自分が嫌になった時、落ち込んだ時に読む本『うまくいっている人の考え方』

80万部売れたベストセラー『うまくいっている人の考え方』は
自分が嫌になった時、落ち込んだ時に読むとイイ。

 本書は、うまくいく(成功する)のに最も重要な事は「自分を好きになる」と説く。
他の本は「他人に貢献しろ。その後に自分に幸福が来る」等、他人のことが先
という思考が定番で、自分が先という本書は個性的!

自分を好きになる考え方として本書は100紹介するが、私のお気に入りは次5項目。

1 自分の長所にだけ意識を向ける
2 自分の価値を疑わない
3 したくない事は、はっきり断る
4 嫌なことを言う奴は(目上でも)相手にしない
5 他人からの評価を気にしない


目次「100箇条・見開き4頁」をコピーして、メモ帳に貼り、自分が嫌になった時に見るとイイ。




 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

個人のインフレ対策は豪10年国債4.1%投資~国は世界標準の「借金依存しない体制、金利政策」へ改革

「円安→インフレ→値上げ」が加速して、生活費が上昇しています。
インフレ対策の投資・預金に豪10年国債:利回り4.1%は如何?

 米国の3.2%、カナダ3.3%も魅力! 日本の0.2%は論外。これでは
日本への投資・預金は減り続け、円安が加速するよね。
 10年国債の利回り推移は以下のとおり(少数2桁は切捨)。

    今年6月17日  2020年4月  2018年4月
日本  0.2%      △0.2%     0.0%
米国  3.2%       0.5%     3.2%
豪州  4.1%       1.0%     2.7%

国債など金利・利回りの世界標準は、コロナ禍など不景気の時だけ低金利にして
景気の浮揚を図る。 景気が良くなれば、金利は元の高い水準に戻す。

日本だけが、世界標準でなく、低金利を超越したゼロ金利という愚策を続ける。
理由は、国債(国の借金)額が異常に多く、金利を上げると返済できないから。

ゼロ金利(に近い低金利)を続ける日本は「円安→インフレ→値上げ」が続く。
個人の対応策は、海外移住か、お金だけ海外移転(例えば、豪10年国債に投資)。

その結果「円安→インフレ→値上げ」が更に加速する悪循環に陥っている。
根本的な解決策は、国が世界標準の「借金依存しない体制、金利政策」へ改革!


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]

【送料無料】地域再生の罠 [ 久繁哲之介 ]
価格:864円(税込、送料込)

  

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

9月は株価が暴落アノマリーだが、菅総理の退陣で株価が暴騰vs安倍総理の退陣時は暴落:総理は誰でも日本のダメさは変わらない

9月は株価が暴落するというアノマリーがあります。その背景は
9月にテロ・戦争、経済危機、災害が多いから。 例を挙げます(カッコ内は年度)。

911テロ(2001)、リーマンショック(2008)、ギリシャ危機(2011)、中国危機(2015)、
北朝鮮の核実験(2017等:北朝鮮は9月9日が建国記念日で、2017年に限らず
9月上旬に暴れる年が多い)

 今年も、アフガニスタン問題、中国恒大の破綻懸念など「9月は株価が暴落アノマリー」
が意識される中、昨日9月3日、菅総理の退陣報道で日経平均株価が584円も暴騰!

一方、昨年8月28日(金)、安倍総理の退陣報道時は株価が一時700円以上も暴落
(総理が毎年9月に退陣する日本のダメな政治も、9月暴落の一要因)!

 「菅総理の退陣で株価が暴騰 vs 安倍総理の退陣時は暴落」の差は何か?

株価を大きく動かして稼ぎたい金持ちが、事件を機に暴騰か暴落か、どちらかに
大きく株価を動かす。株価が動いた「理由は、いつも後ずけ解釈」されるにすぎない。

もっと分かりやすく言います。 テロ・戦争や経済危機は誰がどう解釈しても
「経済は停滞=株価は暴落」する。

 だが、日本の総理は誰が担っても日本のダメさは変わらないが、
期待・不安を煽ることはできる。

 期待・不安を煽るのは日本マスゴミの十八番だから、その時の空気・株価次第で、
期待か不安のどちらを煽るかを決める。

今年は、期待を煽り株価を暴騰させた(菅総理はダメ、だけが理由でない)。
昨年は、不安を煽り株価を暴落させた(安倍総理が立派、な訳ではない)。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり
(2008/04)
久繁 哲之介

商品詳細を見る


テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

ウィズコロナは改革と起業のチャンス~起業や顧客獲得の成功は、効率・利便性から、意味へシフト

「ウィズコロナで、起業や顧客獲得の成功は、効率・利便性から、意味へシフトせよ」と
いう主張が最近、読んだ本の多くに書かれています。 代表例は、次の3冊。

1 『ビジネスの未来~エコノミーにヒューマニティを取り戻す』山口周
2 『アフターデジタル2~UXと自由』藤井保文
3 『シン・ニホン~AI×データ時代における日本の再生と人材育成』安宅和人

 3冊とも「ヒューマニティ(人間性)、自由、人間力」という言葉が多用される。
コロナを経験中の私たちは「自由、人間力」を最も重視するようになったのでしょう。

 「自由、人間力」を追求する上で、最も留意すべきは、真似できない事。

効率・利便性の追求は、成功法則・成功例という答えがあり、答えを真似れば良かった。
だから、教育も「答えを暗記」するだけの「受け身型」で良かった。
事業も「成功例という答えを真似」すれば良かった。

一方、自由・人間力には、成功法則という答えは無い。なぜなら、答えがあれば、自由ではない。
だから、教育も事業も、答えは自分で考え、導いた答え・行動には、多様性が尊重される。

答えは他人から教えてもらうものという古い固定観念に縛られる者には不都合な時代だが、
自由と多様性を求める人は、ウィズコロナ時代の今後、成功しやすく、人生を楽しめる!

以上の主旨を、以下の本でも学ぶことができます。

 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

千葉市役所の「連絡はメールかチャット(電話禁止令)」政策が高評価~電話は日本の生産性が低い元凶

電話禁止令が日本の生産性を高める

 千葉市役所が3月22日、職員に「連絡はメールかチャット(電話禁止令)」通知を発出。
千葉市の「電話禁止令」政策は今、日本の生産性を高める、という観点から話題です。

 以下サイトで、通知文(公文書)と政策の狙いを見ることができます。
電話の取り次ぎは無駄?千葉市役所が「チャットファースト」にかじを切ったワケ
 
 この記事で注目すべきは、通知を発出した千葉市CIO補佐監による次の発言ですね。
電話の取り次ぎが無駄となり、電話のやりとりそのものが課題となった」

 この主旨を、2チャンネル創設者ひろゆき氏が以下サイトで分かりやすく解説しています。
ひろゆき氏“電話不要論” 立場が強くて無能な人ほど使いたがる、仕事してる人には邪魔

 この記事の中で、ひろゆき氏による次の発言に、私は共感します。
立場が強くて、無能な人ほど(電話を)使いたがるんですよね。文章にまとめる
のって、頭の中で、まとめる能力を使って、説明文を書いたりしないといけないので。
それすらできない頭の悪い人が、相手に電話をかけて口頭で思いついた順に伝える
結果として、どこかに記録が残った方が仕事としてはうまく進むんですよ。でも、
そういうのに気が回らない無能で立場の上の人が使いたがるので、
若い人が嫌がるのは当然


電話は大切な人と感情を共有するツール、仕事に不向き

 電話は「プライベートで、家族や恋人など仲が良いヒト同志が、感情を共有・確認しあう」
時に使うツール。 仕事では、相手の時間・生産性・モチベーションを奪うので使用禁止。 

最近の失敗例で言えば、ワクチン接種の予約を電話させる(結果、混乱を予想できない)とか
「気が回らない無能で立場の上の人が使いたがる」典型ですね。


若者が電話を嫌う理由~電話は時間とモチベーションを奪う


「電話の取り次ぎが無駄」と「若い人が電話を嫌がる」はセットで考えると分かりやすい。
メルアドは個人毎だが、電話番号は組織に1つ。電話を使うのは、立場・年齢が高い者なのに、
電話に出る(取り次ぎ)という無駄な作業は、役職・年齢が低い者に押し付けられる。

 取り次ぐ相手が席にいれば、取り次ぎ時間は5秒で、被害は生産性が落ちるだけで済む。
だが、立場・年齢が高い者は気が回らないから、電話をかけて「大至急、折り返して」と
先方に言っておきながら、平然と離席する。

 こんな電話に出るのは厄介だ。先方は「大至急、折り返して。と言うから直ぐ電話したのに
離席するって失礼だろ」等と怒るから、謝罪を含め、取り次ぎ時間は1分ほど要する。
双方の管理職が気が回らないと、取り次ぎの往復が続く「電話の鬼ごっこ」が起きる。

 若い人は「時間とモチベーションを奪われる電話」を嫌がるのは当然で、
「電話をかけるなら双方が、組織の電話は使わず、個人の電話を使え」と思っていますよ。

 
 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり
(2008/04)
久繁 哲之介

商品詳細を見る


テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR