千葉市役所の「連絡はメールかチャット(電話禁止令)」政策が高評価~電話は日本の生産性が低い元凶

電話禁止令が日本の生産性を高める

 千葉市役所が3月22日、職員に「連絡はメールかチャット(電話禁止令)」通知を発出。
千葉市の「電話禁止令」政策は今、日本の生産性を高める、という観点から話題です。

 以下サイトで、通知文(公文書)と政策の狙いを見ることができます。
電話の取り次ぎは無駄?千葉市役所が「チャットファースト」にかじを切ったワケ
 
 この記事で注目すべきは、通知を発出した千葉市CIO補佐監による次の発言ですね。
電話の取り次ぎが無駄となり、電話のやりとりそのものが課題となった」

 この主旨を、2チャンネル創設者ひろゆき氏が以下サイトで分かりやすく解説しています。
ひろゆき氏“電話不要論” 立場が強くて無能な人ほど使いたがる、仕事してる人には邪魔

 この記事の中で、ひろゆき氏による次の発言に、私は共感します。
立場が強くて、無能な人ほど(電話を)使いたがるんですよね。文章にまとめる
のって、頭の中で、まとめる能力を使って、説明文を書いたりしないといけないので。
それすらできない頭の悪い人が、相手に電話をかけて口頭で思いついた順に伝える
結果として、どこかに記録が残った方が仕事としてはうまく進むんですよ。でも、
そういうのに気が回らない無能で立場の上の人が使いたがるので、
若い人が嫌がるのは当然


電話は大切な人と感情を共有するツール、仕事に不向き

 電話は「プライベートで、家族や恋人など仲が良いヒト同志が、感情を共有・確認しあう」
時に使うツール。 仕事では、相手の時間・生産性・モチベーションを奪うので使用禁止。 

最近の失敗例で言えば、ワクチン接種の予約を電話させる(結果、混乱を予想できない)とか
「気が回らない無能で立場の上の人が使いたがる」典型ですね。


若者が電話を嫌う理由~電話は時間とモチベーションを奪う


「電話の取り次ぎが無駄」と「若い人が電話を嫌がる」はセットで考えると分かりやすい。
メルアドは個人毎だが、電話番号は組織に1つ。電話を使うのは、立場・年齢が高い者なのに、
電話に出る(取り次ぎ)という無駄な作業は、役職・年齢が低い者に押し付けられる。

 取り次ぐ者が席にいれば、取り次ぎ時間は5秒で、被害は生産性が落ちるだけで済む。
だが、立場・年齢が高い者は気が回らないから、電話をかけて「大至急、折り返して」と
先方に言っておきながら、平然と離席する。

 こんな電話に出るのは厄介だ。先方は「大至急、折り返して。と言うから直ぐ電話したのに
離席するって失礼だろ」等と怒るから、謝罪を含め、取り次ぎ時間は1分ほど要する。
双方の管理職が気が回らないと、取り次ぎの往復が続く「電話の鬼ごっこ」が起きる。

 若い人は「時間とモチベーションを奪われる電話」を嫌がるのは当然で、
「電話をかけるなら双方が、組織の電話は使わず、個人の電話を使え」と思っていますよ。

 
 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり日本版スローシティ―地域固有の文化・風土を活かすまちづくり
(2008/04)
久繁 哲之介

商品詳細を見る


テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

成功の法則・常識は、正反対な2つの両方を考える~情熱は持続しないから、今の情熱をビジネス・起業のネタにするな

 ビジネス・起業の成功法則や定石(常識)には、正反対なものが多く、それぞれが
正反対な「定石(常識)を疑え」と主張します。  どう対応すべきか、次の例で考えてみよう。

1) 情熱こそ成功の源泉だから、情熱を持てる対象を、起業のネタに選べ
2) 情熱は持続しないから、今の情熱をビジネス・起業のネタにするな



1は、アップル創業者のスティーブ・ジョブスを例に、多くのビジネス書で見られます。例えば
『スティーブ・ジョブス 驚異の伝説~勇気と情熱が湧いてくる47のエピソード 』。

同書は、ジョブスが某大学での卒業スピーチ「You've got to find what you love.」等を
紹介しつつ「ジョブスは何よりも情熱を大事にしたから、成功した」と説きます。


2の例は、『FIRE 最強の早期リタイア』の第3章「自らの情熱に従うな」が有名です。
同書はこの根拠として、第3章52頁で次のように記しています。

情熱に従うことが人生のカギだといった言葉こそが最大の嘘なのです。
統計的に見ると、情熱に従った先には、失業や不完全就業が待っている(中略)
ハーバード大学とバージニア大学による心理学の研究によると、19000人のうち、
ほぼ全員が過去10年間に、自分の情熱を注ぐものが大きく変わった


 さて、このように、成功法則や定石(常識)には、正反対なものが多いが、どうすれば良いか?

正反対な2つの両方を見て考える。 考え方は「どちらが絶対的に正しいか」ではダメ。
 「誰にとって、いつ、どんな状況」であるかを先に確認して、最適な行動を考える


例えば、ジョブス(という成功例)は、情熱を持続させる力など、あらゆる能力が高い。
ジョブスなら、実現できる事(例えば、情熱の持続)でも、他の凡人には実現できない。

逆に、ジョブスが実現できた商品も、数年前は社内など周囲が理解できず、ジョブスは
アップル社を追い出されてしまった。

 以上の話(ジョブスの成功事例、成功法則)からの学びを纏めます。
成功例や成功法則を、考えないで猿真似はダメ。次3ステップを踏みましょう。

1 成功例や成功法則を見分したら、まず正反対なものを探す。
2 正反対な2つの両方を見て考える。 考え方は「どちらが絶対的に正しいか」ではダメ。
3 「誰にとって、いつ、どんな状況」であるかを先に確認して、最適な行動を考える。






 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら


テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

コロナ禍の増税1発目:キャピタルゲイン税率が2倍、米で株が暴落~バブル崩壊に備え、投資的な行動は様子見

コロナ禍の増税:第1弾として、富裕層の「資産売却益の税率(キャピタルゲイン税率)」を2倍
にする提案を、バイデン大統領が準備していると報道された一昨日、アメリカで株が暴落!
 米大統領が富裕層キャピタルゲイン増税2倍を提案へ :bloomberg 21/4/23

 富裕層への増税は、大衆受けする(ポピュリズムな)政策の筆頭で、
政府にとっては「税収確保と、政府支持率」の両方を高める1石2鳥の効果を期待できる。

しかし、政策としては正しくない。キャピタルゲイン税率の増税は、アメリカ株が暴落したように、
株・不動産など資産価格の暴落を招く。 資産価格がバブル状態なら、バブル崩壊を招く!

今、株など資産価格は、バブルの高値にあり、この増税を機に、バブル崩壊の可能性がある。
バブルは、いずれ崩壊するが、コロナ禍で厳しい今、バブル崩壊を誘導する政策は正しくない。

バブル崩壊は何時も、税率や金利やキャッシュ総量などの変動が契機となり、世界に拡がる。
事実、日本の株も昨日、暴落!

 バブル崩壊に備え、転職・起業などリスク投資的な行動は様子見した方がよいかも。
資産をお持ちの方、キャッシュ・ポジションを高める(リスク投資を減らす)等の対策が必要です。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之に介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら


テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

リストラ=希望退職が急増~早期退職後のキャリア願望:欧米は「資産運用で生活=FIRE、起業、転職」の順、日本は逆~日本の常識は、世界の非常識

希望退職を募集した上場企業数 2019年35社, 2020年93社

 コロナ禍で、希望退職という名のリストラが急増しています。例えば、2月9日は上場企業4社
(JT、ライトオン、ポプラ、日本金銭機械)が希望退職の募集を発表。

希望退職を募集した上場企業の数と人数は、2019年35社、11351人。 
2020年93社、18635人
。今年は40日で13社、人数はJTの1150人など大規模で
「100社、2万人」を超えそう。 コロナ禍の2020年から、リストラ=希望退職は急増!

