く、だけど優しく指摘する書きぶりに脱帽します。
「成功エピソードを模倣」しろだなんて、けして言わない姿勢にも感銘します。

 『買いたい!のスイッチを押す方法』から具体例を2つ紹介しましょう。

1) 96頁~:「十万円以上の高価な年間1脚しか売れない"椅子"」が、月に12脚売れた話
2)127頁~:「月20~50個しか売れない"プリン"」が、月に1000個以上売れた話

椅子とプリンは「なぜ、急に売れ始めた」のだろうか?
この疑問に答えるベストセラー翻訳本「急に売れ始めるにはワケがある(ソフトバンク文庫2007)」では、
3つのワケを示している。 (小阪先生は本書巻末で解説を執筆されています)

①少数者の法則:影響力の高い少数の目利きが推奨する
②粘りの要素:記憶に粘りつく
③背景の力:人の性格に感染する背景の力を利用する

 
 小坂先生は本書でも、自身ご著書でも、「急に売れ始めるワケ」は
「感性工学」に秘密があるとおっしゃいます。
 でも、感性を工学的に解説して頂いても、私にはよく解らない。
だから、私は解説を無視して(失礼!)2つのエピソードを次のように「感じとり」ました。


1)椅子を「モノ」ではなく、快適な読書時間を創出する「コト」と位置づけて売る。
 
 売り手は先ず、位置づけを創出してから、売る(宣伝する)エピソードを考えます。
 その椅子に座り、五木寛之の本を読んだ快適な体験を「物語」として語るエピソードです。
 このエピソード宣伝を機に、これまで全く売れなかった椅子が「急に売れ始め」ます。
  更に、この宣伝で椅子を購入した顧客の実体験を「物語」として語る
 第二弾の宣伝が、またも大当たり。実体験とは、
 久々に訪ねてくれた娘がこの椅子に座ると、あまりの座り心地の良さに、
 「帰んなくなっちゃったのよ!」と喜ぶエピソードをそのまま広告にしたのです。

2)椅子と同様に、プリンという「物」を売るのでなく、このプリンを開発した
 若い女性の「物語」を語った
宣伝を機に「急に売れ始め」ました。

 1も2も、いずれも全国的に売れたわけではないことに御注意(注目)ください。

 ローカルな地域の、どこにでもあるような一店舗から発信された
「エピソード、物語」に、地域市民が感動して「つい仲間に話したくなった」クチコミが
地域内にどんどん感染して「急に売れ始め」たのです。


 地域再生に向けた「ブランド消費、B級グルメ消費」や「物語消費」は今、
専門家も地域再生現場も「マスコミへ依存」しすぎています。

 ちょっとした「イベントや取組」をマスコミに流すだけで、地元の
明るいニュースに飢えた地元マスコミは、直ぐに飛びついて派手に報道してくれます。

 そうした派手な報道を見聞した専門家は「成功事例」だと囃したてます。
拙著『地域再生の罠』は、こうして造り出された「成功事例」の実態を描いています。

 地域再生に必要な「ブランド」「エピソード、物語」は
地域市民が「感動できる、誇りに思える」から
「つい仲間に話したくなる」気持ちやクチコミから創られるのです。



     若者バカ者まちづくりネットワーク 主宰  地域再生プランナー 久繁哲之介

講演・執筆ご依頼、著者プロフは、こちら

            講演内容サンプル
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (1)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (2)
商店街の講演・経営者の勉強会・自治体の研修で 久繁哲之介が話す事 (3)

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 地域活性化
ジャンル : ビジネス

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR