前例が無い事業・商品を創造し、起業に成功する顧客観察・アンケート調査法~『100憶マニュアル』書評3

起業と新商品開発で100億稼ぐキャリアを創る名著『100億マニュアル』書評3回目です。
1回目「就職→転職→起業のキャリア開発で、中小企業(が多い地方)も成長」はコチラ
2回目「他社の真似で衰退する日本の企業・地方」はコチラ

前例が無い事業・商品の創造で、成功できる

100億を稼ぐ肝は「まだ世に無い商品(前例が無い事業)の創造」にある、と説く本書は
すごく正しい。だが、前例が無い事業・商品の創造には、次2つの難題がある。

1) 顧客が、まだ世に無い商品を欲しいとは言語化できない
2) 上司・組織(特に役所)が、前例の無い事は絶対に認めない



前例が無い事業を創造する3つの手順(解決策)

1) 顧客の行動(消費者行動)を観察し、顧客の潜在ニーズを発見する
2) 顧客に「こんな商品が欲しかった」と言わせる(言語化を促す)
3) 上司に1の結果を、アンケート調査などで言語化して証明する


難題(課題)は2つですが、解決策(手順)は3つに増える事に注目しよう。
つまり、顧客の行動を観察する「顧客視点、顧客始点」を追加して成功できる


役所の事業が失敗する理由は、いきなりアンケート調査だけ

役所の事業は多くが失敗する理由が、上記で分かる。解決策は3つの手順を踏むのに、
いきなりアンケート調査だけ行い、顧客始点でないダメ事業を大きく始めるから失敗。

そこで、前例が無い事業を創造する3つの手順を『100億マニュアル』著者の梅澤氏が
28歳の若さで1968年に開発した大ヒット商品「サンスタートニックシャンプー」を例に解説。

今から52年前の1968年、シャンプー市場は、女性用しか存在しなかった。つまり、
男性用シャンプーという商品・市場は、まだ世に存在しなかった。 

梅澤氏は、男性用シャンプーという商品・市場を創造する為、まず
男女の違いを発見すべく、男女の洗髪行動という顧客観察を徹底的に行う。


事業・商品の創造は、顧客観察(顧客視点)から始まる

顧客観察から「女性は髪を洗うvs男性は頭皮を洗う」違いを発見できた。
成功要因は、男女の違いを発見するという仮説と着眼点を有していた事にある。

この段階で梅澤氏は、上司に「頭皮を洗う男性専用シャンプー開発」を提案するが
「前例が無い。データも無い。まずは確かなデータを出せ」と、却下される。


顧客観察で発見した顧客ニーズを、アンケート調査で検証

そこで、顧客へのアンケート調査で、男女の違いを明確に言語化していく事にする。
最初の質問で「あなたは洗髪する時、髪を洗うかvs頭皮を洗うか」と問うた。

この質問で顧客は初めて「洗髪とは、髪を洗うか、頭皮を洗うか」を意識した。
この意識を喚起しないと「洗髪は読んで字の如く、髪を洗う」事と当然視する。


アンケート調査で、前例が無い事業・商品の価値を言語化

次の質問は、頭皮を洗うと回答するであろう男性顧客を想定して、頭皮を洗う
目的を問う。 上位回答は、気分を爽快にしたい。かゆみ・ふけをとる。

この2つの目的を叶える「サンスタートニックシャンプー」を1968年に発売すると
大ヒット。52年後の現在も男性用シャンプー1位の超ロングセラー人気商品となる。

梅澤氏はこの功績が評価され、日用品業界で世界一の大企業へスカウトされる。
詳細は「就職→転職→起業のキャリア開発で、中小企業(が多い地方)も成長」にて




 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

popa.jpg

コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方
(2012/10/01)
久繁 哲之介

商品詳細を見る

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

他社の真似で衰退する日本の企業・地方~前例が無い商品/政策が成功する確率は、他社の真似より、108倍も高い~『100憶マニュアル』書評2

起業と新商品開発で100億稼ぐキャリアを創る名著『100億マニュアル』書評2回目です。
1回目「就職→転職→起業のキャリア開発で、中小企業(が多い地方)も成長」はコチラ


前例が無い新市場創造型商品の53.8%が10年以上シェア1位

梅澤氏のキャリアは、就職したサンスターで成功→転職したジョンソンでも成功→
起業後も成功、大学院へ進み61歳で博士号を取得し、79歳で集大成として
『100憶マニュアル』を刊行。

『100憶マニュアル』の内容は、会社員そして社長としての実務経験が中心だが、
学術的な論文的な内容も多く含まれる。 今回は学術的な内容で示唆に富む話を紹介。

前例が無い「新市場創造型」商品を開発すれば、53.8%の高い確率で、10年以上も
シェア1位
のロングセラーとなる。


他社の真似で、シェア1位を取れた商品は、0.5%のみ

一方、他社の真似をして「価格を少し下げる、機能を少し追加」だけの他社マネ商品が
シェア1位を取れた確率は、わずか0.5%


両者の成功確率を比較すると、前例が無い商品の方が、108倍も成功しやすい


他を真似した商品・政策の急増で、日本は景気が悪化

発売される全商品のうち、前例が無い「新市場創造型」商品の割合は、1970年代から
減少し続けている(他社マネ商品の割合が増え続けている)。

他社マネは、日本企業の業績(日本の景気)が悪化し続ける原因の1つ。

では何故、日本は他社マネ商品が増え続けているのか?
日本の会社員・公務員が創造力を失い、サラリーマン化しているから。


創造力が無いから、他社を真似て、衰退する日本の企業・地方

創造力を発揮するのは難しいし、せっかく創造力を発揮できても上司が認めない
他社の商品(他の自治体の政策)を真似るのは簡単で、99%の凡人が、真似を選ぶ

成功するには、1%の「創造力を発揮できる、上司を説得できる」人材になる事。
1%の人材になる方法論は次回に、必見ですよ!




 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら



テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

ブログ『久繁哲之介[地域力・経営力]向上塾』10周年お礼~仕事・顧客を創る文章術~ブログ(ネット)情報発信で得るもの目的別5分類

当ブログ『久繁哲之介の[地域力、経営力]向上塾』は、2010年6月の開設から、
10周年を迎えることができました。

支えてくれた読者の皆様あってのこと、心より感謝し、お礼申し上げます。
これからも「読者の皆様が読みたい事」を書きます。

今回は、10周年企画第一弾「仕事・顧客を創る文章術」です。
まず意識すべきは、目的が違えば、文章の内容・表現は違うこと。

しかし、世に溢れる情報発信の多くは、目的と内容・表現に、ズレがあり、
情報発信の「効果を得られない、目的を達成できない」。

ブログ(ネット)情報発信で得るもの目的別5分類」を御覧ください。



ブログ(ネット)情報発信で得るもの目的別5分類


0 論外) 自分が言いたい事だけ伝えて、承認欲求を満たす :資産・金に繋がらない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1) 他人が読みたい事を書いて、評判・ブランドを創る  :見えない資産づくり
      ↓
2) 無料コンテンツの質を高め、仕事・顧客を創る    :見える資産づくり

3) 無料コンテンツ閲覧者の数を高め、広告収入を得る    :金を稼ぐ1

4) 無料で紹介した商品が売れたら、アフェリエイト収入を得る :金を稼ぐ2

5) 動画など有料コンテンツを添付し、販売収入を得る    :金を稼ぐ3



自分の言いたい事(お願い)だけの情報は、伝わらない

1が情報発信(文章術)の基本で、1を実践できると、2以降へ繋がります。
私の情報発信は、1を目的に、結果として、2の目的も実現できています。

例えば、自治体や企業から「情報発信の方法を、指導・研修してほしい」という依頼。
この依頼は「自治体の情報発信は多くが、0 論外」という問題を示唆しています。

具体的に言うと、表現は丁寧だが、内容が自分の言いたい事(お願い)だけ。
0と1の間には深い溝がある。 両者の違いは、0は自分目線 vs 1は顧客目線


自分目線な文章を書く人が多い理由は、教育・研修

文章術の研修(国語の授業)で「自分が言いたい事を、正確に丁寧に書け」という間違いが
蔓延しています。 経営・販売の仕事を始めて、文章術で大切な事は、
「丁寧さ等の表現テクニックでなく、目線」と指導された人は、目線が変わる。

その重要な教育を受けず、お願いだけを、バカ丁寧な表現で押し付ける自治体の情報に、
読み手(市民)は無関心という事例、解決策を以下の本で学ぶことができます。



 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

ベーシック・インカム~金のために働かない効果:自分と社会の進化、ブラック企業・議会の撲滅、不要な議員の削減

ベーシック・インカムは次4つの大きな効果が期待できる、日本に必要な政策
である理由と導入方法に関する連載3回目です。 

1 政策の「不公平、不透明、癒着・裁量」行政を撲滅=行政改革
2 起業(挑戦)者が増える・ブラック企業を撲滅=働き方改革
3 消費が増える=コロナ恐慌、デフレ脱却政策
4 人口が増える=少子化(人口減少)政策


 今回は 1と2 を連携的に実現する話。 過去2回は以下で読めます。
政策の「不公平、不透明、癒着・裁量」行政を、ベーシックインカムで撲滅
出生率の高さは、福祉の充実度に起因し、国民の幸福度も高める

 ベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』は、金持ちになる6つの教えを説く。 
第一の教え: 金もちは、お金の為に働かない  は非常に重要。

金もちは、お金の為に働かない を私的に要約すると、次2つのサイクルを回す事。
1 お金の為に働かない(自分と社会を進化させる)意識をもって働くと、金もちになれる
2 金があれば、自分と社会を進化させる職業を選択できる(ブラック企業で働かない)


ベーシック・インカム(以下、BI)で、国民皆へ一律に同額の最低生活費を支給すると、
「生活費=金の為(だけ)に働かない(自分と社会を進化させる)」職業意識に変わる

よく議員などは「BIを導入すると、働かない人が増え、国の税源を圧迫」と言い、BIを批判
するが、彼らは「金の為だけに働く」さもしい意識を露呈していますね。

彼らは「BI導入で、議員の人数・報酬は大胆に削減できる」と言われるのを恐れている。
なぜなら、地方議員は無給が世界の常識vs日本の議員は質が悪いが、高給 だから。

つまり、BI導入で、もともと不要だった「金の為だけに働く」仕事・組織は淘汰される
BIは「ブラック企業・議会の撲滅、不要な議員の削減」という大きな効果が期待できます。

そして、私たち皆が「お金の為に働かない(自分と社会を進化させる)」意識をもって働くと
金持ちになれる(国は税収が上がる)効果が期待できます。

 以上の働き方改革は、以下の本で学べます。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

広島県職員コロナ給付金10万円拠出要請パワハラ~有能だがパワハラな人は出世できないパワハラ防止法で 働き方改革

コロナ給付金10万円の拠出を広島県全職員に要請した湯崎・広島県知事の問題を
「パワハラ防止法は、パワハラ気質な人の評価と意識の改革」が必要という視点で考察。

私は広島出身で、よく広島県庁の幹部から「政策相談があり、会ってほしい」と依頼される。
私は「来月、広島へ講演に行く、その日の勤務時間外に、県庁に近い飲食店で如何」等、
相手の都合を配慮して約束。 だが、約束をドタキャンする職員が多い。
ドタキャン理由は「知事に呼ばれた=勤務時間外という時間の拠出」

部下の勤務時間外という「時間の拠出」を当然視するパワハラ気質が
部下へ「金の拠出」も要請できてしまう、のでしょう。

つまり、問題の根幹は「パワハラ気質」にあり、パワハラ気質を改革しない限り、
部下の時間・金は拠出・搾取され続ける。

パワハラ防止法が昨年に成立。法の中身を見ると「こんな行動はダメ」と、行動のみ
規制しているが、パワハラ気質と人事評価を改革してこそ、パワハラは根絶できる!

 パワハラ気質と人事評価の改革は、次のようにセット・連携が必要。
1 パワハラ気質を本人は自覚できていない現状の「意識を改革」
2 有能でパワハラ気質な人が出世・評価される現状の「人事を改革」


 上記の事例と、意識改革研修など解決策は、以下の本で学べます。


 若者バカ者まちづくりネットワーク主宰 都市研究家 地域再生プランナー 久繁哲之介

 講演・執筆ご依頼、久繁哲之介プロフは、こちら

テーマ : 働き方
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

地域再生プランナー

Author:地域再生プランナー
久繁哲之介の見識が当ブログ、
以下の本でご覧頂けます。

『地域再生の罠』ちくま新書
『日本版スローシティ』学陽書房
『コミュニティが顧客を連れてくる~愛される店・地域のつくり方』
『商店街再生の罠』ちくま新書

講演・執筆ご依頼は以下クリックして下さい。 電話は禁止!

カテゴリ
久繁哲之介の本
【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本版スローシティ [ 久繁哲之介 ]

日本版スローシティ  (学陽書房)
価格:2,700円(税/送料込)

リンク(拙著書評、講演記録など)
最新記事
記事を検索
月別アーカイブ
QRコード
QR