参考データ:希望退職という名のリストラを行った上場企業数と人数:2009年~2020年


早期退職後のキャリア願望は、日本と欧米で正反対

 希望退職という名のリストラ、解雇が急増する今、早期退職後のキャリア願望は、
欧米では「資産運用で生活=FIRE、起業、転職」
の順。

一方、日本はこの逆、「転職、起業、資産運用」で、転職の願望が突出して高い。

先進国:欧米と、後進国:日本の違いは主に2つ、人生を楽しむ度量と、リスク許容度
この2つは密接な関係にある。


欧米人は、人生を楽しむ為に、リスクを取る

欧米人は、早期退職後は「人生を楽しむ」ことが最も大切で、その為なら
リスクを取る。だから、収入元も「資産運用で生活、起業」というリスク型が主流となる。

欧米で話題のライフシフト「資産運用で生活=FIRE」の詳細は以下
欧米は FIRE(早期リタイア)で、残り50~60年を豊かに生きるライフシフト


日本人は、将来の不安ばかり考え、リスクが大嫌い

一方、日本人は、早期退職後も「将来の不安ばかり考え、人生を楽しむ度量が無い」。
将来の不安ばかり考える日本人は、リスクが大嫌い

だから、収入元も、リスクが無い「転職=雇用されたい」型が突出して高い。
雇用されたい願望は、昔の高度成長時代なら、リスクが無い安全策だった。

でも、転職=雇用される型の今後は、リスクが高まる一方だよ。
希望退職という名のリストラは急増しているし、転職市場も低収入とかブラックが多いし。


日本の常識は、世界の非常識~日本は時代遅れな後進国

早期退職後のキャリア願望が、日本と欧米では正反対、という話は、
日本の常識は、世界の非常識~日本は時代遅れな後進国」の好例です。

「女性蔑視の発言、発言者が元総理なら皆で庇う」最近の愚例も、日本(の高齢者)の
「男は長時間労働で稼ぎ、女は家事・育児」という時代遅れな意識を露呈している。

日本の男は、家事・育児の時間が世界で最も短い1日41分 vs 有償労働は世界で最長

これが、日本の「少子化・人口減少」の原因で、解決策は時代遅れな意識の改革という
不都合な真実を以下の本で学べます。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら





テーマ : 地方創生
ジャンル : 政治・経済

働き方改革の名著『週4時間だけ働く』 は速読で読め~仕事は自動化=権限移譲して「通勤、会議、電話の3ムダ」を排除

 情報過多の今、情報収集や読書は次2つのステップを踏むのが王道。

1 タイトルだけ見て、読むか読まないか決める
2 読むと決めても、まず速読。 速読して、全文を読む(精読する)情報を更に選ぶ。



精読すべき情報は目に入った情報全体の1%にする

 この2ステップは、王道なので、情報発信側の多くが「タイトルだけで読ませよう」とする。
これを「釣りのタイトル」と言い、釣られない心構えと、ステップ2が必要です。

 つまり、釣りのタイトルに、釣られてしまった場合、本文は精読せず、まずは速読。
2ステップを通過させる割合は、それぞれ1割(10%)が最適。 

 2ステップを踏むと、精読する情報は全体の1%(10%x10%=1%)、と
拙著『競わない地方創生~人口急減の真実』で詳解しています。


地方(自治体)は、情報発信が下手だから、地方創生できない


 精読する情報は全体の1%は、地方創生が進まない原因の1つです。つまり、
地方(自治体)は情報発信が下手で、顧客・市民に情報が届いていない。

 特に、地方(自治体)の情報は、タイトルが「~お願いについて」等と、お願いばかりで
下手だから、ステップ1の入口で「読まない」と排除されてしまう。

 コロナ禍で、お願いだけの地方(自治体)情報が悪評なのは検証済み。
タイトルの付け方、情報収集や読書は「2ステップを踏むべき」の例を挙げます。


生産性向上(働き方改革)は、仕事の自動化=権限移譲が必須

 働き方改革の名著『週4時間だけ働く』 は、読みたくなる秀逸なタイトル。

アメリカでベストセラーになった邦訳本で、中身は面白いが、600頁を超える分厚い本。
このように分厚い本や報告書は絶対に、速読で対応したい。

『週4時間だけ働く』を私的に一言で要約すると
仕事は自動化=権限移譲して「通勤、会議、電話の3ムダ」等、ムダを徹底排除!


会議を方法だけ、対面から非対面へ移行しても、ダメ

例えば、会議を方法だけ「対面から非対面へ移行」して、ムダな会議を排除できない
職場が多いが、その理由は「仕事を自動化=権限移譲していない」から。

つまり、ムダな会議を排除する、という戦略が無いから「会議の数と時間は長いまま
改革しない」で、会議を方法だけ、対面から非対面へ移行する職場が多い。

本書は「通勤、会議、電話の3ムダ」等、ムダを徹底排除する戦略を説き、
働き方改革を実践して、好きな場所で人生を楽しむ成功事例を多く紹介しています。


ダメな人は、本質を学ばず、成功事例だけを知りたがる

速読のコツは、本質(この本なら、ムダを徹底排除する戦略)だけ確実に学び、
成功事例は読まない(うのみにしない)こと。

ダメな人は、この逆。 本質を学ばず、成功事例の上っ面だけを知りたがる




 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『競わない地方創生~人口急減の真実』時事通信社
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR